パーソナルトレーナーの資格を強みにする②

前回は、私がトレーナーの専門学生時代に、栄養士の資格を取ろうと企てていた話でした。

そちらの続きです!

私は、結果的に栄養士にはならなくてよかったと思っています。

色々調べて、色々な方にお話を聞いた結果そう思っています。

そして、実際にその通りになりました。

 

私が栄養士にならなくてよかった、その理由としては…

というお話です。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

パーソナルトレーナーとしての強みの源泉は過去にある?

私が栄養士を取ろうと思った動機としては、「希少性がありそう」というだけでした。

 

男性でトレーナー兼栄養士

これなら、独自路線で行けるのでは?

と思っただけでした。

 

栄養に対するこだわりも、思いも別にありません。

そして、こんなことを言うと日本人女性のほぼ全員を敵に回しそうですが(笑)、私は「ダイエット」というものをしたことがありません。

 

もっと言うと、太っていたことがありません。

 

生まれた時が身長50㎝で体重3300g。

身長と体重の関係でいうと、この時が一番太っていたと思います。

それ以降、太っている写真も記憶も記録も何もありません。

 

むしろ今は、いかに体重を増やすか?という点で食事を摂っています。

もし私が痩せようと思ったら、簡単です。

 

太る努力全てを辞めればいいだけです。

そして、これといったアレルギーもなければ、食べ物の好き嫌いも特にありません。

何かこの食品がいいと思えば、簡単に摂れます。

 

つまり、栄養や食事に関することで、特に困った経験がありません。

これが、私が栄養士にはならなくてよかった理由です。

 

もちろん、専門分野の知識があればその役目は務まります。

ところが、そこに対する思いや実際に困っている方への共感は、どうしても弱いと思います。

「理解」は出来ても、「共感」は出来ないと思います。

 

思いのある分野で、資格を取ろう!

つまり、パーソナルトレーナーの資格を活かして強みに繋げるのであれば、そこに強い思いや動機がある方がいいと思います。

もちろん、何か過去のトラウマみたいな、強烈な理由がある必要はないと思います。

 

なんか楽しそう、興味がある。

それくらいでもいいと思います。

 

なんか希少性が出そうだから取っとくか、くらいの動機では本気でその分野で頑張っている方には、たぶん勝てないと思います。

ですので、強みを付けるには、

 

「何か思い入れのある分野」

「強い興味のある分野」

「自分が元々その分野で困っていた分野」

 

などがいいと思います。

 

度重なるケガで辛いリハビリを経験した。

とても太りやすい体質で、かなり頑張って痩せた。

先天的に身体の問題がある。

一見不利なものでも、実はそれがパーソナルトレーナーとしての強みの源泉になるのでは?

あくまで、一人の意見ですが、こういった観点で資格を選ぶといいかなと思います。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
パーソナルトレーナーの資格
記事執筆者情報
この記事を書いた人
パーソナルトレーナー中谷圭太郎

東京の東中野・落合にあるパーソナルトレーニングスタジオhc-life代表トレーナー。スタジオ経営、パーソナルトレーニングレッスンの傍ら、公式ブログを中心にトレーニングや健康に関する情報を発信中。

パーソナルトレーナー中谷圭太郎をフォローする
シェアする
パーソナルトレーナー中谷圭太郎をフォローする
東中野・落合のパーソナルトレーナー中谷圭太郎公式ブログ

コメント