鍼灸師の資格とは?鍼灸師の国家試験・合格率・将来性・年収・開業などを解説

 

パーソナルトレーナーの野中です。

 

パーソナルトレーナーにまつわる資格をご紹介しています。

 

パーソナルトレーナーの資格とは異なりますが、近い資格で国家資格である鍼灸師について解説していきます。

 

「鍼灸師」という名前の資格はなく、正式には「はり師」「灸師」「あんまマッサージ指圧師」の3つの資格を合わせて「鍼灸師」と表現します。(あんまマッサージ指圧師は除く場合もあります。)

 

これらの資格は1つの学校で同時に取得可能な資格ですので、併せて取得している人が多く1括りの資格として扱われることが多いです。

 

鍼灸師は国家資格で、医療系国家資格という位置付けです。

 

同じような医療系国家資格に、理学療法士や柔道整復師があります。

 

柔道整復師と鍼灸師の両方の資格を取得している人も多く、その場合鍼灸整骨院として開業することも多いようです。

 

パーソナルトレーナーなどトレーナーで取得している人も多い資格ですので、パーソナルトレーナーに近い資格としてご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

鍼灸師とはどんな資格?はり師・灸師・あんまマッサージ指圧師の3つの資格

鍼灸師とは、はり師・灸師の両方の資格を有する人を指す言葉です。

 

正式な名称として「鍼灸師」という名前の資格はありませんが、はり師・灸師だけで分けて使われることはほとんどなく、鍼灸師という呼び方が一般的です。

 

これには、はり師も灸師も同じ養成学校で受験資格を得られ、また同時に受験すると共通科目が免除されるなど同時に取得するのが基本の資格と言える背景があります。

 

また、こちらは必ず取得しているというのものではありませんが、あんまマッサージ指圧師の資格も同時に取得している方が多いです。

 

このあんまマッサージ指圧師の資格も、同じく養成学校で同時に受験資格を得られる場合が多いです。

 

ただ、あんまマッサージ指圧師の資格はプラスアルファで授業をとる必要があったり、あんまマッサージ師の資格取得はない学科などもありますので、必ずセットという訳ではありません。

 

ちなみに、法的に「マッサージ」をしていいのは、このあんまマッサージ指圧師の資格保有者だけです。

 

世にあるマッサージ屋と思われるお店をよく見ると、マッサージという表記が全く使われていないお店がほとんどです。

 

「ほぐし」「リラクゼーション」などの表記になっていますが、これはあんまマッサージ指圧師以外の人が施術をするのでマッサージという表記が使えない為です。

 

この鍼灸師の資格を保有している人は、国家資格の保有者という位置付けになります。

 

その為、鍼灸師は国家から認められた資格であると言えます。

 

元々は視覚障害者の仕事という意味合いが強かった鍼灸師ですが、現在では視覚障害者の減少もあり特に視覚障害者だけが取得する資格というイメージはないと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

鍼灸師は英語で何という?

鍼灸師とは、日本語の造語のような言葉ですので英訳が少し難しい言葉です。

 

鍼灸師は英語でacupuncturistと訳されることが多いようです。

 

Acupuncture(オキュパンクチャー)が鍼という意味ですので、鍼を打つ人ということでacupuncturistという表記になるようです。

 

その他Acupuncture therapist(オキュパンクチャー セラピスト)という表現もあるようで、これが正しい鍼灸師の英訳という形があるというよりは様々な表記がされることがあるようです。

 

 

スポンサーリンク

鍼灸師になるには?鍼灸師の専門学校の学費とは?

鍼灸師は国家資格ですので、鍼灸師になるには国家試験を受けて合格する必要があります。

 

その鍼灸師の国家試験を受験するには、受験資格を得る必要があります。

 

鍼灸師の国家試験の受験資格を得るには、指定の養成学校に通い卒業資格を得る必要があります。

 

鍼灸師の養成校とは、厚生労働省と文部科学省が定める専門学校や大学です。

 

高卒以上の資格があればこれらの養成校への入学資格が得られます。

 

鍼灸師の養成校は、専門学校であれば3~4年制、大学であれば4年制が一般的です。

 

つまり、鍼灸師になるには次のようなステップがあります。

 

「高校を卒業する」

「鍼灸師の養成校へ入学する」

「鍼灸師の養成校を卒業する」

「鍼灸師の国家試験に合格する」

 

 

このステップを経て、鍼灸師の国家試験に合格すると晴れて医療系国家資格である鍼灸師の資格を取得することができます。

 

ただネックとなるのは、鍼灸師の養成学校に通う期間と学費です。

 

3~4年間は確実に通う必要があり、仮に国家試験に不合格となればもう1年受験勉強が続きます。

 

そして鍼灸師の養成校の学費は1年間150万円弱で、3年間合計で400万円強というところが多いようです。

 

これは3年制の専門学校の話ですので、4年制の大学であればさらに増えます。

 

また、実習などもありますので実質かかる金額はもっと必要です。

 

鍼灸師の養成学校は昼間部と夜間部があるところが多く、日中働いて夜に通う、日中通い夜働くということが可能です。

 

どちらにしろ、簡単に時間もお金も捻出するのは難しいと思いますので、それらを踏まえた上での入学を検討する必要があります。

 

 

鍼灸師の国家試験の合格率とは?

