エックスサーバーでワードプレスの作り方・始め方【初心者向け】

エックスサーバーを使ってワードプレスを始める方法を完全解説していきます。

自分でサイトを立ち上げたいと思ったら、やることが結構多いです。

そして、初心者からしたら心が折れるような作業になります。

でも、やり方は決まっていますし初心者でも出来るように作られています。

このサイトを見ながら、書いてあるように作ってもらえれば大丈夫です!

 

細かな部分は省略していますので、細かい部分まで知りたい人は別途調べてみてください。

大まかな流れはこちらです!

 

  • エックスサーバーを契約する
  • 独自ドメインを取得する(エックスドメイン)
  • 独自ドメインの設定
  • ネームサーバーの変更
  • 独自SSLの設定
  • wordpressのインストール
  • wordpressの初期設定

 

サイト作成初心者の人は、「独自SSL」とか「ネームサーバー」とか言われても意味が分からないと思いますが、手順通りにやっていけばサイトは立ち上げできますので安心してください!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

エックスサーバーを契約する

エックスサーバーを使ってワードプレスを始めるには、まずはエックスサーバーと契約します。

エックスサーバーは会社の名前で、サービス名としては「レンタルサーバー」です。

レンタルサーバーは、サイトの情報を入れておく入れ物です。

サイトを開設する為には、このレンタルサーバーとの契約が必要です。

レンタルサーバーには種類があって、色々な会社があります。

ロリポップ、さくらインターネットなどがありますが、サービスをトータルに考えるとエックスサーバーが断然おすすめです。

初心者でレンタルサーバーの選び方が分からない場合は、エックスサーバーをおすすめします。

 

では、そのエックスサーバーの契約方法です。

 

まずはこちらをクリックして、エックスサーバーのサイトに入ります。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

エックスサーバーのサイトに入ったら、右下にある「お申し込みはこちら」をクリックします。

 

エックスサーバーのお申し込み

そうするとこんな画面になりますので、「新規お申込み(10日間無料お試し)」をクリックします。

エックスサーバーの会員登録

 

まずはエックスサーバーの会員登録です。

上から順に情報を打ち込んでいきます。

 

エックスサーバーのプラン選択

サーバーIDは好きなIDを入れればOKです。

プランですが、超大型のサイトを作る人以外は「x10プラン」で十分です。

 

お申し込みが完了すると、登録したメールアドレスにメールが来ます。

このような「サーバーアカウント設定完了のお知らせ」というメールです。

エックスサーバーからのメール

 

このメールにこのような会員IDとパスワードが書かれています。

エックスサーバーログインID

パスワードは仮パスワードですね。

この情報でインフォパネル(メールで一緒に送られてきたURL)へログインします。

エックスサーバーログイン

こちらにIDかメールアドレスとパスワードを入れてログインです。

ログインしたら左にある料金のお支払いをクリックします。

エックスサーバー料金支払い

 

すると、「契約サーバー一覧」というのが出てくるので、左のチェックボックスをクリックし、更新期間を選択します。

エックスサーバー契約一覧

 

支払い方法の選択になりますので、クレジットカード・銀行振込・コンビニ支払い・ペイジーから選択します。

大体の人はクレジットカードではないかと思います。

 

クレジットカード情報を選択して、決済手続きは完了です。

これでエックスサーバーとの契約は、完了です!

 

独自ドメイン取得(エックスドメイン)

エックスサーバーと契約出来たら、次は独自ドメインの取得です。

独自ドメインは「URL」のことです。

このURLは勝手に割り当てられるものではなく、自分で申請して取得します。

 

独自ドメインの取得は、これも色々なサービスがあります。

 

お名前ドットコム、ムームードメインなどが有名ですが、どれがいいかはその時のキャンペーン内容次第です。

これも初心者が比較して選ぶのは大変ですし、会社ごとに設定が微妙に違います。

ここは登録のしやすさを重視して、エックスサーバーと同じ会社で契約できるエックスドメインをおすすめします!

