ゴルフ松山英樹選手がリオ五輪代表辞退を表明!ジカ熱とブラジルの治安への不安がリオ五輪代表辞退理由

 

パーソナルトレーナーの野中です。

 

リオ五輪がいよいよ来月に迫ってきましたが、ゴルフから残念なニュースです。

 

リオ五輪でゴルフ競技は112年ぶりに正式種目として採用されて注目されていましたが、日本のトッププロゴルファーが代表辞退となりました。

 

松山英樹選手だけではなく、海外のトッププロゴルファーもリオ五輪出場辞退が相次いでいます。

 

 

スポンサーリンク

松山英樹選手がゴルフリオ五輪日本代表を辞退した理由はジカ熱とブラジルの治安不安とコメント

松山英樹選手は7月4日に、リオ五輪代表出場辞退を正式に表明しました。

 

松山英樹選手のリオ五輪出場辞退に関するコメント全文が公開されています。

 

この中で松山英樹選手は大きく2つのリオ五輪出場辞退理由を挙げています。

 

1つは「ジカ熱」。

 

リオ五輪開催地のブラジル・リオデジャネイロでは、「ジカ熱」という感染症が流行しています。

 

ジカ熱とは、蚊によって媒介されるジカウィルスによる感染症です。

 

ジカ熱は日本では馴染みが薄いですが、日本人にも感染報告例はあります。

 

ジカ熱は主に南米で流行していて、リオ五輪では出場選手だけでなく観戦者にも注意喚起がされています。

 

ジカ熱そのものの感染で健康な成人が死亡することは稀ですが、免疫機能がかなり低下している場合などは死亡に至る可能性もあるそうです。

 

特に妊娠後期の女性は注意が必要で、胎児がジカ熱に感染して小頭症児が多発しています。

 

ジカ熱の症状としては発熱・関節痛・関節炎・結膜充血・頭痛・下痢・嘔吐などがあり、もしリオ五輪期間中にジカ熱に感染したら、リオ五輪でまともなパフォーマンスを発揮することは不可能です。

 

松山英樹選手のリオ五輪出場辞退のもう1つの理由は、ブラジル・リオデジャネイロの治安です。

 

銃撃戦が起こるのは日常的で、クレー射撃日本代表の中山由起選手がプレ大会でリオデジャネイロを訪れた際に銃撃戦を目撃するというニュースがありました。

 

その他観光客が襲われる事件も多発し、観光客を狙ったスリや強盗などが多発しています。

 

元々リオデジャネイロにはスラム街が多々あったそうですが、リオ五輪を前に治安部隊が派遣されて改善しているとのことですが、居場所を失ったギャングなどが観光客を狙っているとのことです。

 

ジカ熱とリオデジャネイロの治安問題で、文字通り命がけでリオ五輪出場と言っても過言ではないと思いますので、松山英樹選手のリオ五輪出場辞退表明を受けても特に批判などはなさそうです。

 

サッカーではU-23リオ五輪日本代表メンバーとバックアップメンバーが発表されるのなど盛り上がりを見せていますが、ゴルフではリオ五輪出場辞退の話題が主で、谷原秀人選手もリオ五輪出場辞退を検討しているそうです。

 

 

スポンサーリンク

松山英樹選手は虫刺されに極度に強い反応が出る?化膿により何度も満足にプレーできず

松山英樹選手のリオ五輪出場辞退理由の1つであるジカ熱ですが、松山英樹選手が特にジカ熱を警戒する理由があります。

 

これも松山英樹選手のリオ五輪出場辞退コメントでありましたが、松山英樹選手は元々虫刺されに極度に強い反応が出ることがあり、虫に刺されたところが化膿して満足にプレーが出来ないことが何度もあったそうです。

 

ゴルフという競技の特性上、自然の中でラウンドを回るので蚊に刺されやすい環境と言えますので松山英樹選手はこのような蚊に刺された後の化膿に悩まされながらゴルファーとしてプレーし続けているそうです。

 

これがただの虫刺されではなくジカウィルスの感染となった場合は、他の人よりも強い症状が出る可能性は十分あります。

 

こういったところも、松山英樹選手がリオ五輪出場辞退に至った理由だと思います。

 

 

松山英樹選手以外にも男子ゴルフは代表辞退が続出。ジカ熱と治安の問題だけではなくPGAツアーの過密日程もリオ五輪自体の理由か

松山英樹選手のリオ五輪出場辞退理由は「ジカ熱」と「リオデジャネイロの治安」と公式コメントで発表していますが、また違う理由でリオ五輪出場を辞退している海外選手もいます。

 

最初にリオ五輪出場辞退を表明したのは、オーストラリアのアダム・スコット選手です。

 

アダム・スコット選手のリオ五輪出場辞退理由は「リオ五輪よりもメジャータイトル獲得を優先したい」とのことです。

 

ゴルフトーナメントは過密スケジュールで、年間を通して常に試合があります。

 

そしてランキング制ですので、欠場すればランキングが下がっていきます。

 

これはテニスも同じ問題を抱えていますので、大会を絞って参戦する場合にオリンピックを削るという選択肢もあります。

 

マイナースポーツでは考えられないですが、競技によってオリンピックの位置付けが全く違います。

 

松山英樹選手はPGAツアーの過密日程やメジャータイトル優先といったことはリオ五輪出場辞退理由として言っていません。

 

他の海外選手もジカ熱などを理由にリオ五輪出場を辞退していますが、本音では「ツアー優先」という選手もいるかもしれません。

 

野球のWBCでも同じような問題があり辞退選手が多かったですが、大きな国際大会特有の問題と言えるかもしれません。

 

 

さらに最近ではジカ熱だけではなく、豚インフルエンザの流行も報告されているリオデジャネイロ。

 

リオ五輪は本当に大丈夫なのか?という心配の声が広がっています。

 

7/18追記

ゴルフだけでなくテニスでもジカ熱によるリオ五輪出場辞退選手が続出しています。

 

テニスもゴルフと同じくポイントによるランキングやグランドスラムの影響もあり、問題の背景は同じだと思います。

 

 

パーソナルトレーナー 野中

スポンサーリンク