鍼灸師を目指す上で気になるのが、鍼灸師の国家試験の合格率です。

 

当然ですが、鍼灸師の養成校を卒業しても国家試験に合格しなければ鍼灸師の資格は取得できません。

 

鍼灸師の国家試験の合格率は、概ね80%前後と言われています。

 

これは鍼灸師という国家試験ではなく、はり師の国家試験、灸師の国家試験に分かれます。

 

はり師も灸師もどちらも毎年合格率は80%前後という年が多いようです。

 

ちなみに平成27年のはり師の国家試験合格率は73.4%で、平成27年の灸師の合格率は75.0%でした。

 

当然ですが、はり師だけ合格して灸師は不合格というようなパターンもあり得ます。

 

その場合は、翌年に灸師だけ再試験ということになります。

 

また、同時に取得することが多いあんまマッサージ指圧師の国家試験の合格率は、はり師や灸師より少し高く85%前後の年が多いようです。

 

ちなみに、平成27年のあんまマッサージ指圧師の国家試験の合格率は84.3%でした。

 

また、鍼灸師の養成学校としてはこの国家試験の合格率が学生を呼び込むうえで非常に重要な数字です。

 

どの鍼灸師の養成学校に通おうかを考えたときに、国家試験の合格率が高い学校というのは当然人気です。

 

鍼灸師になるために通う学校ですので、それが一番重要な指標という方もいいと思います。

 

その為、極力国家試験の合格率を下げないように、国家試験前の模試で成績が悪い学生は国家試験を受けられないという噂がよくあります。(真偽の程は分かりません)

 

ただ直前の模試で厳しい成績であれば、国家試験を受験しても厳しい結果である可能性は高いと思いますので、鍼灸師の資格取得を目指すのであれば長期スパンでの勉強が必要になると思います。

 

 

鍼灸師の将来性や年収は?鍼灸師には開業権がある!

鍼灸師の資格取得を目指す上で、気になるのは鍼灸師の将来性や年収などだと思います。

 

鍼灸師の資格は国家資格ですので、当然ですがないよりあった方が確実にいいです。

 

ただ鍼灸師の養成学校に通う時間と学費が最大のネックです。

 

それらを踏まえ、鍼灸師の資格取得を検討する必要がありますが、その学費と通う期間の時間を回収できる程のリターンが鍼灸師の資格にあるかと言われると、必ずしもそうなっていない場合も多いようです。

 

鍼灸師の年収は、平均年収.jpのサイトによると469万円となっています。

 

これは、鍼灸師として開業している人も鍼灸治療院でスタッフとして働いている人も全て合わせた平均です。

 

その為、鍼灸治療院でのスタッフは年収350万円~400万円という注意書きが入っています。

 

月収にすると29万円くらいが相場ということになっていますが、個人的にはもっと低いと思います。

 

鍼灸整骨院などのスタッフであれば、月収18~20万円でスタートし、院長などになっても30万円程度というのが一般的な気がします。

 

そして注意すべきは鍼灸師の人数です。

 

鍼灸師の人数は平成26年で50万人以上いると言われています。

 

依然増加傾向のようですので、「鍼灸師の資格を持っているから有利」という認識は危険だと思います。

 

つまり、同じように鍼灸師の資格を保有している人がたくさんいる中で、何か際立つ能力があれば鍼灸師として将来性はあると思います。

 

鍼灸治療院を開業し、年収1,000万円という方もいるようですが、当然逆に上手くいかないという場合もあり得ます。

 

つまり、鍼灸師の資格さえ取れば高い年収が約束され、将来性も良いという訳ではありません。

 

ただ、超高齢化社会を迎え、東京オリンピックなども控えスポーツ・健康産業にも期待される役割は大きいです。

 

そういった意味ではチャンスの多い資格ではあると思います。

 

また、プロスポーツチームなどと契約する場合も医療系国家資格を取得していると有利と言われています。

 

ただ、そういったスポーツチームに就職したくて鍼灸師になった人の人数もまた多いですので、鍼灸師の資格取得=スポーツチームに就職できるではありません。

 

そういった様々な視点で、鍼灸師の資格取得は検討する必要があると思います。

 

 

パーソナルトレーナーの資格はこちらから

 

 

パーソナルトレーナー 野中

スポンサーリンク