パーソナルトレーナーとして成長する為におススメな資格 PHIピラティスプロップスインストラクター

 

こんばんは

 

東京・表参道でパーソナルトレーナーをしています、野中です。

 

今回は、パーソナルトレーナーとして成長する為におススメな資格として、PHIピラティスプロップスインストラクターをご紹介致します。

 

こちらは、以前ご紹介しました、PHIピラティスマットインストラクターの資格の続きのような位置付けです。

 

 

スポンサーリンク

道具を使ったピラティス

 

プロップスとは、簡単に言えば道具を使ったピラティスです。

 

以前ご紹介したマットインストラクターは、マットに寝て行うピラティスが中心でした。

 

こちらは道具を使わず、自分の身体のみを使って行います。

 

実際に行う立ったり、歩いたり、走ったりという動作は、基本的には何か道具が必要な動きではないので、マットだけでも十分そうです。

 

ところが、マットだけではやりにくい動きや難しい動きもあります。

 

また、強度の調整も難しい場合があります。

 

そんな時に、サポートしてくれるツールがあるとピラティスのバリエーションが広がります。

 

つまり、プロップスでは、マットだけに比べてバリエーションを広げることが出来ます。

 

 

スポンサーリンク

フォームローラー・ピラティスリングを使ったピラティス

 

このプロップスで使うのは、「フォームローラー」と「ピラティスリング」です。

 

「フォームローラー」は「ストレッチポール」ほぼ同じものと思って大丈夫だと思います。

 

ストレッチポールは、これに寝て動いていくエクササイズが基本ですが、ここで使うフォームローラーは、手足を乗せて転がしたりすることで、マットのみのピラティスに比べて、より可動域を広げたり、感覚を分かりやすくしてくれます。

 

まさにサポートツールといった感じで、エクササイズのバリエーションを増やしてくれます!

 

また、ピラティスリングは様々な用途で使えますが、特におススメなのが「肩周りの動きの改善」です。

 

いわゆる肩甲上腕リズムの改善には、うってつけなエクササイズがこれで出来ます。

 

その中でも特におススメな肩甲上腕リズムを改善するエクササイズが「シェイブザヘッド」というエクササイズになります。

 

こちらは、また別で解説させて頂きますね!

 

ピラティスリングは、肩周りだけでなく、股関節や下半身のエクササイズの強度を上げるのにも有効ですので、本当に使い方次第でパーソナルトレーニングの幅が大きく広がります。

 

前回ご紹介させて頂いた、PHIピラティスマットインストラクターの資格を、よりいかせてくれる資格。

 

そんな位置付けになるのが、このPHIピラティスプロップスインストラクターという資格です。

 

 

次回は、同じような位置付けのPHIピラティスバレルインストラクターもご紹介させて頂きます。

 

 

 

パーソナルトレーナー

野中
—————————————————————————————————-

パーソナルトレーナー野中圭太郎公式ホームページトップへ戻る

パーソナルトレーナーの資格トップへ戻る

スポンサーリンク