パーソナルトレーニングで得られる効果「脚やせダイエット」で太もも・ふくらはぎを細くする方法

 

パーソナルトレーナーの野中です。

 

パーソナルトレーニングで得られる効果をご紹介しています。

 

パーソナルトレーニングで得られる効果にスタイル改善がありますが、その中でも女性が気になる部位に脚があります。

 

脚では範囲が広いですが、太ももやふくらはぎを細くしたい方が多いです。

 

「脚やせダイエット」という表現では語弊があるかもしれませんが、パーソナルトレーニングで脚のラインを整えて太ももやふくらはぎを細くすることが出来ます。

 

特に、ダイエットには成功して体重は減ったのに脚だけ細くならない、元々体重はそんなに多くないのに脚だけ細くならないという方にはトレーニングで脚のラインを改善することがおすすめです。

 

 

スポンサーリンク

パーソナルトレーニングで「脚やせダイエット」が可能な理由

パーソナルトレーニングでは「脚やせダイエット」が可能です。

 

脚やせダイエットというと、少し語弊があるかもしれませんので詳しく解説していきます。

 

基本的には人間の身体では「部分痩せ」は出来ないとされています。

 

これは、部分的に脂肪が無くなることは難しいということです。

 

その為、「お腹だけ脂肪をなくして欲しい」「脚だけ脂肪をなくして欲しい」ということは人間の身体の仕組みとして難しいということです。

 

それでも、部分痩せに成功したという人はいます。

 

その理由は、部分的に脂肪が減ったのではなく特定の部位が引き締まったからだと考えられます。

 

人間の身体には200個ほどの骨と600個ほどの筋肉があります。

 

そのすべてがしっかり働けば身体のバランスはいいですが、ほとんどの場合はこのバランスが崩れます。

 

筋肉のバランスが崩れる状態は、硬すぎる筋肉(柔軟性が低下した筋肉)と弱すぎる筋肉(機能していない筋肉)によって生まれます。

 

この機能していない筋肉が、いわゆる「たるみ」に繋がります。

 

この筋肉のバランスを改善し、たるみを改善することで部分的な引き締めが可能になります。

 

これが、「部分痩せ」と思われているものの実際だと思います。

 

つまり、部分的に脂肪が消えなくても筋肉のバランスを整えれば部分痩せの効果は得られると言えます。

 

この筋肉のバランスを整えるのに、パーソナルトレーニングは向いています。

 

筋肉のバランスが崩れた状態は、主に弱い筋肉と硬い筋肉に分かれます。

 

弱い筋肉を鍛えるのが運動です。

 

筋トレ、体幹トレーニング、ヨガ、ピラティスなど多くの運動がありますが、これらは鍛えることがメインです。

 

硬い筋肉を緩めるのには、ストレッチやマッサージなどが有効です。

 

つまり、トレーニングだけやストレッチだけで筋肉のバランスを改善するのは難しく、両方を行うことで効果的に筋肉のバランス改善が出来ます。

 

その両方をパーソナルトレーニングでは行えます。

 

ストレッチで硬い筋肉を緩めて、それから筋肉を鍛えるトレーニングをすることで、効果的な「脚やせダイエット」が出来ます。

 

スポンサーリンク

 

パーソナルトレーニングで太ももを細くする方法

では具体的にパーソナルトレーニングで「脚やせダイエット」をする方法をご紹介します。

 

まずは、多くの方が気になる太ももを細くする方法です。

 

太ももの筋肉には、大きな筋肉があります。

 

色々な筋肉がありますが、大まかに分類すると太ももの内側・外側・前側・裏側の4つに分類できます。

 

この4つのエリアの筋肉がしっかり働いていれば太ももは細くなりますが、多くの場合バランスが崩れています。

 

人によってバランスの崩れ方は異なりますが、大体の崩れるパターンはあります。

 

多くの場合、太ももの外側の筋肉と前側の筋肉を使い過ぎて硬くなっています。

 

そして、太ももの裏側の筋肉と内側の筋肉が弱ってたるんでいることが多いです。

 

この崩れたバランスを改善することで、太もものたるみも減って張りも減ります。

その結果、太ももが細くなるというのがパーソナルトレーニングで太ももを細くする方法です。

 

具体的には、太ももだけでなくお尻の筋肉や足首の問題も関係してきます。

太ももの筋肉のバランスが崩れる場合は、お尻の筋肉が機能していない場合が多いです。

 

日本人の多くは座っている時間が異常に長くなっており、その結果お尻の筋力は衰えています。

お尻の筋肉は身体の中で特に大きく強い筋肉です。

 

