熱中症対策に最適な水分補給の飲み物の温度とは?常温or冷えた飲み物はどっちがいい?

 

パーソナルトレーナーの野中です。

 

熱中症対策に最適な水分補給のポイントをご紹介しています。

 

熱中症対策に水分補給は必須ですが、その飲み物も大事です。

 

飲み物も同じ飲み物でも温度が変わるだけで熱中症対策の効果が変わります。

 

暑い夏にはキンキンに冷えた飲み物が欲しいですが、飲み物の温度にも注意が必要です。

 

 

スポンサーリンク

熱中症対策の水分補給で最適な飲み物の温度は常温?目安の温度は5~15℃!

熱中症対策の水分補給で最適な飲み物の温度は「5℃~15℃」が目安と言われています。

 

簡単に言えば常温の飲み物です。

 

ただかなり冷ための常温という温度です。

 

5℃の飲み物と言われてもピンと来ないと思いますので、目安をご紹介します。

 

冷蔵庫で冷やした水の温度が約5℃ですので、これが水分補給の効果としてはギリギリ低い温度と言えます。

 

これに氷が入れば確実に温度としては低すぎです。

 

ただ冷蔵庫の水+氷くらいの温度になっていることが多いと思います。

 

真夏に汗だくになったら、氷の入ったキンキンに冷えた飲み物が欲しいですが実は熱中症対策としては逆効果になります。

 

 

スポンサーリンク

 

水分補給に適した温度が5~15℃な理由。冷たすぎる水は胃腸に負担がかかる!

熱中症対策の水分補給に適した飲み物の温度は5~15℃という理由は、まずは冷たすぎる場合の悪影響です。

 

5℃を下回る冷たすぎる飲み物の場合は、水分補給の際に吸収する役割である胃腸に過度な負担がかかります。

 

これがキンキンに冷えた飲み物が悪い理由です。

 

また、熱い飲み物も熱中症対策の水分補給としては適切ではありません。

 

飲み物の温度が上がる程、吸収のスピードが遅くなると言われています。

 

熱中症対策の為の水分補給のタイミングとしては約15分に1回が適切と言われています。

 

つまり早いタイミングで吸収しないといけませんので、あまり熱い飲み物だと吸収が遅すぎて熱中症対策としては不十分です。

 

吸収が早く、かつ胃腸に負担が少ない最適な温度が5~15℃となります。

 

 

スポンサーリンク

熱中症対策にはステンレス製マイボトルで水分補給用の飲み物の温度管理がおすすめ!

では、実際に5から15℃の最適な温度で水分補給をする為のテクニックをご紹介します。

 

夏場の外の気温は30℃~35℃くらいになります。

 

その外にペットボトルなどを置いていたら温度がどんどんあがってしまい、簡単に15℃を超えます。

 

また、クーラーボックスなどに入れて氷を入れたボトルなどは逆に冷えすぎの可能性があります。

 

最適な温度を保つのに適したものはステンレス製のマイボトルです。

 

ステンレス製のものであれば、真夏の高温の環境でも1時間に2~3℃程度の温度上昇で済みます。

 

5時間で10℃程度の温度上昇ですので、朝に冷蔵庫から出してもっておけば5時間後でも最適な15℃を維持できています。

 

もっと長時間になりそうでしたら氷も入れておけばより長い時間最適な温度の5~15℃を維持できます。

 

 

熱中症対策の為の水分補給のポイントまとめ

熱中症対策の為の水分補給には色々なポイントがあります。

 

最適な温度は5~15℃程度ですが、水分補給の最適なタイミングや1度に水分補給すべき量も目安があります。

 

下記の記事も参考に、様々な側面から熱中症対策を施してください!

 

 

熱中症対策に最適な水分補給のタイミングの目安とは?

 

熱中症対策に最適な水分補給の量の目安とは?

 

熱中症とは?熱中症の原因と対策方法まとめ

 

 

 

パーソナルトレーナー 野中

スポンサーリンク