長友佑都選手、右ふくらはぎの怪我で日本代表辞退!ワールドカップアジア最終予選欠場へ

 

パーソナルトレーナーの野中です。

 

サッカーW杯アジア最終予選を戦う日本代表。

 

メンバーが発表されましたが、そこで槙野智章選手が怪我をしていることがわかりました。

 

さらに、その発表後また怪我人が出たことが判明しました。

 

怪我をしたのはインテルミラノの長友佑都選手です。

 

長友佑都選手は右ふくらはぎの怪我の為に28日のパレルモ戦を欠場しました。

 

長友佑都選手はサッカーW杯アジア最終予選メンバーに選ばれていましたが、9月1日のUAE戦とタイ戦にも欠場となってしまいました。

 

10/7追記

長友佑都選手は脳震盪の怪我で日本代表から離脱し、オーストラリア戦欠場が決まりました。

長友佑都選手は右ふくらはぎ肉離れの怪我、直前合流のコンディション不良、脳震盪の怪我などの影響で未だワールドカップアジア最終予選に出場していません。

 

 

スポンサーリンク

長友佑都選手は右ふくらはぎの怪我と発表。右ふくらはぎ肉離れの怪我か?

長友佑都選手の怪我の状態に関しては、詳細は発表されていません。

 

右ふくらはぎの怪我であることは間違いないですが、どのような怪我であるかは不明です。

 

情報によってふくらはぎの筋肉痛や、右ふくらはぎ筋繊維断裂、右ふくらはぎ痛など書き方は異なります。

 

ただそこまで重症の怪我ではなく軽症ではあるようです。

 

その為、長友佑都選手の怪我は右ふくらはぎ肉離れの怪我か、その手前の症状ではないかと思います。

 

ふくらはぎ肉離れの怪我は、ジャンプ動作やダッシュ動作で負傷しやすい怪我で様々なスポーツで起こる怪我です。

 

もちろんサッカー選手に多い怪我ですが、特にテニス選手で多い怪我ですのでテニスレッグとも呼ばれます。

 

長友佑都選手の怪我は、この右ふくらはぎ肉離れの軽症もしくは手前の症状ではないかと思います。

 

ただ、軽症であっても再発率が非常に高い怪我ですので無理な復帰や強行出場は要注意です。

 

 

スポンサーリンク

 

長友佑都選手は怪我で日本代表のワールドカップアジア最終予選を欠場!

長友佑都選手はこの右ふくらはぎの怪我でワールドカップアジア最終予選を欠場します。

 

長友佑都選手はサッカーW杯アジア最終予選メンバーに選出されていましたが、怪我のため辞退となっています。

 

また、メンバー発表時に負傷していることが判明していた浦和レッズの槙野智章選手も右太もも裏肉離れの怪我で日本代表から離脱しています。

 

太もも裏肉離れの怪我も、ふくらはぎ同様に再発率の高い怪我ですので要注意です。

 

この槙野智章選手と長友佑都選手の日本代表事態に伴い、新たな選手が招集されています。

 

槙野智章選手と長友佑都選手の代役で招集されたのは、リオ五輪日本代表でキャプテンを務めた遠藤航選手と、FC東京の丸山祐市選手です。

 

共に前回のキリンカップには招集されていたメンバーですので、順当と言えば順当です。

 

リオ五輪代表から選ばれていたのは浅野拓磨選手と大島僚太選手だけでしたので、これで3人目の招集となりました。

 

 

スポンサーリンク

長友佑都選手の負傷離脱で代役サイドバックは太田宏介選手か?酒井高徳選手か?

長友佑都選手が怪我で離脱となるのは、日本代表にとっては大きな痛手です。

 

ワールドカップアジア最終予選という大きな戦いですので、そこに経験のある長友佑都選手がいないのは戦力的には厳しいと思います。

 

特に初戦はアジアカップで負けたUAE戦です。

 

そのUAE戦で長友佑都選手に代わって左サイドバックを務めるのは、太田宏介選手の可能性があります。

 

太田宏介選手はオランダのフィテッセ移籍以降では久々の日本代表復帰です。

 

当然左サイドバックは酒井高徳選手という可能性もありますが、この太田宏介選手か酒井高徳選手が長友佑都選手の代役で左サイドバックに入りそうです。

 

今回、長友佑都選手と槙野智章選手の2人のDFが負傷離脱となった日本代表。

 

ただワールドカップアジア最終予選のような大きな大会に全員が万全の状態で挑めることはないと思った方がいいと思います。

 

既にハリルホジッチ監督は、バックアップメンバーとして中村憲剛選手がいることを発表しています。

 

これは香川真司選手や本田圭佑選手、清武弘嗣選手らに怪我で離脱などがあった場合に招集するプランと思われます。

 

不測の事態に対応するためですが、ハリルホジッチ監督は様々なケースを想定しているとのことで、長谷部誠選手の代役として今野泰幸選手も頭にあるとしています。

 

もしかしたら今野泰幸選手もバックアップメンバーに入っているかもしれません。

(バックアップメンバーは公表されておらず、中村憲剛選手だけ会見内で名前が出ました)

 

ワールドカップアジア最終予選を勝ち抜き、まずはワールドカップ出場権が絶対条件の日本代表ですが、そこへ向けベテランの復帰が今後もあるかもしれません。

 

8/31追記

槙野智章選手と長友佑都選手に続き、柏木陽介選手も左股関節の怪我でUAE戦欠場の可能性があります。

柏木陽介選手の代役のボランチとしては、大島僚太選手が有力です。

 

9/1追記

昌子源選手も左内転筋の怪我で日本代表から離脱となりました。

これでサッカーワールドカップアジア最終予選の日本代表から3人目の負傷離脱です。

 

9/3追記

香川真司選手はUAE戦で左膝・右足首の打撲の怪我で別メニュー調整となりました。

タイ戦には出場予定ですが、コンディションが気になります。

 

9/3追記

岡崎慎司選手もUAE戦で右足首くるぶし付近の打撲の怪我を負い、別メニュー調整となりました。

岡崎慎司選手も日本代表から離脱せず、タイへ帯同しています。

 

9/29追記

長友佑都選手はサッカー日本代表ワールドカップアジア最終予選のイラク戦・オーストラリア戦のメンバーに選出され、日本代表復帰となりました。

 

 

東京・新宿のパーソナルトレーナー 野中

スポンサーリンク