頸椎ヘルニアとは?原因・治療・リハビリ解説などを解説

スマホの普及やデスクワークの増加に伴い、肩こりや首こり・頭痛に悩まされる方はどんどん増え続けています。

 

その首こりなどが悪化した結果、頸椎ヘルニアになる方も増えています。

こちらでは、運動の専門家であるパーソナルトレーナーが頸椎ヘルニアについて解説していきます。

 

頸椎ヘルニアになると腕の痺れなどの神経症状が現れ、悪化すると日常生活に支障が出ることもあるので注意が必要です。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

頸椎ヘルニアとは?

頸椎ヘルニアとは、首の背骨である頸椎の間にある椎間板が飛び出して痛みや痺れなどの症状が出ることを言います。

 

正確には、椎間板が飛び出した時点でヘルニアと言います。

ヘルニアとは、組織が正常な位置から逸脱しているという意味です。

その為、ヘルニア=痛みがあるという訳ではなく、痛みのないヘルニアもあります。

 

頸椎ヘルニアで痛みなどの症状が出る場合は、飛び出した椎間板が神経を圧迫して起こります。

頸椎は首の神経を守る役割がありますが、その神経が圧迫されることで痛みや痺れなどの症状が出ます。

 

この頸椎と頸椎の間にそれぞれ椎間板があります。

椎間板はクッション材の役割があり、頸椎同士がぶつかって損傷しないように保護します。

 

ただ、あまりにも強い負荷がかかったり、負荷が繰り返しかかったりし続けると椎間板が耐えきれずにヘルニアが起こります。

また、経年変化でも椎間板ヘルニアが起こると言われ、加齢と共にヘルニアが増えると言われています。

 

頸椎は全部で7個あります。

頭に近い方から第1頸椎、第2頸椎と名前がついています。

 

特に頸椎ヘルニアが起こりやすいのが、第5頸椎と第6頸椎の間と言われています。

次いで第6頸椎と第7頸椎、その次は第4頸椎と第5頸椎の間です。

 

頸椎から出ている神経はそれぞれ身体の違う部分に繋がります。

その為、どこの頸椎ヘルニアかによって症状は異なります。

 

頸椎ヘルニアの症状

頸椎ヘルニアの症状は、どの神経を圧迫するかで異なります。

また、症状の大きさもかなり差があります。

 

こちらが、主に頸椎ヘルニアで起こるとされている症状です。

 

・首の痛み

・肩の痛み

・肩こり

・首こり

・胸の痛み

・腕のだるさ

・腕の痺れ

・腕のむくみ

・背中の痛み

・眼精疲労

・耳鳴り

・めまい

・足のむくみ

・歩行障害

・尿失禁

 

頸椎ヘルニアの症状は、あいちせぼね病院のサイトではこのように4段階に分けて紹介されています。

1.首・肩部症状 肩こり、首痛、背中の痛み、前胸部痛
2.腕、手症状 上肢の痛み、腕のだるさ、手のしびれ、手のむくみ、握力低下、腕の筋肉の萎縮
3.頭部、顔面症状 後頭部痛、頭痛、目の奧が痛い、眼性疲労、眼充血、耳鳴り、めまい、ふらつき
4.下半身症状 脚のつっぱり、歩行障害、尿コントロール障害、尿失禁

 

あいちせぼね病院HPより抜粋

頚椎椎間板ヘルニアとは | あいちせぼね病院
頚椎(頸椎)には、頚髄(脊髄)とよばれる神経組織が通っており、脳から手や肩に向けて送られる信号は全てこの頚髄(脊髄)を通して届けられます。各頚椎の間には椎間板と呼ばれる組織があり、上下の頚椎を支えるクッションの働きを持っています。この椎間板が破れて各神経を圧迫するのが頚椎椎間板ヘルニアです。

 

これだけ範囲が広い症状が出ることからも、頸椎の神経がそれだけ広範囲に及ぶということが分かります。

頸椎ヘルニアで特に多い症状は、首の痛みや肩の痛み、腕の痺れや腕のだるさなどです。

 

特に腕に症状が出る場合は腕に問題があるように感じますが、腕の問題ではなく腕に繋がる神経の問題です。

つまり、首の問題で腕に症状が出ると言えます。

 

頸椎ヘルニアの神経症状

頸椎ヘルニアの神経症状とは、このように神経が圧迫されることでつながった先の組織に症状が出ます。

 

これは、腰椎椎間板ヘルニアでも同じです。

腰椎椎間板ヘルニアでは腰に問題があると、足に痺れが出ます。

 

