腰痛に効くストレッチ方法とは?腰痛とストレッチの解説

 

腰痛に悩まされる方は、日本全国に1,000万人とも2,000万人とも言われています。

デスクワークの増加や運動不足など、あらゆる原因で腰痛は起こります。

 

また、腰痛の85%が原因不明と言われるなど、まだまだ分かっていないことが多いのも腰痛で悩む人が多い理由です。

 

そんな腰痛の解消方法に、ストレッチがあります。

 

ただ、どんなストレッチでも腰痛に効くかというとそうではありません。

 

こちらでは、運動の専門家であるパーソナルトレーナーが腰痛に効くストレッチ方法をご紹介します。

 

スポンサーリンク

腰痛に効くストレッチ方法はない?

腰痛に効くストレッチ方法をご紹介したいですが、結論から言えば「このストレッチが腰痛に効く」というものはありません。

そのような腰痛用ストレッチがあった方が便利ですが、そんな便利に人間の身体は出来ていません。

 

まず大前提として、腰痛の原因がまだまだ不明ということがあります。

最新の研究でもまだ原因が分からないのに、その状況で改善方法が分かっている方がそもそもおかしいと言えます。

 

腰痛の原因は85%が原因不明?

 

ただ、実際に原因が解明できていなくても腰痛を改善することは可能です。

はっきりと証明できていなくても、このような原因で腰痛が起こっていると推測できます。

 

・姿勢の崩れ

・筋肉のバランスの崩れ

・ストレス

・過度に腰に負担がかかる動作

 

姿勢の崩れや動作の崩れも、基本的には筋肉のバランスの崩れの延長ということができます。

筋肉のバランスが崩れれば正しい姿勢で立つことができず、正しい姿勢で立てなければ関節の動きも悪くなりどこかに負担のかかる動きになります。

 

現代で特に多い姿勢が、座り姿勢です。

長時間座っていると硬くなる関節が、ずっと曲がっている股関節とずっと丸まっている胸の背骨(胸椎)です。

 

この2つの関節に挟まれているのが腰(腰椎)です。

上手く動かない関節があると、代わりに隣接する関節が動くようになります。

 

つまり、長時間座って身体がかたくなると、腰には過度に負担がかかる状態になります。

 

このような推測から、腰回りの筋肉のバランスを改善すれば腰痛の改善に繋がると考えられます。

 

筋肉にバランスの崩れは大まかには、「硬すぎる筋肉」と「弱すぎる筋肉」ができて起こります。

 

この硬すぎる筋肉を柔らかくするには、ストレッチが有効です。

これで腰痛にはストレッチが効くという理屈が成り立ちます。

 

ただ、どの筋肉が硬いのか?

そして筋肉が硬いだけではなく弱い筋肉があるのでは?

という部分が不明確です。

 

その為、どの筋肉の柔軟性や筋力が弱いのか?を詳しくチェックして初めて効果的な腰痛の改善方法が分かります。

 

その為、雑誌やネットで紹介されていた腰痛に効くストレッチがあなたの腰痛に効く保証はないし、悪化させない保証もないと言えます。

 

スポンサーリンク

 

腰痛を改善する方法とは?

「腰痛に効くストレッチはない」と言われると残念ですが、正確には「誰の腰痛にも効くストレッチがない」と言えます。

 

詳しく調べれば、腰痛に効くストレッチは見つけることが出来ます。

ただ、調べるのは腰痛に効くストレッチ方法ではなく身体の状態です。

 

先ほどの腰回りの筋肉のバランスを詳しく調べることで、柔軟性を高めるべき筋肉が分かります。

 

腰回りの筋力・柔軟性のチェック方法

では実際にどのようにして腰回りの筋力や柔軟性をチェックすればいいのでしょうか。

これには、動きのテストが効果的です。

 

身体を動かすのは、筋肉が働いて骨を動かして身体が動きます。

両手をバンザイするには、肩甲骨や肩、背骨などの柔軟性が必要です。

また、腹筋や背筋の筋力も必要です。

 

このような動作を見れば、どこの筋肉が弱いか、どこの筋肉が硬いかの推測が出来ます。

腰痛に繋がりそうな動きのテストを幾つかすれば、腰にどのように負担をかけているかの推測ができます。

 

そして、柔軟性が不足している筋肉をストレッチして、筋力が不足している筋肉をトレーニングすることで筋力・柔軟性のバランスが改善します。

 

つまり、ストレッチだけで腰痛を改善できるかは分からないということです。

パーソナルトレーナーとして腰痛に悩む方を担当することも多いですが、ほぼ間違いなく柔軟性不足+筋力不足です。

 

つまり、ストレッチもトレーニングも腰痛改善には必要です。

ストレッチだけ、トレーニングだけで腰痛を改善することは不可能ではないですが効果的ではありません。

 

腰痛には腹筋と背筋を鍛えた方がいいと言われますが、それも違うことが分かります。

 

むしろ、下手にストレッチをして悪化させることもあります。

「テレビで紹介されていた腰痛体操をして腰を痛めた」というような話はよく聞きます。

 

スポンサーリンク

腰痛に効くストレッチは専門家のチェックを受けてからがおすすめ

このように、腰痛に効くストレッチ方法としては「これだけやれば腰痛に効く」というものはありません。

それだけ人間の身体は複雑と言えます。

 

ただ、大まかな傾向はありますので、恐らく腰痛に効くであろうストレッチはあります。

 

それでも、腰痛には種類がいくつかあります。

中には骨折を伴うものもありますので、その場合はストレッチをしても改善しないし逆効果です。

 

まずは自分の腰痛を知ることが第一です。

 

腰痛の種類はこちらから

 

骨折やヘルニアなどの症状が無く、筋肉のバランスが崩れたことで起こる慢性腰痛の人が大体硬いであろう筋肉はあるので、そのような腰痛に効くストレッチ方法をご紹介します。

 

多くの腰痛患者は長時間座っていることが多いです。

座っている間は、重力を常に受け続けます。

 

重力がかかると、身体はつぶされるような負荷を受け続けますが、この時潰れるのは柔らかい部分です。

 

おにぎりの上に板を置いて上から潰せば、潰れるのは硬い板ではなく柔らかいおにぎりです。

 

このような理屈で、人間の身体で潰れるのは骨が多い骨盤や肋骨、頭ではなく骨の少ない腰です。

つまり、この腰にエリアの筋肉は常に潰される力が加わり続けて硬くなっています。

 

腰のエリアの筋肉は大まかに4つに分けられます。

 

腰の前面にある腸腰筋などの筋肉

腰の左側にある腹斜筋・腰方形筋などの筋肉

腰の右側にある腹斜筋・腰方形筋などの筋肉

腰の後面にある脊柱起立筋などの筋肉

 

これらを全てのストレッチは、腰痛に効くストレッチである場合が多いです。

 

ただ、まずは腰痛の種類が分からなければ、ストレッチが効果的か逆効果かもわかりません。

 

激しい痛みがある場合は病院で検査を受け、慢性腰痛で筋肉のバランスが崩れているであろう場合も我流でストレッチをするよりもパーソナルトレーニングなどで身体の状態を一度チェックしてもらうことがおすすめです。

 

このような複雑な腰痛であるからこそ、悩まされる人が多いとも言えます。

まずは一度専門家に依頼することが、安全で効果的に腰痛を改善出来る近道だと思います。

 

パーソナルトレーニングで腰痛を改善する方法はこちらから

 

スポンサーリンク