陸上男子100メートル・桐生祥秀選手、右脚アクシデントで3位もリオ五輪内定。過去には右太もも裏肉離れの怪我

※追記あり

 

パーソナルトレーナーの野中です。

 

陸上男子100メートルのリオ五輪代表選考会を兼ねた日本選手権が行われました。

 

注目は9秒台を狙える3選手、桐生祥秀選手・ケンブリッジ飛鳥選手・山県亮太選手。

 

結果はケンブリッジ飛鳥選手が10秒16で1位、2位は山県亮太選手で10秒17、3位が桐生祥秀選手で10秒31となりました。

 

この結果、ケンブリッジ飛鳥選手がリオ五輪内定。

 

既に派遣標準記録を突破していた桐生祥秀選手もこの日本選手権で8位に入ることが内定条件だったため、桐生祥秀選手もリオ五輪内定です。

 

男子100メートルはもう1枠あり、山県亮太選手が選ばれる可能性が高いので、3名揃ってリオ五輪に出場見込みです。

 

北京五輪以来のリレーでメダルも期待できます!

 

右足の怪我で欠場したサニブラウン・ハキーム選手がいないのが残念でしたが、それでもリオ五輪での期待が高まります。

 

そんな中気になるのが桐生祥秀選手です。

 

この100メートル決勝で、右脚にアクシデントがあったようです。

 

詳細は発表されていませんが、過去には右太もも裏の肉離れの怪我をしていることもあり心配なニュースです。

 

 

スポンサーリンク

桐生祥秀選手は右足けいれんで途中失速。桐生祥秀選手の右足の怪我の状態は?

桐生祥秀選手はリオ五輪代表選考会を兼ねた日本選手権決勝で、9秒台の期待がかかっていました。

 

スタートはよかったものの、中盤から失速。

 

原因は右足を踏み外したようで、右足にけいれんがあったようです。

 

無理をすれば重大な怪我になる可能性がありセーブして走ったとのことです。

 

中盤でライバルのケンブリッジ飛鳥選手・山県亮太選手に置いていかれて結果は3位。

 

しかし大事に至らなければ、リオ五輪は内定するので無理をしなかった選択は正しかったと言えそうです。

 

とはいえ、敗戦後のインタビューでは悔し涙を流すなど桐生祥秀選手のショックは大きそうです。

 

桐生祥秀選手の右足の状態は公表されていませんが、コーチによると状態はわからないもののトレーナーがチェックしたところ肉離れなど大事には至っていないとのことです。

 

MRI検査などの精密検査をしていないので怪我の詳細は分かりませんが、過去の怪我が心配です。

 

 

スポンサーリンク

 

桐生祥秀選手は2015年に右太もも裏肉離れの怪我で世界選手権を欠場

桐生祥秀選手は2015年5月の練習中に右太もも裏を負傷しました。

 

精密検査の結果、右太もも裏肉離れの怪我で全治は6週間と診断されました。

 

太もも裏の筋肉は通称ハムストリングスと呼ばれ、肉離れの怪我が非常に多い筋肉です。

 

ハムストリングス肉離れの怪我は急激にダッシュをした際に起こりやすい怪我ですので、陸上100メートル走などのスプリント種目に多い怪我と言えます。

 

このリオ五輪代表選考会を兼ねた日本選手権をサニブラウン・ハキーム選手が欠場していますが、サニブラウン・ハキーム選手は「左大腿部違和感」の為欠場と発表されています。

 

サニブラウン・ハキーム選手も桐生祥秀選手と同じようなハムストリングス肉離れの怪我の可能性があります

 

このハムストリングス肉離れの怪我の厄介なところは再発が多い怪我というところです。

 

つまり、一度ハムストリングス肉離れの怪我をしている桐生祥秀選手は、再度このハムストリングス肉離れの怪我をしやすいと言えます。

 

そうなると心配なのは桐生祥秀選手がリオ五輪に出場できるのか?というところです。

 

 

スポンサーリンク

桐生祥秀選手はリオ五輪に出場できる?右太もも裏肉離れの怪我であればリオ五輪欠場の可能性も

桐生祥秀選手の右足の状態が全く発表されていませんので、まだどうなるかは分かりません。

 

ただ足をつっただけであれば、特に問題なくリオ五輪に向けた調整のプランも変わらないと思います。

 

もし右太もも裏肉離れの怪我であったり、肉離れの手前のような症状であれば、リオ五輪に向けた調整プランが狂ったり、最悪リオ五輪欠場の可能性も出てきます。

 

右太もも裏肉離れの怪我であれば、程度にもよりますが全治で1~2ヶ月かかる可能性があります。

 

リオ五輪の男子100メートル予選は8月13日です。

 

リオ五輪最終選考会で桐生祥秀選手の右足にアクシデントがあったのが6月25日ですので、この時点で全治1か月の怪我であれば、調整としては絶望的な状態です。

 

最悪走れたとしてもリオ五輪という世界的な舞台に立てる準備は難しいと思います。

 

右足の状態がちょっとした炎症で1週間ほどのスロー調整で済めば、どうにかなると思います。

 

桐生祥秀選手は7月にレースに出る予定だったが、状況を見ながらになるとコーチがコメントしています。

 

正直怪我の状態がわからないので、リオ五輪欠場から大したことがないレベルまでかなり幅が広いです。

 

サニブラウン・ハキーム選手に続いて桐生祥秀選手までリオ五輪欠場となると、非常に残念です。

 

桐生祥秀選手の怪我が軽症であることを願いましょう!

 

8/20追記

リオ五輪陸上男子400メートルリレーで、桐生祥秀選手も出場した日本チームは銀メダルを獲得しました!

桐生祥秀選手は個人100メートルでは予選落ちでしたが、400メートルリレーでは3番手で走り見事銀メダル獲得に貢献しました!

 

 

パーソナルトレーナー 野中

スポンサーリンク