 

では、エックスドメインでの独自ドメインの取得方法です。

まずはこちらからエックスドメイン公式サイトへアクセスします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

エックスドメインにアクセスしたら、こちらの「取得したいドメインを入力してください」のところに、取得したいドメインを入れて検索します。

エックスドメインで独自ドメイン検索

ドメインは何でも大丈夫ですが、あとから変更はできません。

誰も見てないと言えば見てませんが、あまりにも恥ずかしいドメインや極端に長いドメインでなければ何でも大丈夫でしょう。

検索すると、希望したドメインが使われていないかが確認できます。

既に誰かが取得しているドメインを取得することは出来ませんので、空いているドメインを取得します。

エックスドメインの空きドメイン

このサイトは「エックスサーバーでワードプレス」という日本語ドメインですが、「xserverdewordpress」のように、アルファベット表記が一般的です。

注意点としては、ドメインの最後の「.com」などです。

これは何であっても検索順位に影響しないとgoogleは明言していますが、実際には影響があると言われています。(真偽のほどは分かりません)

無難なのは、「.com 」「.net」「.jp」ですが、一番無難なのが「.com」です。

よく分からないという初心者の方は、とりあえず.comで取得しておけば問題ないです。

取得したいドメインの左のチェックボックスにチェックを入れて、「取得手続きに進む」をクリックします。

 

こちらで、またエックスサーバーと同じように会員登録をします。

エックスサーバーとエックスドメインで、別の会員登録になります。

 

エックスドメインの料金支払い

エックスサーバーと同様に、料金支払い方法を選択します。

料金支払い方法が決定出来たら、エックスドメインで独自ドメイン取得完了です。

 

ネームサーバーの変更

独自ドメインの取得ができたら、次はネームサーバーの変更をします。

エックスドメインのトップページの最近契約したドメインから、先ほど登録したドメインの「ドメイン管理」をクリックします。

エックスドメインのドメイン管理

 

ドメイン管理をクリックしたら、このような画面になります。

エックスドメインのネームサーバーの変更

ネームサーバーの設定をクリックします。

ここでネームサーバーの変更をします。

ネームサーバーの変更は、エックスドメインとエックスサーバーの組み合わせだととても楽です。

これが別のところでドメインを取得すると、ちょっとめんどくさい設定が必要です。

慣れていればすぐですが、初心者はやはりエックスサーバーとエックスドメインがいいでしょう。

 

エックスサーバーのネームサーバー変更

このようにご利用サービスのタブをクリックして、エックスサーバーをクリックします。

これで完了です!

下のネームサーバー1~5が勝手に設定されます。

 

ドメインの設定

ドメインの設定は、まずエックスサーバーの「サーバーパネル」にログインします。

エックスサーバーには「インフォパネル」「サーバーパネル」「ファイルマネージャ」という3つの種類に分かれています。

ややこしいですが、さっきの料金支払い設定などがインフォパネル、今度のドメインの設定がサーバーパネルです。

サーバーパネルのログインIDなどは、インフォパネルと違います。

インフォパネルの情報が送られてきたメールに、サーバーパネルのログインに必要な

サーバーIDやパスワードが書いてあります。

エックスサーバーのサーバーパネルログイン

サーバーパネルにログインしたら、「ドメイン」の「ドメイン設定」をクリックします。

エックスサーバーのドメイン設定

ドメイン設定をクリックすると、こんな画面になります。

エックスサーバーのドメイン追加

このドメイン設定の追加から、ドメイン名を入力します。

下のチェック欄は、無料独自SSLを利用するにだけチェックを入れておきます。

出来たら、ドメイン設定の追加(確認)をクリックします。

エックスサーバーのドメイン追加設定確認

問題なければ、ドメイン設定の追加(確定)をクリックします。

そうすると、こんな感じになります。

エックスサーバーのドメイン設定完了

「無料独自SSLの設定に失敗しました」と書かれていますので、心配になりますが大丈夫です。まだ設定していないだけですので、あとで設定します。

 

