スポーツ情報

スポーツ情報

高校野球通算ホームラン数ランキング【2017年版】

高校野球通算ホームラン数ランキング2017年版をご紹介します。 高校通算ホームラン数が、早稲田実業の清宮幸太郎選手の活躍で注目されています。 ただ、必ずしも高校生打者の力量を測る基準にはなっていません。 清宮幸太郎選手は高校通算ホームラン数歴代トップの期待もかかりますが=高校最強打者とはならないようです。
スポーツ情報

極限の集中状態「ゾーン」とは?

極限の集中状態「ゾーン」とは?スポーツ中に常識では考えられないようなパフォーマンスを発揮するゾーン。 そのゾーンの入り方、ゾーンのメカニズムをご紹介します。 私自身も何度かゾーンに入ったことがありますが、狙って入れるものではなく、もう1回ゾーン体験をしたいなと思っています。
スポーツ情報

クラムジーとは?成長期のスポーツ選手に起こる極度のスランプ

成長期のスポーツ選手に起こる極度のスランプであるクラムジーを解説します。私自身も経験していますが、クラムジーの対策方法は何よりもクラムジーに対する理解です。 クラムジーを乗り越えた例は本田圭佑選手が教えてくれています。
スポーツ情報

燃え尽き症候群(バーンアウトシンドローム)とは?

スポーツや介護、仕事など様々な場面で見られる「燃え尽き症候群(バーンアウトシンドローム)」について解説していきます。 原因がはっきりしませんが、対策方法はいくつかあります。
スポーツ情報

甲子園で球数制限・登板間隔・タイブレーク制などのルール導入は?

甲子園で球数制限・登板間隔・タイブレーク制などの新ルール導入はある? 毎年話題に上るもなかなか導入が進まない高校野球の球数制限・イニング制限問題。 アメリカではクレイジーと評され、メジャー移籍する日本人投手の怪我の原因にも考えられています。 そんな高校野球の改革を阻む理由に、甲子園の聖地化があると思います。
スポーツ情報

東京五輪マラソン代表選考方法が変更|選考レースは?

東京五輪のマラソン代表選考方法が変更となりました。 過去にはかなり不透明な選考方式で、毎回批判が相次いでいました。 今後の新選考方式や選考レース、派遣標準記録などをご紹介します。 今までよりも公平性・客観性が出た選考方式となりそうですが、まだ課題は残るように感じます。
スポーツ情報

大谷翔平選手、左足大腿二頭筋肉離れの怪我で登録抹消へ

日本ハムファイターズの大谷翔平選手が、左足の怪我で負傷交代となりました。大谷翔平選手は8日のオリックス戦でサードゴロの際に一塁に走って負傷し、次の打席で代打を送られ途中交代となりました。検査の結果、左大腿二頭筋肉離れで全治4週間と診断されました。登録抹消は避けられない状態となりました。
スポーツ情報

2017年春の甲子園(センバツ)試合結果一覧

2017年春の甲子園(センバツ高校野球)の試合結果一覧をご紹介します。 2017年春の甲子園には32校が出場し、うち3校は21世紀枠での出場です。 シード校はなく、純粋なトーナメント方式の試合です。 履正社高校・早稲田実業など優勝候補を含めた試合結果をご紹介します。
スポーツ情報

2017年WBCルール一覧|ラウンドで変わる球数制限・登板間隔など

2017年・第4回WBCのルール一覧をご紹介します。 各ラウンドで変わる球数制限、球数制限に応じた登板間隔、連投の制限など特に投手にとってはWBCのルールはややこしいです。 また、延長のタイブレーク制やコールドゲームなど、通常のプロ野球ではないルールもこのWBCでは採用されています。
スポーツ情報

阪神・糸井嘉男選手、右膝関節炎の怪我で別メニュー。復帰時期は?

阪神タイガースの糸井嘉男選手が、右膝関節炎の怪我で別メニュー調整となっています。糸井嘉男選手の復帰時期は、怪我の詳細な発表がないのでわかりません。 ただ、過去にも左膝や右足首の怪我があるため、長引く可能性も考えられます。