パーソナルトレーニングで腰痛改善① 腰痛の原因と種類

 

東京・新宿でパーソナルトレーナーをしています、野中です。

 

パーソナルトレーニングで出来ることとして、「腰痛の改善」をご紹介させて頂きました。

 

こちらで腰痛改善についてご紹介させて頂きます。

 

スポンサーリンク

腰痛の原因とは?

まず、腰痛を改善するには腰痛の原因を知らなければなりません。

ところが、「腰痛の原因は厳密にはわかっていない」とする研究も多く、はっきりしないというのが現状です。

 

原因がはっきりしないので、巷では様々な改善方法が流れ、より腰痛の方を混乱させてしまいます。

よく言われる腰痛の改善方法や実際に行われる改善方法は、次のようなものだと思います。

 

・腹筋と背筋を鍛える

・湿布を貼る

・マッサージや整体、カイロプラクティックを受ける

・腰痛体操

・漢方薬

・腰痛ベルトをつける

・マットレスを変える…etc.

 

これら全てが腰痛を改善させるとは言い切れませんが、全く効果が無いとも言い切れません。

 

ただ自己流で腹筋や背筋を鍛えたり、とりあえず湿布を貼っておくよりも、パーソナルトレーニングで腰痛改善を図る方がおススメです。

 

日本整形外科学会が発表している腰痛診療ガイドラインにおいて、「発症から3か月以上経った慢性腰痛に対して、運動療法は効果がある」と記載されています。

 

つまり、運動での腰痛改善は「お墨付き」と言えます。

 

また、腰痛症の原因の約80%は筋肉や筋膜・靭帯や・関節包などが原因とするデータもあります。

 

これも、運動やストレッチをして筋肉のバランスを改善したり、柔軟性を高めたりすることで腰痛の改善に繋がると言えます。

 

スポンサーリンク

 

腰痛の種類は?

では、腰痛の種類とはどのようなものがあるのでしょうか?

 

専門的には、「屈曲型」「伸展型」「回旋型」などの分類がありますが、ここでは分かりやすく分類してみます。

 

1、姿勢が崩れて起こる腰痛

「姿勢」というと、行儀やイメージの問題と考えられがちですが、筋肉のバランスを考える上で重要な指標になります。

人間の身体には600個以上の筋肉があり、それぞれが互いに連携し合って身体を動かしています。

 

ところが、1つの筋肉がたくなったり、弱くなったりするとその筋肉のバランスが崩れます。

1つの崩れが全身に波及していきますので、1つの筋肉の弱化が最終的に姿勢を大きく崩します。

 

正しい姿勢が、最も全身の筋肉のバランスが保たれている状態です。

つまり、姿勢が悪い人は必ず筋肉のバランスも崩れていると言えます。

 

猫背、反り腰など姿勢が悪くて腰も痛い場合は、この姿勢を改善するだけで腰痛の症状緩和が見込めます。

 

姿勢改善は、パーソナルトレーニングが最も得意とするものの一つです。

筋肉のバランスを改善し、姿勢を改善することで腰痛の改善にも繋がります。

 

2、お腹の筋力が上手く働かずに起こる腰痛

腰の骨(腰椎)の周りには骨が少なく、骨格的にはもろい構造となっています。

 

その腰を守る役割を果たしているのが、お腹周りの筋肉です。

 

「コア」「体幹」などと言われる部分にあたりますが、特に重要な部分が「インナーユニット」と言われる筋肉になります。

 

インナーユニットとは、「横隔膜」「骨盤底筋」「腹横筋」「多裂筋」という4つの筋肉で構成されます。

 

この4つの筋肉は呼吸に密接に関わりますので、「呼吸が浅い」「姿勢が崩れて上手く呼吸が出来ていない」などの場合は、この4つの筋肉が弱くなり、腰を守れなくなっているケースが多くあります。

 

つまり、姿勢を改善し、呼吸も改善してこの4つの筋肉を働かせることで腰痛の改善がⅮ出来ます。

 

パーソナルトレーニングでは、

この4つの筋肉が働いているか?

呼吸はしっかり出来ているか?

4つの筋肉の周りにある他の「体幹」「コア」の筋力は十分か?

などを詳しくチェックをしていきます。

 

そして、弱くなった筋肉を鍛え、しっかり腰を守れるようになることで腰痛を改善していきます。

 

スポンサーリンク

腰痛の原因のまとめ

腰痛の原因は「はっきりわからない」と言えますが、運動は有効とも言えます。

 

パーソナルトレーニングで腰痛につながるであろう筋肉のバランス・姿勢のゆがみ・呼吸の崩れを詳しくチェックし、これらを改善することで、腰痛の改善が見込めます!

 

ただし、「腰椎椎間板ヘルニア」「腰椎分離症」「腰椎すべり症」といった原因がはっきりしているものは一度病院で診察を受けることをお勧めします。

 

一度病院で見てもらい、医師の運動の許可を得てからパーソナルトレーニングをスタートさせることが、正しい順序と言えます。

 

 

次回は、パーソナルトレーニングで腰痛を改善する流れをご紹介します。

パーソナルトレーニングで腰痛改善②腰痛改善の流れ

 

パーソナルトレーナー 野中圭太郎

 

スポンサーリンク