広島カープ・大瀬良大地投手、右肘内側側副靭帯損傷の怪我から復帰へ!7月20日中日ドラゴンズ戦で先発復帰登板予定!

 

パーソナルトレーナーの野中です。

 

2016年セリーグを独走状態で前半を折り返した広島カープに、さらなる戦力が帰ってきます!

 

広島カープの大瀬良大地投手が右肘内側側副靭帯損傷の怪我から復帰し、7月20日の中日ドラゴンズ戦に先発で復帰登板予定です。

 

実は前半戦独走していた広島カープですが、大瀬良大地投手は登板なし、福井優也投手は不調で2軍落ち、エルドレッド選手も右大腿二頭筋筋挫傷の怪我で登録抹消と決して万全な状態ではありませんでした。

 

後半戦は怪我人が復帰してさらに独走態勢が加速しそうですが、その怪我人復帰の目玉が大瀬良大地投手です。

 

 

スポンサーリンク

大瀬良大地投手は右肘内側側副靭帯損傷の怪我の影響で2軍調整が続いていた

大瀬良大地投手は2016年春キャンプ中に右肘を痛めた影響で、2軍調整が続いていました。

 

大瀬良大地投手の怪我は「右肘内側側副靭帯損傷」の怪我でした。

 

この怪我は当初はもっと軽い怪我と思われていましたが、結果的に復帰まで5カ月かかってしまいました。

 

右肘内側側副靭帯とは肘を守る強い靭帯で、この靭帯が断裂してしまえば投手生命に関わります。

 

この肘内側側副靭帯が断裂した場合の再建手術が、あの有名なトミー・ジョン手術です。

 

トミー・ジョン手術は、内側側副靭帯が完全に断裂していなくても部分断裂で手術となる場合があります。

 

今季トミー・ジョン手術から復帰したダルビッシュ有投手は内側側副靭帯の断裂ではなく部分断裂でトミー・ジョン手術を受けています

 

つまり、大瀬良大地投手の怪我は下手したらトミー・ジョン手術で復帰まで1年以上かかっていた可能性もある怪我でした。

 

怪我した当初はあまりニュースになっていませんでしたが、復帰までかなり時間がかかりましたので、恐らくトミー・ジョン手術の選択肢も浮かぶ状況であったと思います。

 

大瀬良大地投手はトミー・ジョン手術を回避し、2軍で調整を続けていました。

 

実戦復帰前に腰を痛めるなど、なかなか調整はスムーズにはいっていなかったようですが、5月2日のウエスタンリーグ・阪神タイガース戦で実戦復帰し、その後は5試合に登板。

 

1勝0敗で防御率は3.20、球速は最速140キロ後半まで戻り、徐々に調子を取り戻していきました。

 

チーム状況も抜群に良かったので、無理に1軍に上がる必要は無かったのか、万全を期してオールスター明けの後半戦から1軍復帰登板となりそうです。

 

 

スポンサーリンク

 

大瀬良大地投手は7月20日の中日ドラゴンズ戦で2016年初登板!先発登板で復帰へ

大瀬良大地投手の復帰登板は7月20日の中日ドラゴンズ戦と言われています。

 

大瀬良大地投手は、2015年シーズン後半から中継ぎに配置転換されていました。

 

この中継ぎでの酷使が今回の右肘内側側副靭帯損傷の怪我に繋がった可能性は大いに考えられますが、断定は出来ません。

 

内側側副靭帯損傷の怪我は、過去からの靭帯へのストレスの積み重ねがある点で限界に達して起こります。

 

その昨シーズンの中継ぎでの酷使が原因か、マエケンこと前田健太投手がメジャー移籍で抜けたのが原因か、大瀬良大地投手は2016年からは先発へ再転向と言われていました。

 

その矢先の春キャンプで右肘内側側副靭帯損傷の怪我を追ってしまいました。

 

ですので、大瀬良大地投手の中日ドラゴンズ戦での復帰登板は、怪我からの復帰登板であり、2016年初登板であり、中継ぎから先発へ再転向後の初登板でもあります。

 

 

スポンサーリンク

大瀬良大地投手の復帰で後半戦の先発ローテーションは?緒方監督は後半戦のキーマンに大瀬良大地投手と福井優也投手を指名!

大瀬良大地投手が復帰登板を果たせば、広島カープの先発ローテーションはさらに強固となります。

 

広島カープの前半戦最後の先発ローテーションは、野村祐輔投手、ジョンソン投手、黒田博樹投手、戸田隆矢投手、岡田明丈投手、中村恭平投手でした。

 

基本はここから中村恭平投手が外れた5人で回し、合間に中村恭平投手が入るような感じでした。

 

さらに広島カープは福井優也投手が先発ローテーションを外れて2軍調整中でしたが、大瀬良大地投手と同じく後半戦から1軍復帰予定のようです。

 

緒方監督は後半戦のキーマンに大瀬良大地投手と福井優也投手をしています。

 

確かにこの2投手が先発ローテーションに入り、実力通りの力を発揮しれば問題ないですね。

 

広島カープの後半戦は6連戦が続くので、恐らく先発ローテーションは6人制です。

 

そうなると野村祐輔投手、黒田博樹投手、ジョンソン投手は確定で、ここに大瀬良大地投手と福井優也投手が入り、6枠目に戸田隆矢投手か岡田明丈投手でしょうか?

 

7/21追記

戸田隆矢投手は左手関節靭帯部分損傷の怪我で、24日の阪神タイガース戦の先発登板を回避すると発表されました。

これにより、また広島カープの先発ローテーションは再編となりそうです。

 

広島カープはさらに野手で、右大腿二頭筋筋挫傷で負傷離脱していたエルドレッド選手も後半戦から復帰予定です。

 

まさかあのアライさんがTシャツでお馴染みの新井貴浩選手も休みつつ出場していますので元気です。

 

まさに盤石の状態で後半戦を迎える広島カープ。

 

そのキーマンの大瀬良大地投手の復活登板に期待しましょう!

 

7/21追記

大瀬良大地投手の復帰登板は3回4失点で、その後再び登録抹消となってしまいました。

まだ本調子では無かった感じでしたので、また次回登板に期待ですね。

 

 

パーソナルトレーナー 野中

スポンサーリンク