腰痛の種類・症状・原因のセルフチェック方法とは?パーソナルトレーナーが解説

 

パーソナルトレーナーの野中です。

 

腰痛には様々な種類や症状があり、原因も様々です。

 

その為、自分では腰痛の症状や種類がなんだかわからないという場合も多いと思います。

 

腰痛も軽症から重症まで幅が広くあります。

 

また、腰痛の原因の85%が不明とするデータもあり、はっきりしないことも多いです。

 

その為、腰痛のチェックは専門家に依頼をするのがベストです。

 

ただ、腰痛の専門家も多くいてどこに行けば分からないということも多いです。

 

こちらのページでは腰痛の種類や症状・原因の大まかなセルフチェック方法をご紹介します。

 

ただ、自分で調べてそれで終わりという訳ではなく、どこに行けばいいかの検討を付けて専門家へ腰痛改善を依頼することをお勧めします。

 

スポンサーリンク

腰痛の種類・症状・原因は様々。腰痛の種類とは?

腰痛の種類・症状・原因は様々です。

 

その為、これらを全てきれいに自分で判別するのはまず無理だと思った方がいいです。

 

仮に間違っていた場合に腰痛を悪化させる可能性があります。

 

腰痛の種類の分類方法は、腰椎椎間板ヘルニアや腰椎すべり症といった腰痛の症状ごとに分類する方法があります。

 

また、屈曲型腰痛・伸展型腰痛など痛みの出方で分類する方法もあります。

 

痛みの出る場所で分類する方法もありますが、特に名前がある訳ではありません。

ただ、左側だけの腰痛、右側だけの腰痛は内臓の病気や産婦人科系の病気が隠れている可能性があるので注意が必要です。

 

その他、腰痛の治る期間での分類方法もあります。

 

主な症状別の腰痛

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎すべり症

腰椎分離症

 

痛みの出る動きでの腰痛の分類方法

屈曲型腰痛

伸展型腰痛

・側屈型腰痛

 

・痛みの出る場所での腰痛の分類方法

左側だけの腰痛

右側だけの腰痛

 

主な治る期間での腰痛の分類方法

急性腰痛症

慢性腰痛症

 

これらの腰痛の種類や症状は多岐に渡りますので、全てをセルフチェックで見極めるのは難しいですが、大まかな腰痛の分類は可能です。

 

そした大まかなことが分かれば、どこに行けば自分の腰痛を効果的に改善出来るかが分かりますので、「腰痛をどこで治せばいいかの判断材料」としてご活用くださいませ。

 

スポンサーリンク

 

腰痛の種類・症状のセルフチェック方法

腰痛の種類や症状のセルフチェック方法としては、痛みの出る場所や痛みの出るタイミング・痛みが出たきっかけなどで分類可能です。

 

1つずつ腰痛の種類や症状のセルフチェック方法を見ていきましょう。

 

腰痛の種類や症状のセルフチェックポイント①痛みの出る場所

腰痛の種類や症状のセルフチェックポイント1つ目は「痛みの出る場所」です。

 

「腰」と言っても、どこからどこまでが腰かというのは、専門家によっても分かれるくらいですので、特に医学的な知識がない方では明確には分かりません。

 

その為、腰のどの部分が痛いかというのは腰痛の種類や症状をチェックする上で重要なポイントです。

 

腰のかなり下の方でお尻に近い辺りが痛い、むしろほぼお尻かもしれないという場合は仙腸関節性腰痛が疑われます。

 

仙腸関節とは、腰の最も下部にある骨盤に繋がるところです。

 

この仙腸関節性腰痛が腰痛の原因の大半を占めるとの見解もあり、腰痛の原因解明で注目されているところです。

 

この仙腸関節性腰痛の痛みの種類は説明が難しい痛みであることが多いです。

 

「モアッとする」「しみる感じ」「ぬおーんって感じ」「気持ち悪い痛さ」「痛いっていう感じじゃないけど痛い」

 

など、これら全てパーソナルトレーニングの現場で実際に言われたことがある感想ですが、何とも説明が難しい痛みです。

 

この仙腸関節性腰痛は休んでも治るものではありません。

 

このお尻周りやかなり下部の痛みがあり、上記のような感じの痛みがある場合は骨盤周囲の筋肉のバランスを改善する必要があります。

 

この仙腸関節性腰痛には、パーソナルトレーニングが最もお勧めです。

 

また、左側だけ腰が痛い、右側だけ腰が痛いという場合もあります。

 

この場合は、筋肉のバランスが左右でかなり崩れていて起こる場合もありますが、内臓に問題がある場合もあります。

 