この場合も足に異常がある訳ではなく、腰の神経がヘルニアによって圧迫されていることが原因です。

 

腰椎椎間板ヘルニアの解説はこちらから

腰椎椎間板ヘルニアとは?原因・症状・再発予防方法を解説
腰椎椎間板ヘルニアの原因・症状・予防方法・再発予防法などをパーソナルトレーナーが解説します。 腰椎椎間板ヘルニアはスポーツ中にも多く起こる怪我で、多くのスポーツ選手が腰椎椎間板ヘルニアになっています。

 

この場合は、原因であるヘルニアを解消すれば症状は改善します。

 

頸椎ヘルニアの原因

頸椎ヘルニアの原因は、まだまだ分かっていないことも多いです。

一般的に頸椎ヘルニアの原因と言われるものには、次のようなものがあります。

 

・加齢による経年変化

・猫背などの姿勢の崩れ

・パソコンやスマホの長時間使用による首への負担

・首の怪我による首への負担

・スポーツによる首への負担

 

特に多い原因は、姿勢の崩れではないかと思います。

これにプラスして加齢による経年変化や、スポーツでの負担などが合わさることで頸椎ヘルニアが起こる確率が高くなると思います。

 

また、スポーツ中に負担がかかった場合などでも起こるため、若い人でも頸椎ヘルニアになる場合はあります。

 

元・阪神タイガースの赤星憲広選手が引退した原因も、この頸椎ヘルニアと言われています。

赤星憲広選手は、ダイビングキャッチした際に首を痛め頸椎ヘルニアを悪化、そのまま現役引退となりました。

 

頸椎ヘルニアは悪化すると首の神経の損傷に繋がります。

そうなれば最悪の場合命に関わりますので、現役引退はやむなしという状況だったと思います。

腰椎椎間板ヘルニアでも同じですが、若いから大丈夫というものではないと言えます。

 

頸椎ヘルニアの治療方法

頸椎ヘルニアの治療方法としては、効果的なものは今のところないと言えます。

 

頸椎ヘルニアの治療方法として手術を行う場合があります。

手術で飛び出した椎間板を切除して、痛みや痺れを抑えるという方法です。

 

ただ、これで完全に症状が消える保証はありません。

 

そもそも頸椎ヘルニアに至った原因で、首への過度な負担があります。

この負担の原因は手術を受けても変わりません。

つまり、姿勢の改善などで首にかかる負担を軽減させないと再び症状が出てくる可能性が高いと言えます。

 

手術をしない保存療法であっても、手術を受けるにしても、姿勢改善や肩周りの筋力強化で首への負担を軽減させるリハビリが重要になります。

 

頸椎ヘルニアの予防には姿勢改善が重要!

頸椎ヘルニアになってからの症状改善にも、頸椎ヘルニアの予防にも姿勢改善は大切です。

特にスマホやパソコンの普及、デスクワークの増加で首には負担がかかりやすい環境になっています。

 

「スマホ首」などと言われることもあるように、今の若い世代の方が頸椎ヘルニアのリスクは高いと言えます。

 

これに経年変化が加わるとさらに頸椎ヘルニアのリスクは増えますので、今後頸椎ヘルニアが増える可能性は高いと思います。

そんな頸椎ヘルニアの予防のためにも、姿勢改善トレーニングが必要です。

 

姿勢は気を付けてもよくなるものではありません。

筋肉のバランスの崩れで起こりますので、ストレッチで柔軟性を高め、運動で筋力を高める必要があります。

 

パーソナルトレーナーが教える!姿勢を良くする方法はこちらから

パーソナルトレーナーが教える!姿勢を良くする方法とは?
パーソナルトレーナーが教える!姿勢を良くする方法とは? 姿勢は意識しても良くなるものではありません。 姿勢を悪くする原因の硬い筋肉や弱い筋肉を改善する、ストレッチや筋トレが必要です。

 

姿勢を改善し、スマホやデスクワークに負けないことが頸椎ヘルニアの予防で重要なことです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポーツで多い怪我解説
記事執筆者情報
この記事を書いた人
パーソナルトレーナー中谷圭太郎

東京の東中野・落合にあるパーソナルトレーニングスタジオhc-life代表トレーナー。スタジオ経営、パーソナルトレーニングレッスンの傍ら、公式ブログを中心にトレーニングや健康に関する情報を発信中。

パーソナルトレーナー中谷圭太郎をフォローする
パーソナルトレーナー中谷圭太郎をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
東中野・落合のパーソナルトレーナー中谷圭太郎公式ブログ

コメント