パーソナルトレーナーの資格とは?パーソナルトレーナーの資格の種類一覧

 

パーソナルトレーナーを目指す時、まず気になるのが「パーソナルトレーナーになるには、どのような資格が必要なのか?」ということだと思います。

 

私もそうでした。

 

ところが、現在「パーソナルトレーナーになる為に必要な資格」はありません。

 

残念ながら、「私はパーソナルトレーナーです!」と言った人がパーソナルトレーナーになってしまうのが現状です。

 

こちらのページでは、パーソナルトレーナーの資格についてご説明致します。

 

パーソナルトレーナーになる為に必要な資格がない以上、あくまで私見ですが、パーソナルトレーナーにとって必要な資格や、持っておくと便利な資格、有利な資格もあります。

 

そして、その資格は短期間でとれるものばかりではなく、期間もお金もかなりかかるものがあります。

 

そんな人生の分岐点に近いような決断の、判断材料の一つとして活用頂ければ幸いです。

 

 

スポンサーリンク

パーソナルトレーナーの資格

  1. NSCA-CPT
  2. NSCA-CSCS
  3. NESTA-PFT

 

パーソナルトレーナーの資格と言っていいのは、現状この3つの資格ではないかと思います。

 

NSCA-CPTとNSCA-CSCSは同じ団体の資格ですので、それぞれ上位資格と下位資格という認識でいいと思います。

 

ただNSCA-CSCSには受験資格があります。

詳細は上記リンクよご確認くださいませ。

 

 

スポンサーリンク

 

パーソナルトレーナーに近い資格

  1. JATI-ATI
  2. 日本体育協会公認アスレティックトレーナー(日体協公認AT)
  3. 健康運動指導士
  4. 健康運動実践指導者

 

こちらの資格はパーソナルトレーナーの資格という訳ではありませんが、限りなくパーソナルトレーナーの資格に近いと言えます。

 

この資格を持っていれば、現状日本でパーソナルトレーナーの有資格者として活動する分には全く問題ないと思います。

 

 

スポンサーリンク

パーソナルトレーナーの資格ではないがパーソナルトレーナーが活かせる資格

  1. 理学療法士(国家資格)
  2. 柔道整復師(国家資格)
  3. 鍼灸師、あんまマッサージ指圧師(国家資格)
  4. 栄養士、管理栄養士(国家資格)

 

これらの資格は、パーソナルトレーナーの資格ではないですが国家資格です。

パーソナルトレーナーが持っていることでより信頼度が上がり、また技術的にも知識的にもパーソナルトレーナーとして向上可能です。

 

ただ別分野であるのと、資格取得には時間もお金も相当かかります。

 

 

パーソナルトレーナーとして成長する為におすすめな資格

  1. フィットネスモチベーター
  2. JCCAマスタートレーナー
  3. PHIピラティスマットインストラクター

 

こちらの資格はパーソナルトレーナーとしての身分を示す資格というよりは、パーソナルトレーナーとしての能力を高める為に個人的におすすめな資格です。

 

私もパーソナルトレーナーとして活動する初期から所有している資格ですが、非常におすすめです。

 

 

パーソナルトレーナーの資格解説

パーソナルトレーナーの資格①パーソナルトレーナーになる為に必要な資格

 

パーソナルトレーナーの資格②~これさえあればOKな資格~

 

パーソナルトレーナーの資格③~パーソナルトレーナーに必要な資格、近い資格、活かせる資格

 

 

パーソナルトレーナーの資格は通信講座で取得できる?

 

 

東京・新宿のパーソナルトレーナー野中圭太郎公式ブログ・ホームページ

スポンサーリンク