パーソナルトレーナーとして成長する為におススメな資格 PHIピラティスバレルインストラクター

パーソナルトレーナーとして成長する為におススメな資格ということで、前回のPHIピラティスプロップスインストラクターと、その前のPHIピラティスマットインストラクターに続いて、今回はバレルインストラクターです。

 

バレルインストラクターの資格は、文字通りですが「バレル」というツールを使った指導をする資格になります。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

バレル(スパインコレクター)とは?

バレルとは、別名「スパインコレクター」と呼ばれるツールです。

スパイン、つまり脊柱(背骨)へのアプローチを行う為のツールです。

ピラティスでは、マットのエクササイズでも脊柱を動かすものが多いですが、脊柱の動かし方として、2つの考え方があります。

それが、エロンゲーションとアーティキュレーションです。

 

バレルを使うと、この2つの感覚も引き出しやすくなりますが、特に分かりやすいのが首(頸部)へのアプローチです。

 

胸鎖乳突筋へのアプローチに効果を発揮するバレル

こちらは、バレルインストラクターの資格コースの説明にあったものの一部を抜粋させて頂きますが、「首のアライメント矯正(特に、胸鎖乳突筋の短縮などによる上位交差症候群)の力は、他のピラティスイクイップメントをはるかにしのぎます。」と書かれていました。

 

ここまで個別具体的に書かれているということは、よっぽど効果的なんだろうと、資格コースを申し込む時に思ったのを覚えています。

実際に資格を取得して思いますが、この表現は間違いなかったと思いますし、私も紹介するなら同じような紹介の仕方をすると思います。

 

前回のプロップスインストラクターの資格の時は、シェイブザヘッドのエクササイズを1つ取り上げました。

肩甲上腕リズムの改善に抜群の効果を発揮しますという事でしたが、同じようにバレルの資格でも、1つエクササイズを取り上げようと思います。

もちろん、胸鎖乳突筋へのアプローチに抜群の効果を発揮するものです!

 

ストレッチウィズバーで胸鎖乳突筋を改善

それが、「ストレッチウィズバー」のエクササイズです。

やり方はまた別途ご紹介しますが、とにかく頸部のアライメント改善に効果的です。

頸部のアライメントの崩れとしては、上位交差症候群、すなわち「猫背」が圧倒的に多いです。

猫背には、胸椎の可動域や骨盤のアライメントなど、色々アプローチすべきことがありますが、個人的には「位置覚」もかなり重要だと思います。

 

ストレッチウィズバーのエクササイズは、この改善にも有効です。

私も、家にバレルを置いてあり(資格のコースを受けると、有料ですがついてきます)、毎日のようにこのストレッチウィズバーをしています。

毎日スマホやパソコンを使うと、どうしても頸部のアライメントは崩れやすいと思います。

そして私は、只今絶対に猫背になってはいけない立場におります(笑)

そんな時に頼りになる、バレルインストラクターの資格。

パーソナルトレーナーとして成長する為におススメな資格です!

 

パーソナルトレーナーの資格一覧はこちら

パーソナルトレーナーの資格の種類一覧を比較解説!
パーソナルトレーナーを目指す時、まず気になるのが「パーソナルトレーナーになるには、どのような資格が必要なのか?」ということだと思います。 私もそうでした。 ところが、現在「パーソナルトレーナーになる為に必要な資格」はあり...

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
パーソナルトレーナーの資格
記事執筆者情報
この記事を書いた人
パーソナルトレーナー中谷圭太郎

東京の東中野・落合にあるパーソナルトレーニングスタジオhc-life代表トレーナー。スタジオ経営、パーソナルトレーニングレッスンの傍ら、公式ブログを中心にトレーニングや健康に関する情報を発信中。

パーソナルトレーナー中谷圭太郎をフォローする
シェアする
パーソナルトレーナー中谷圭太郎をフォローする
東中野・落合のパーソナルトレーナー中谷圭太郎公式ブログ

コメント