独自SSLの設定

続いて独自SSLの設定です。

何のことを言っているのか、初めてサイトを立ち上げる人には1ミリも理解できないのが、この独自SSLだと思います。

凄く簡単に説明すると、サイトのURLの冒頭部分が「http://」から「https://」に変わります。

このhttps化をさせておくと、サイトのセキュリティ強化がされて個人情報が抜かれにくくなったりするらしいです。

で、このhttpsにしておいた方が検索順位が上がりやすいとも言われています。

あとはgoogleクロームで見ると、「保護された通信」と表示されます。

まぁとにかく今後サイトを作成する場合は、httpsが必須と言われていますので、とりあえず設定しておいてください!

 

独自SSLの設定方法はこちら。

まずはサーバーパネルに戻ってドメインの「SSL設定」をクリックします。

そうすると、このようなドメインの一覧が表示されますので、設定したいサイトの右にある「選択する」をクリックします。

エックスサーバーのsLL設定するドメイン選択

独自SSLの追加をクリックし、独自SSL設定を追加する(確定)をクリックします。

エックスサーバーの独自SSL設定確定

そうすると、こんな感じで少々お待ちください状態になります。

xserverの独自SSL設定待ち

これは大体すぐ終わります。

終わるとこんな感じの画面になりますが、ここで1時間程度待ちが必要です。

エックスサーバーの独自SSL設定完了

この間に別の設定をしておいた方がいいですので、次のwordpressのインストールを先にしておきましょう!

 

wordpressのインストール

次はいよいよwordpressのインストールです。

サーバーパネルの左側から、wordpress簡単インストールをクリックします。

wordpress簡単インストール

そうすると、こんな画面になりますので必要事項を入力していきます。

エックスサーバーのワードプレスインストール設定

入力するのはこちら

・ブログ名(あとで変更可能)

・ユーザー名(変更不可、ログイン用なので何でもOK)

・パスワード(あとで変更可、ログイン用なので何でもOK)

・メールアドレス(サイトのアップデートなど必要な情報が届くアドレス)

 

登録したら「インストール(確認)」をクリックします。

するとこんな画面になります。

エックスサーバーのワードプレスインストール確認

赤文字で何か出てきて不安になりますが、全く問題ないですのでこのまま「インストール(確定)」をクリックします。

そうすると、こんな画面になってこれでワードプレスにログイン可能になります。

エックスサーバーのワードプレスインストール完了

ここに出てきたログインURLをお気に入り登録しておくと便利です。

このURLをクリックすれば、wordpressのログイン画面になりますが、先ほどの少々お待ち状態が完了していないとまだログインできません。

この画面になればワードプレスにログイン可能です。

エックスサーバーのログイン画面

こんな感じであれば、まだweb上にアップされていないので、少し待ちます。

ワードプレスの反映待ち

wordpressのインストールが終わったら、先ほどの独自SSLの続きのリダイレクト設定をしておきます。

 

http→httpsのリダイレクト設定

独自SSL設定の締めとして、リダイレクト設定をしておきます。

リダイレクト設定とは、httpでアクセスしちゃった時にhttpsに飛ばすという設定です。

これは「.htaccess編集」というのをします。

エックスサーバーのサーバーパネルから、左側の「ホームページ」の欄にある「.htaccess編集」をクリックします。

するとこんな画面になりますので、.htaccess編集をクリックします。

エックスサーバーの.htaccess編集

ちなみに、この編集をミスるとサイトが表示されなくなりますので慎重に作業をしてください。

元々ある情報を予めメモ帳などに保存しておいて、何かあればそれを再度アップすれば元に戻せます。

ここに、こちらのテキストを追加します。

エックスサーバーのリダイレクト設定

これはエックスサーバーの公式サイトで書かれているものですので、ご安心ください。

こちらからコピペして使ってください

 

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} !on
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

 

テキストを追加した状態がこちらです。

エックスサーバーのリダイレクト設定完了

これで「.htaccessを編集する(確認)」をクリックし、その次の画面で「.htaccessを編集する(確定)」をクリックします。

これでリダイレクト設定はOKです。

試しにhttp://のURLでアクセスしてみてください。

これでhttps://が表示されるようになっていればOKです。

 

これが終わったら、いよいよワードプレスの初期設定です!

