パーソナルトレーナーになる方法とは?必要な資格と取得方法の解説

 

パーソナルトレーナーという言葉は、世間にだいぶ浸透してきていると思います。

「マンツーマンレッスンでトレーニングする人」くらいの認識は、かなり高い確率で得られているのではないでしょうか?

 

ただ、パーソナルトレーナーに関する資格の整備は十分とは言えないのが現状です。

そのため、パーソナルトレーナーになる為の方法も少しわかりにくいと言えます。

 

こちらでは、現役のパーソナルトレーナーがパーソナルトレーナーになる方法、パーソナルトレーナーの資格に関して解説していきます。

これからパーソナルトレーナーを目指すという方に、ぜひ参考にしていただければと思います。

 

スポンサーリンク

パーソナルトレーナーになるための資格

まずパーソナルトレーナーになる方法として気になるのが資格だと思います。

大体の職種は、資格を取得して活動できるようになるものです。

 

当然パーソナルトレーナーもそうですので、まずはパーソナルトレーナーの資格を取得します。

・・・となるはずですが、現状パーソナルトレーナーとして活動するために必須の資格はありません。

極論、無資格でもパーソナルトレーナーになることができます。

これは決していいことではありませんが、現状はそうなっています。

 

パーソナルトレーナーの資格はありますが、どれもみ民間資格で国家資格ではありません。

国家資格ではないので、誰がやっても法律上問題ない職種と言えます。

 

似たような仕事で鍼灸師がありますが、鍼灸師は国家資格です。

そのため、国家資格を持っていない人が鍼治療で報酬を得たら違法です。

同じくマッサージ師も国家資格ですので、国家資格保有者しか「マッサージ」として打ち出して活動することができません。

 

よくあるマッサージ屋さんは、「マッサージ」とは書いておらず、「もみほぐし」「リラクゼーション」などの表記になっています。

これらはかなりグレーですが、パーソナルトレーナーに関しては国家資格がないので誰が「パーソナルトレーナー」を名乗っても問題ありません。

 

パーソナルトレーナーになる方法

そのためパーソナルトレーナーになる方法は、「私はパーソナルトレーナーです」と宣言することだけです。

これだけでパーソナルトレーナーになれてしまいます。

 

パーソナルトレーナーは未経験でもなれる?

これも業界では有名な話ですが、ダイエットのマンツーマン指導として有名なライザップの求人では「未経験者歓迎」となっていました。

つまり、未経験でもパーソナルトレーナーになれるということです。

未経験どころか、トレーナー関連の専門学校や大学を卒業している必要もありません。

 

同じような求人は、実は多くあります。

つまり、学校を出ずとも資格を取得せずともパーソナルトレーナーになることが出来てしまいます。

パーソナルトレーナーとしてはかなり問題な現状だと思いますが、未経験者でもパーソナルトレーナーにはなれます。

ライザップの場合は、研修がありますが社内研修です。

わずかな期間の社内研修を経て、現場に出たらもうその人はパーソナルトレーナーになっています。

 

パーソナルトレーナーの活動場所

そんなパーソナルトレーナーの活動場所としては、次のようなものがあります。

 

・フィットネスクラブ(社員・業務委託・アルバイト)

・パーソナルトレーニングジム(個人経営・社員・業務委託・アルバイト)

・出張パーソナルトレーニング(個人経営)

 

大まかにはこのような活動場所になります。

元々は、フィットネスクラブの業務委託がメインでしたが、出張パーソナルトレーニングやパーソナルトレーニングジムなど活動場所が広くなってきました。

 

ライザップのような大型のパーソナルトレーニングジムから、個人経営のパーソナルトレーニングスタジオまでかなり幅が広いです。

 

フィットネスクラブの場合は、社内資格でパーソナルトレーナーになれる場合がほとんどです。

社外の民間資格取得を義務付けている場合もありますが、多くは社内資格だと思います。

フィットネスクラブのアルバイトスタッフでも、社内資格を取得すればパーソナルトレーナーとして活動が可能になります。

 

