スポーツで多い怪我の解説

スポーツ中によく起こる怪我について解説をしています。

各怪我の症状や原因、治療方法、リハビリ方法などをパーソナルトレーナー視点で解説します。

スポーツ中だけではなく、日常生活でも起こる怪我もありますので、気になる症状のものをチェックしてみてください。

 

怪我の解説まとめはこちら

スポーツ中に多い怪我の種類|怪我の全治・予防・リハビリ解説
こちらのページではスポーツ中に多い怪我の解説をしています。 スポーツ愛好家が怪我をしてしまったが、どう対処すればいいかわからない。 子供が部活で怪我をしたがどのようにリハビリをすればいいかわからない。 好きなスポー...
スポーツで多い怪我解説

膝内側側副靭帯損傷のリハビリをパーソナルトレーニングで行う方法

パーソナルトレーニングで膝内側側副靭帯損傷のリハビリをする方法を解説しています。 膝内側側副靭帯損傷は、再発も多い怪我です。 また、怪我の原因は膝ではなく足首や股関節にあります。 その為、リハビリが必須の怪我と言えます。 そんな膝内側側副靭帯損傷のリハビリ方法を解説しています。
スポーツで多い怪我解説

リスフラン靭帯損傷とは?リスフラン靭帯損傷の全治・リハビリ方法

リスフラン靭帯損傷とは?リスフラン靭帯損傷の全治・リハビリ方法についてパーソナルトレーナーが解説します。 リスフラン靭帯損傷は転倒時に起こりやすい怪我で、足の甲の靭帯損傷です。 リスフラン靭帯損傷は非常に治りにくい怪我で、治療期間は1か月以上かかる場合が多いです。
スポーツで多い怪我解説

胸郭出口症候群(TOS)とは?胸郭出口症候群の原因・治療・ストレッチ

胸郭出口症候群(TOS)とは?胸郭出口症候群の原因・治療・ストレッチについてパーソナルトレーナーが解説します。 胸郭出口症候群は、英語でTOSと言います。 胸郭出口症候群の原因は姿勢の崩れなどのが根本にありますので、姿勢を改善するトレーニングやストレッチが必要になります。
スポーツで多い怪我解説

骨挫傷とは?骨挫傷の全治・治療方法・リハビリ方法など解説

骨挫傷とは?骨挫傷の全治・治療方法・リハビリ方法などをパーソナルトレーナーが解説します。 骨挫傷は言葉の定義が曖昧ですが、骨折の手前の症状と言えます。 また、レントゲンで異常が見つからない骨の怪我とも言えます。 骨挫傷の全治は症状や部位によってアバウトです。
スポーツで多い怪我解説

筋挫傷とは?全治・治療方法・リハビリ方法など解説

筋挫傷とは?全治・治療方法・リハビリ方法などを運動の専門家であるパーソナルトレーナーが解説します。 筋挫傷は肉離れや打撲と混同されますが、言葉の定義が違います。 ただ、定義が曖昧なのでややこしい言葉です。 筋挫傷は応急処置が特に重要で、RICE処置が有名な方法です。
スポーツで多い怪我解説

頸椎ヘルニアとは?頸椎ヘルニアの原因・治療・リハビリ解説

頸椎ヘルニアとは?頸椎ヘルニアの原因・治療・リハビリ解説について運動の専門家であるパーソナルトレーナーが解説します。 頸椎ヘルニアは首に負担がかかった結果、頸椎の間にある椎間板が飛び出して起こります。 腕の痺れなどの症状があり、悪化すると日常生活に支障が出るレベルの症状が出ます。
スポーツで多い怪我解説

ヘルニアとは?ヘルニアの種類・原因・治療方法などを解説

ヘルニアとは?ヘルニアの種類や原因、症状などを運動の専門家であるパーソナルトレーナーが解説します。 ヘルニアとは組織が正常な位置から逸脱したことを言います。 その為、有名な腰のヘルニアだけでなく首などでもヘルニアが起こります。ヘルニアの場合は手術になることが多いですが、その後にはリハビリが必要です。
スポーツで多い怪我解説

極限の集中状態「ゾーン」とは?

極限の集中状態「ゾーン」とは?スポーツ中に常識では考えられないようなパフォーマンスを発揮するゾーン。 そのゾーンの入り方、ゾーンのメカニズムをご紹介します。 私自身も何度かゾーンに入ったことがありますが、狙って入れるものではなく、もう1回ゾーン体験をしたいなと思っています。
スポーツで多い怪我解説

靭帯損傷とは?靭帯損傷の治療方法や症状を関節別に解説

靭帯損傷とは?靭帯損傷の治療方法や症状を関節別にパーソナルトレーナーが解説します。 靭帯損傷とは、骨折や捻挫などのように怪我の種類の名前です。 靱帯は各関節にあり、関節を守る組織です。 ただ、過度な負担が靱帯にかかると損傷してしまい、ひどい場合は断裂します。 靭帯損傷は靱帯の種類によっては重症な怪我になります。
スポーツで多い怪我解説

クラムジーとは?成長期のスポーツ選手に起こる極度のスランプ

クラムジーとは?成長期のスポーツ選手に起こる極度のスランプであるクラムジーを解説します。 私自身も経験していますが、クラムジーはなっている本人は非常に苦しいものです。 クラムジーの対策方法は、何よりもクラムジーに対する理解です。 クラムジーを乗り越えた例は本田圭佑選手が教えてくれています。