その筋肉が働かないと、代わって太ももの筋肉に過度な負担がかかります。

太ももを細くするには、お尻のトレーニングが必須と言えます。

 

 

スポンサーリンク

パーソナルトレーニングでふくらはぎを細くする方法

パーソナルトレーニングでふくらはぎを細くするには、大きく3つの方法があります。

 

1つは筋肉のバランス改善です。

 

これは太ももを細くする方法と同じで、ふくらはぎの筋肉のバランスを改善することが重要です。

 

太もも程はっきりバランスが崩れることは少ないですが、ヒールの影響などでふくらはぎの前側の筋肉がバキバキに硬くなっている人は多いです。

 

2つ目は姿勢の改善です。

 

長時間座っていることや運動不足、スマホやパソコンの普及など様々な理由で、多くの日本人は姿勢が崩れています。

 

その姿勢の崩れの中で、ふくらはぎの筋肉に過度な負担がかかる姿勢の崩れが多いです。

 

この姿勢はスウェイバック姿勢と呼ばれ、骨盤が前方へスライドするような姿勢です。

 

お腹を自分で突き出すような姿勢ですので、同時にお腹も出てしまいます。

 

この姿勢は、本来姿勢を支えるメインの筋肉であるお尻の筋肉に力が入らず、代わりにふくらはぎに過度な負担がかかります。

 

この姿勢を続けていると、ふくらはぎがパンパンに張って太くなります。

 

姿勢は気を付けて直すものではなく、筋肉のバランスを改善して勝手に良くなるものです。

 

この姿勢改善もふくらはぎを細くする方法の1つです。

 

3つ目は、足のむくみの改善です。

 

ふくらはぎは第2の心臓とも言われ、心臓から来た血を心臓に返す役割を担っています。

 

その心臓に血を返さなくなると、老廃物が溜まります。

 

これが足のむくみです。

 

ふくらはぎはその場で数センチ細くすることが可能ですが、それはほとんどこのむくみが改善された効果です。

 

ただし、その効果はすぐ戻りやすいですのでむくまないような状態を作っていくことが大事です。

 

パーソナルトレーニングで脚のむくみを改善する方法

この足のむくみもパーソナルトレーニングで改善できます。

 

パーソナルトレーニングで足のむくみを改善する方法は大きく2つです。

 

1つはストレッチです。

 

これは、単純にたまった老廃物を押し流す効果が期待できます。

 

脚がかなりむくんでいた人は、1回のパーソナルトレーニングで数センチふくらはぎが細くなることもあります。(相当むくんでいた場合ですが…)

 

その場合は、このストレッチで脚のむくみが減ったのがほとんどです。

 

2つ目はふくらはぎの筋力を強化する方法です。

 

ふくらはぎの筋肉は、ミルキングアクションという動きで老廃物を自ら押し流しますが、ふくらはぎの筋力が弱いとその力も落ちます。

 

つまり、老廃物を押し流す力が弱いのでどんどん老廃物が溜まるイメージです。

 

そうなると、どれだけマッサージやストレッチでケアしても元通りになります。

 

ストレッチで短期的な効果を出しつつ、ふくらはぎトレーニングで元に戻らないようにしていくことが足のむくみ改善にはおすすめです。

 

食事改善+スタイル改善で無理なくダイエット!

このような流れで「脚やせダイエット」をしていくと、脚が細くなっていきます。

 

どうしてもダイエットというと、無理な食事制限などで体重を落とすことが目的になりがちです。

 

もちろん過度な体重であれば減らす必要がありますが、多くの日本人女性は適正体重以上に体重を落とそうとする傾向が強いです。

 

この適正体重以上に痩せようとする理由がスタイルの崩れだと思います。

 

これ以上痩せなくてもいいですよというと、返ってくることが多い答えが「でもお腹が出ている」「でも脚が太い」などの理由です。

 

つまり、体重を減らす=引き締まるというのが勘違いになっています。

 

ある程度の体重であれば、スタイル改善の為のストレッチやトレーニングをしていくことでたるんだお腹や太ももは引き締まります。

 

理想のスタイルを手に入れるには、食事改善を中心としたダイエットで適正体重を保ち、スタイル改善の為のストレッチやトレーニングで引き締まった身体を手に入れることがおすすです。

 

パーソナルトレーニングでは、ダイエットの為の食事指導、スタイル改善の為のストレッチ、スタイル改善の為のトレーニングが全て同時に行えます。

 

段階によって必要なものの比率が変わっていきますので、比率を変えながら脚やせダイエットを進めていくことがおすすめです!

 

スポンサーリンク