どの活動場所であっても必須の資格はありませんが、個人経営や出張パーソナルトレーニングなどであれば大体のパーソナルトレーナーは民間資格を取得しているケースがホトンです。

 

パーソナルトレーナーの年収とは

パーソナルトレーナーの年収は、先ほどの活動場所や雇用形態によっても大きく変わります。

フィットネスクラブの場合は、社員兼パーソナルトレーナー、アルバイトスタッフ兼パーソナルトレーナー、業務委託のパーソナルトレーナーなど様々です。

 

社員の場合は固定給の場合が多いと思いますので、パーソナルトレーナーだから大きく増えるという契約は少ないと思います。

アルバイトスタッフは時給の他に、パーソナルトレーニングの何割が報酬に追加されるという契約が多いと思います。

業務委託の場合はパーソナルトレーニングの何割が報酬という契約で、固定収入はないことが多いと思います。

 

その為、業務委託の場合は年収がピンキリになります。

極論、丸1日働いてもパーソナルトレーニングのレッスンがなければ報酬はゼロ円(交通費がマイナス)ですし、数多くのパーソナルトレーニングレッスンがあれば会社員の給料を大きく超えることも可能です。

 

出張パーソナルトレーニングも個人経営のパーソナルトレーニングジムも同様に、会社員の給料を大きく下回る可能性も大きく上回る可能性もあります。

 

私がパーソナルトレーナーとして活動し始めたころは、トレーナー=稼げない仕事と言われていました。

いかにトレーナーとして食べていくか?が直近の課題であったという世界でしたが、今ではパーソナルトレーナーは稼げるらしいと言われることもあります。

かなりの変化ですが、パーソナルトレーナーは稼げるというよりも、上限も下限も大きい働き方と言えます。

 

スポンサーリンク

パーソナルトレーナーが取得すべき資格とは?

パーソナルトレーナーになる方法として資格は必要ないとは言え、取得できる資格はたくさんあります。

民間資格にはなりますが、様々な団体が資格を発行しています。

 

トレーナーが発行する資格や、アメリカに本部がある団体の資格、パーソナルトレーナーに近い資格からパーソナルトレーナーそのものの資格まで種類は様々です。

 

パーソナルトレーナーの資格は、未経験者にはかなり難易度が高い資格もありますが、パーソナルトレーナーにはかなり多くの知識が求められます。

 

人間の筋肉は約600個あり、骨は約200個あります。

それだけでも複雑なことが分かりますが、年齢・性別・怪我の有無・病気の有無・目的・運動能力など様々な要因に合わせてトレーニング内容を決めていきます。

 

「とりあえずビッグ3だけやればOK」なら、未経験者でもすぐできると思います。

 

ただ、「腰椎椎間板ヘルニアの場合はスクワットのどのような動作でどのようなストレスがかかるのか?その原因はどの関節のどの動きがどんな原因で制限されているからか?」などがすぐにわかってそれを修正しないと危険なトレーニングになります。

そのようなリスク管理や効果的なトレーニングのサポートと考えれば、未経験者にとっては難易度が非常に高い資格となるのは当然です。

 

パーソナルトレーナーの資格の種類一覧はこちらで解説しています。

 

繰り返しになるますが、パーソナルトレーナーにとって資格は必須ではありません。

ただ、知識はかなり必要な仕事です。

 

資格は必要ではなくても、資格を取得可能なくらいの知識は必要ですので、勉強を兼ねて資格を取得するのはいいことだと思います。

パーソナルトレーナーという国家資格が出来るのが理想ですが、すぐには難しいと思います。

そのため、パーソナルトレーナーになる側も知識をしっかり付けること、パーソナルトレーナーを選ぶ側も慎重に選ぶ必要があると思います。

 

スポンサーリンク