パーソナルトレーニングはどんな年齢の方が対象?

 

こんばんは

 

東京・表参道でパーソナルトレーナーをしています、野中です。

 

今回は、パーソナルトレーニングを受ける方の年齢層についてです。

 

 

スポンサーリンク

老若男女のパーソナルトレーニング

 

 

結論から言えば、年齢はいくらでも適応可能です。

 

私の経験で言えば、一番低くて小学校2年生、一番高くて90歳(大正生まれ)の方のパーソナルトレーニングを担当させて頂いたことがあります。

 

もっと下、もっと上の方も担当したことがある方もいらっしゃると思います。

 

 

それは、以前お伝えさせて頂いた、パーソナルトレーニングのメリット・デメリットから考えれば、当然と言えば当然です。

 

 

ただ、年齢に応じて考えなければならないこともあります。

 

スポンサーリンク

 

小学生のパーソナルトレーニング

 

小学生でも、パーソナルトレーニングは有効だと思いますが、注意点もあります。

 

まず、小学生がパーソナルトレーニングを受ける場合は、子供から受けたがるということは、ほとんどないと思います。

 

 

小学生が受ける場合は、「親」が受けさせたいということが、一番だと思います。

 

もちろん、それ自体は素晴らしいことですが、子供が好き好んできていないケースもあります。

 

その為、小学生など小さい子供の場合は、「楽しく」ないと続きません。

 

ひたすらに楽しくですが、パーソナルトレーニングのメリット・デメリットでもあったように、楽しくの場合は「グループレッスン」の方が有効かもしれません。

 

ただ、パーソナルトレーニングでも、遊び要素を交えて楽しさに比重を置くことも可能です。

 

もちろん、効果的・安全というメリットを活かしたままですが。

 

 

最近は、「体育の家庭教師」などもあるようですので、今後も子供のパーソナルトレーニングは増えていくと思いますし、そうなるとパーソナルトレーナーとしても嬉しいですね!

 

 

スポンサーリンク

高齢者のパーソナルトレーニング

 

こちらのリスクは何といっても、「安全性」です。

 

高齢者の方全員という訳ではないですが、大小の差はあれ、何らかの「既往歴」があるはずです。

 

パーソナルトレーニングでは、オーダーメイドで出来る為、安全性は高いですが、リスクがゼロなわけではありません。

 

運動をするならば、ケガのリスクはゼロにはなりませんし、疾患や既往歴があれば、そのリスクは当然増えます。

 

私は、高齢者の方のパーソナルトレーニングでは、特に「安全性」と「効果」の順番を意識します。

 

この2つは相反すると言えば言い過ぎかもしれませんが、高い効果を狙う場合、リスクが伴う場面も少なくありません。

 

「効果を狙えばやりたいが、少しリスクもある」

 

という場合は、高齢者の場合は確実に「安全性」をとります。

 

かなり石橋を叩くような場合でも、基本は安全性をとります。

 

その為、長期間で少しずつ改善という方向性になりますが、リスク管理を考えると、そちらが一番だと思います。

 

逆に、若くて働き盛りの方ですと、忙しい場合が多いので、「短期間で詰めて改善。その後はメンテナンスがてらたまにお越し頂く」という場合もあります。

 

 

 

どのような場合でも、お客様の既往歴や運動レベル・仕事の忙しさや性格などに、合わせて行えるのが、パーソナルトレーニングのメリットですので、それを最大限活かせば、子供から高齢者まで利用できる、素晴らしいコンテンツだと思っています!

 

 

 

パーソナルトレーナー

野中
—————————————————————————————————-

パーソナルトレーナー野中圭太郎公式ホームページ

パーソナルトレーナー向けセミナー情報はこちら

スポンサーリンク