ソフトバンクホークス柳田悠岐選手、右手薬指骨折の怪我で全治6週間!復帰時期は?

 

パーソナルトレーナーの野中です。

 

ソフトバンクホークスと日本ハムファイターズのパリーグ優勝争いが過熱しています。

 

そんな中、シーズン終盤でもありますので怪我人が続出しています。

 

ソフトバンクは守護神のサファテ投手が右足腓骨筋腱炎の怪我で離脱4番の内川聖一選手もロッテ・デスパイネ選手と接触で怪我をしたものの強行出場を続けています。

 

日本ハムファイターズも大谷翔平投手が投手としての登板から1か月以上遠ざかっています

 

さらにここへきて柳田悠岐選手まで怪我をしてしまいました。

 

柳田悠岐選手は骨折で長期離脱となってしまいました。

 

 

スポンサーリンク

柳田悠岐選手の怪我は右手薬指(第4指)末節骨骨折。守備中に負傷

柳田悠岐選手の怪我は右手薬指の骨折です。

 

正式には、右手第4指末節骨骨折の怪我です。

 

手の指は、手首側から中手骨・基節骨・中節骨・末節骨に分かれます。

 

つまり末節骨は手の指の一番先になります。

 

柳田悠岐選手が怪我をしたのは、9月1日の西武ライオンズ戦の守備中です。

 

3回に西武ライオンズ・炭谷銀仁朗選手の打球をスライディングキャッチで好捕しました。

 

ただグラブで捕球する前に先に右手薬指に打球が当たっていました。

 

この時右手第4指(薬指)の末節骨の打球が当たって骨折したようです。

 

柳田悠岐選手は即交代はせず、4回の打席には立ちましたが見逃し三振でその後の守備から途中交代となりました。

 

その後試合中に所沢市内の病院に行き診断を受けた柳田悠岐選手ですが、「第4指末節骨骨折で全治6週間」と発表されました。

 

このシーズン終盤で主力選手である柳田悠岐選手が離脱するのは、ソフトバンクホークスにとっては大きな痛手です。

 

 

スポンサーリンク

 

柳田悠岐選手の怪我は全治6週間と発表。復帰時期はクライマックスシリーズか?

柳田悠岐選手の右手第4指末節骨骨折の怪我は、全治6週間と発表されています。

 

骨折ですので、しっかり骨がくっつくまでは復帰できませんのでやはり6週間くらいはかかると思います。

 

守備だけならもっと早く復帰できる可能性もありますが、左打者の柳田悠岐選手が復帰するとなるとかなり時間はかかります。

 

怪我をしたのが9月1日の西武ライオンズ戦ですので、復帰時期は10月中旬となりそうです。

 

クライマックスシリーズの1stステージが10月8日から始まり、クライマックスシリーズ2ndステージが10月12日から開始します。

 

そして日本シリーズが10月22日からですので、柳田悠岐選手が順調に復帰すると復帰時期は日本シリーズからとなりそうです。

 

ただ、骨がくっついたからすぐ試合に出られるという訳ではありません。

 

骨折して指が動かない状態から打撃練習を再開して元の状態に戻す必要があります。

 

それがすぐにできるかはわかりません。

 

しかも日本シリーズから復帰するとなると、日本一を賭けた戦いにいきなり放り込まれることになります。

 

いくら昨年トリプルスリーの柳田悠岐選手と言えども、状態が上がらなければ日本シリーズでも復帰できない可能性があります。

 

そうするとこの右手第4指末節骨骨折の怪我で柳田悠岐選手は今季絶望という可能性もあります。

 

また、全治6週間と言って必ず6週間で復帰できる保証もありません。

 

10/8追記

柳田悠岐選手はロッテとのクライマックスシリーズファーストステージから復帰し、3番センターでスタメン出場しました!

ただ柳田悠岐選手の状態は万全ではなく強行出場のようです。

初戦はソフトバンクホークスが勝利したものの、柳田悠岐選手の結果は4打数0安打でした。

 

 

スポンサーリンク

柳田悠岐選手は怪我でフルイニング出場もストップ

柳田悠岐選手はここまで今季119試合全イニングフル出場を続けていました。

 

ただこの右手第4指末節骨骨折の怪我で途中交代となり、連続フルイニング記録は途絶えました。

 

今年は連続フルイニング出場が途絶えるシーズンで、阪神タイガースの鳥谷敬選手も記録が途絶え、それに続いていた山田哲人選手も左第8肋骨骨挫傷の怪我で登録抹消となり連続出場が途絶えました。

 

昨年トリプルスリーを達成した山田哲人選手も柳田悠岐選手も怪我をするというシーズンとなってしまいました。

 

ただ柳田悠岐選手は昨年に右肘遊離軟骨除去手術を受けていますので、この影響でシーズン序盤は不調でした。

 

このように怪我明けや手術明けはいい状態で復帰するのは難しいところがあります。

 

それが復帰を急いだ場合はさらに難しくなります。

 

柳田悠岐選手の日本シリーズやクライマックスシリーズでの復帰はそういった意味でも難しいものがあるかもしれません。

 

9/4追記

ソフトバンクホークスは中村晃選手も右太もも裏の怪我で途中交代となりました。

中村晃選手が登録抹消されるかはまだわかりませんが、ハムストリングス肉離れなどの怪我であれば登録抹消は確実です。

 

10/6追記

柳田悠岐選手はパリーグ最高出塁率のタイトルを2年連続2回目の獲得となりました。

 

 

東京・新宿のパーソナルトレーナー 野中

スポンサーリンク