アリゾナ実習2日目~気分は海外移籍~

 

こんにちは

東京でパーソナルトレーナーをしています、野中です。

 

アリゾナでの解剖実習2日目の様子。

 

今回のツアーは、朝にワークショップ、お昼前から夕方まで解剖実習の流れでした。

 

解剖がもちろんメインですが、実はこの朝のワークショップがまたすごかったです。

 

何しろ、毎日毎日トーマス・マイヤースのお話です。

普段はなかなか聞けない話が次から次へと出てきます。

 

 

スポンサーリンク

筋膜リリースって結局…

「筋膜剥がし」という言葉が出回っておりますが、たぶん筋膜を剥がしている訳ではありません。

 

ただ筋膜リリースと思われるようなことをすると、何かしらの改善が見られると思います。

 

↑曖昧な表現ばかりですいません。。

 

この筋膜リリースらしきものの正体が、何となく理解出来たのもこのワークショップの中でした。

 

「高密度化」

 

という言葉が、何よりしっくりくる表現です。

 

このしっくりくる表現を、ユーモアたっぷりに教えてくれたトム、ありがとう!

 

 

スポンサーリンク

 

海外講師と日本人受講者

今回のツアーで、何が大変かと言えば「言語」です。

 

アメリカ人講師と日本人の受講者ですので、英語と日本語が飛び交います。

 

しかもやっかいなことに、飛び交う内容は専門用語です。

それも、なかなか細かい専門用語。

 

時折日本語で訳されても初めて聞くような言葉もありました。

 

つまり、間の通訳の方は「英語」「日本語」「専門用語」に精通し、次から次に説明と質問を訳さねばなりません。

 

 

…超大変です(笑)

 

 

谷さんの通訳は、Kinetikosセミナーで何度もお世話になっていますが、スゴイの一言です。

 

通訳なしに、海外講師のセミナーは成功しません。

 

今回は少し英語を勉強しましたが、聞き取れるまでは行きませんでした。

 

「たぶんこんなことを言っているのかな」

くらいには分かることもありましたが、聞き取るまでは果てしない道のりです。

 

 

スポンサーリンク

セミナーにもれなくついてくるオマケ

セミナーに参加すると、大きなオマケがついてきます。

 

それが、他の参加者の方との繋がりです。

 

今回は40名以上の方が参加されていましたが、それはすごい集まりでした。

 

グループに分かれての実習中、他の参加者の方に教わることが何度もありました。

 

ワークショップでは、超人に出会いました。

 

1回のプッシュアップで、凄さが分かる人なんてそういるもんじゃないです。

 

そんなこんなで、講師・通訳・参加者ととんでもないレベルでツアーが展開されました。

 

私と同い年のサッカー選手に、本田圭佑・長友佑都・岡崎慎司という人がいます。

ちなみに面識は全くありません(笑)

 

彼らは海外へ移籍し、もまれてきましたが、おそらくこんな感じでとんでもないレベルで切磋琢磨しながら成長しているのでしょう。

 

自分も何となく海外移籍した気分になってきて、2日目終了。

 

 

ちなみに同級生の野球選手は、ダルビッシュ有・涌井秀章

バレーボールは清水邦広・木村沙織

芸能人は沢尻エリカ・紗栄子・石原さとみ・井上真央・上野樹里

あと、亀田興毅・織田信成・小林可夢偉とかも同級生らしいです。

芸人だとハライチ・あばれる君も同級生らしいです。

 

どうでもいい情報で、2日目終了

 

 

パーソナルトレーナー 野中

 

スポンサーリンク