パーソナルトレーナーとは?パーソナルトレーナーはパーソナルトレーニングの指導者

 

「パーソナルトレーナー」という言葉は徐々に市民権を得ていると思いますが、まだまだパーソナルトレーナーについて詳しく知っている方は少ないと思います。

 

こちらでは「パーソナルトレーナーとはどんな人?」ということをご紹介します。

 

パーソナルトレーナーに関する疑問やパーソナルトレーナーが行うパーソナルトレーニングでできること、パーソナルトレーナーになる方法などをご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

パーソナルトレーナーとはどんな人?パーソナルトレーニングを行う運動指導者

パーソナルトレーナーとは、マンツーマンで行うトレーニングサービスである「パーソナルトレーニング」を行う運動指導者です。

 

パーソナルトレーニングとは、お客様の身体の状態をカウンセリングや評価を元に把握しオーダーメイドのプログラムでマンツーマンのトレーニングを行います。

 

パーソナルトレーナーはお客様の状態に合わせてトレーニングを行うので、お客様の身体の状態を正確に把握する為の様々な知識や技術が求められる身体の専門家です。

 

身体の事を知る為の機能解剖学、運動生理学、バイオメカニクスなどの知識やカウンセリングを行う為の心理学、栄養指導の為の栄養学など幅広い分野の知識や技術が求められます。

 

パーソナルトレーニングを受けるお客様は、アスリートから一般の健康の為に運動をしている方、怪我を抱えていてリハビリをしたい方、肩こりや腰痛など身体の不調を改善したい方、ダイエットをしたい方など様々です。

 

パーソナルトレーニングは老若男女を問わず、怪我の有無、運動経験の有無も問わないので、パーソナルトレーナーはそれらすべてに対応できなければなりません。

 

高度なことが要求されるパーソナルトレーナーですが、現状日本ではパーソナルトレーナーの国家資格などはなく、民間資格があるのみです。

 

その民間資格も必須の資格ではなく、パーソナルトレーナーの良し悪しの判断は非常に難しいのが日本の現状と言えます。

 

スポンサーリンク

 

パーソナルトレーナーになるにはどうすればいい?パーソナルトレーナーの資格とは?

パーソナルトレーナーになるには、本来は国家資格のようなものが必要であるべきです。

 

先程もありましたが、パーソナルトレーナーは身体に関わる専門家です。

 

ところが現状日本では明確なパーソナルトレーナーの資格はありません。

 

民間資格は多数ありますが、それも必須ではありません。

 

そして民間資格を取得しているパーソナルトレーナー=すごいパーソナルトレーナーという訳ではなく、学生でも資格取得が可能なものが多いです。

 

つまり、日本でパーソナルトレーナーになる方法は、「私はパーソナルトレーナーです!」と言えば終わりです。

 

極端に言ってしまえば、これがパーソナルトレーナーになる方法です。

 

ただ、やはりパーソナルトレーナーには専門的な知識や技術が求められますのでそれだけではだめです。

 

パーソナルトレーナーの資格は、パーソナルトレーナーになる為に必須ではありませんがパーソナルトレーナーとして成長する為に必要な資格が多数あります。

 

ただこれはあくまでパーソナルトレーナー目線のもので、パーソナルトレーナーを選ぶ側のお客様からしたらどんな基準でパーソナルトレーナーを選べばいいかはよくわかりません。

 

スポンサーリンク

パーソナルトレーナーに関する疑問!パーソナルトレーナーの選び方

パーソナルトレーナーの選び方は、パーソナルトレーナーになる方法から考えて資格でパーソナルトレーナーを選ぶのは現実的ではありません。

 

ただ年齢が上、キャリアが長いだけでもパーソナルトレーナーの選び方としては不十分です。

 

パーソナルトレーニングの料金でも、高ければ必ずいいパーソナルトレーナーとも限らず、安ければ必ず悪いパーソナルトレーナーとも言えません。

 

パーソナルトレーナーの選び方と言っていいかは分かりませんが、まずは体験レッスンを受けるのがおすすめです。

 

初回の体験レッスンで、パーソナルトレーナーはお客様に必ずカウンセリングと評価を行います。

 

評価とは、身体の状態のチェックです。

 

姿勢や動きのクセ、筋力や柔軟性などを細かく分析することで身体の状態が分かります。

 

そしてそれを元にした体験レッスンを行えば、少しのトレーニングでも十分身体の変化が感じられるはずです。

 

パーソナルトレーナーの説明が分かりにくい、話しを聞いてくれている感じがしない、体験レッスンを受けても身体が何も変わらなかった、などの場合はそのパーソナルトレーナーは合わないと判断した方がいいです。

 

逆に、パーソナルトレーナーの説明がとてもわかりやすい、少しのトレーニングですぐに効果が出た、今後のパーソナルトレーニングのプランが分かりやすくこれなら身体が変わりそうという場合はぜひそのままパーソナルトレーニングを継続しましょう。

 

初回のレッスンだけ悪くてあとは良いということも、初回のレッスンだけよくてあとは悪いということも現実的には考えにくいです。

 

パーソナルトレーナーの選び方としては、まずは体験レッスンを受けるのが一番早いと思います。

 

パーソナルトレーニングとは?

 

スポンサーリンク