ワードプレスの初期設定

ワードプレスの初期設定は、まずログインすることから始まります。

先ほどのログイン画面にユーザー名とパスワードを入力してログインします。

エックスサーバーのログイン画面

ユーザー名とパスワードも、先ほどのワードプレスインストールのところで表示されています。

ログインすると、こんな画面になります。

エックスサーバーのログインしたあと

ここから色々な初期設定をしていきます。

まずは独自SSL設定(https化)の最後の仕上げです。

左側の設定→一般設定で、サイトURLをhttpからhttpsに変えます。

エックスサーバーの一般設定で独自SSL設定完了

この画像の2か所、wordpressアドレス(URL)とサイトアドレス(URL)がhttpになっているはずですので、httpsに変えます。

ついでに、キャッチフレーズは空欄にします。(Just another wordpress siteを削除)

終わったら、ページ下部の変更を保存をクリックします。

これで独自SSL設定は完了です。

独自SSL設定が完了したら、このようにURLが表示されます。(googleクロームの場合)

エックスサーバーの独自SSL設成功

また、先ほどのリダイレクト設定が完了していれば、httpでアクセスしてもhttpsに繋がるようになります。

こちらも試してみてください!

 

これで一通りのワードプレスの初期設定は完了です!

お疲れ様でした。

ここからプラグインの設定やテーマ設定などをして、記事をどんどん書いていくと、サイトにアクセスが集まりだします!

 

ワードプレスの初期設定後にやること一覧

ワードプレスの初期設定だけでもかなり大変ですよね…

一応、これで初期設定は終わりですが、他にもやっておいた方が良いことがあります。

SEO対策やデザインなどサイトを運営する上であった方がいいものばかりですので、一休みしたらこちらの設定もしていきましょう!

 

ワードプレスのテーマ設定方法・インストール方法解説【初心者向け】

ワードプレスのテーマ設定方法・インストール方法解説【初心者向け】
ワードプレスでテーマを設定する方法、インストールする方法を解説します。 テーマって何?という初心者の方でも設定・インストール出来るように解説していきます!

 

ワードプレスでサーチコンソールを設定する方法

ワードプレスでサーチコンソールを設定する方法
ワードプレスでサーチコンソールの設定をする方法を解説します。 サーチコンソールはサイトを立ち上げたら登録必須と言えるツールです。無料で使えますので、ワードプレスでサイトを立ち上げたらすぐに登録しましょう!

 

ワードプレスでgoogleアナリティクスの設定をする方法

ワードプレスでgoogleアナリティクスの設定をする方法
ワードプレスでgoogleアナリティクスの設定をする方法を解説します。ワードプレスでサイトを立ち上げたら、googleアナリティクスへの登録がおすすめです。これによって、サイトのアクセス数などの細かな分析が出来るようになります!

 

プラグイン「All in One SEO Pack」の設定方法解説【2019年】

プラグイン「All in One SEO Pack」の設定方法解説【2019年】
ワードプレスのプラグイン「All in One SEO Pack」の設定方法を解説します。All in One SEO PackはSEO対策に必須のプラグインで、最も使われているプラグインの1つです。 そんなAll in One SEO Packの設定方法を解説します。

 

ワードプレスで作成したサイトの検索順位をチェックする方法

ワードプレスで作成したサイトの検索順位をチェックする方法
ワードプレスでサイトを作成したばかりの初心者におすすめの検索順位チェックツールが、「検索順位チェックツールGRC」です。 GRCなら、無料版でもかなり使える機能です。 ワードプレス初心者なら無料版で十分ですので、早速登録して見てください!

 

コメント