内臓に問題がある場合は、筋肉のバランスを改善しても根本的な解消が難しく、腰痛が内臓の異常を知らせるサインである可能性があります。

 

片側だけ腰が痛い場合は、一度内科を受診して検査をすることが最も安全です。

 

特に内臓に問題がなければ、そのあとにパーソナルトレーニングで治療などを行えば改善出来ますしそれが最も安心な腰痛改善の流れです。

 

腰痛の種類や症状のセルフチェックポイント②腰の痛みの出るタイミング

腰痛の種類や症状のセルフチェックポイント2番目は、腰の痛みが出るタイミングです。

 

どの場面で痛みが出るか、どのような動きで痛みが出るか、常に腰が痛いかなどで判別する方法です。

 

特定の動きで腰が痛いという場合もよくあります。

 

捻ると痛い、前屈みだと痛いなどの場合があります。

 

腰痛の分類方法としては、前屈みで痛い場合を屈曲型腰痛、腰を反らせて痛い場合を伸展型腰痛などと分類します。

 

ただ、それが分かっても腰痛を抱える本人はどうしようもありません。

 

このような特定の動作で痛みが出る場合は、動きの癖や筋肉のバランスの崩れが原因で腰痛を引き起こしている場合が多いです。

 

その場合は、パーソナルトレーニングや治療で腰痛改善が見込めます。

 

また、常に腰が痛い場合は慢性腰痛症である場合と内臓などの問題である場合の両方が考えられます。

 

この場合は、まずは内科を受診して特に問題がなければパーソナルトレーニングや治療を行い腰痛改善することをお勧めします。

 

また、女性の場合は産婦人科の受診も必要な場合がありますので、産婦人科の受診もしておくと安心です。

 

腰痛の種類や症状のセルフチェックポイント③痛みが出たきっかけ

腰痛の種類や症状のセルフチェックポイント3つ目は、痛みが出たきっかけです。

 

これで、ある程度腰痛の治る期間が分類できます。

 

はっきりと腰が痛くなったきっかけがわかる場合は、急性腰痛症であることが多いです。

 

重いものを持ち上げた瞬間から痛みが出始めた、急に身体を捻った瞬間から腰が痛くなった、咳をし過ぎた後から腰が痛いなどという場合は急性腰痛症が疑われます。

 

急性腰痛症とは、腰痛の治る期間が4週間未満の腰痛を指して言います。

 

急性腰痛症の代表格がぎっくり腰です。

 

急性腰痛症は痛みが強いですが、炎症が収まれば改善することが多く安静にしておけば治ることも多いです。

 

この場合は運動をして治すものではありません。

 

痛みが激しい場合は一度病院を受診した方がいいですが、そこまで激しくなければ整骨院や鍼灸院などでの治療をお勧めします。

 

また、急性腰痛症とは反対の慢性腰痛症である場合は放っておいても治らないことが多いです。

 

急性腰痛症の場合は、腰が痛くなり始めたきっかけがはっきりしない場合が多いです。

 

何となく最近腰が痛い、仕事が変わって座っている時間が長くなってから腰が痛いような気がするなど曖昧です。

 

また、腰の痛みも最初は小さかったものの徐々に悪化してきたということが多いです。

 

慢性腰痛症とは、腰痛の治る期間が3か月以上のものを指して言います。

 

慢性腰痛に対しては運動療法が有効との発表もあり、慢性腰痛症の根本的な解決にはパーソナルトレーニングがお勧めです。

 

スポンサーリンク

腰痛の改善は専門家へ!慢性腰痛症の改善にはパーソナルトレーニングがお勧め

このように、腰痛の種類や症状は様々です。

 

そして、はっきりしないことも多いです。

 

その為、勝手に自分の腰痛の種類や症状を決めつけて自己流の腰痛改善や、テレビで紹介されていた腰痛改善方法をやってみるのは安全性で言えば問題があります。

 

たまたま合えば良くなりますが、合わなかった場合悪化する可能性があります。

 

そして、内臓や産婦人科系の問題で腰痛がある場合に放っておくと深刻な健康被害が出る可能性もあります。

 

慢性腰痛症の方がサポーターやコルセットを巻いても腰痛は改善しませんし、ぎっくり腰の人が痛みの残る中で腹筋・背筋を鍛えだしても再発する可能性があります。

 

腰痛改善には症状や種類にあった対処方法があり、専門家もそれぞれです。

 

こちらでご紹介したセルフチェック方法を踏まえ、ご自分の腰痛にあった腰痛改善方法を探してみてください!

 

腰痛解説まとめはこちらからどうぞ。

 

スポンサーリンク