香川真司選手、UAE戦で左膝・右足首打撲の怪我で別メニュー調整。ワールドカップアジア最終予選タイ戦欠場は?

 

パーソナルトレーナーの野中です。

 

サッカーワールドカップアジア最終予選の初戦・UAE戦で、日本代表はまさかの敗戦スタートとなりました。

 

不可解な判定が多く、宇佐美貴史選手のPKが取られず、そして何より浅野拓磨選手のゴールが取り消される不可解判定がありました。

 

ただ日本代表のパフォーマンスも褒められたものではありませんでした。

 

直前の合流でコンディションの悪い選手が多く、さらに怪我人も多く出ていました。

 

そんなUAE戦後に主力選手である香川真司選手と岡崎慎司選手が別メニュー調整となりました。

 

UAE戦に続くタイ戦で欠場の可能性はあるのでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

香川真司選手の怪我は左膝打撲の怪我。UAE戦で負傷

香川真司選手の怪我は左膝と右足首打撲の怪我と発表されています。

 

香川真司選手はサッカーワールドカップアジア最終予選の初戦・UAE戦で負傷したとのことです。

 

サッカーというコンタクトスポーツでは、打撲の怪我は日常茶飯事です。

 

ただたかが打撲と言っても、かなり痛みを伴います。

 

重症の場合は、最初は打撲と診断されたものの再検査で骨折が判明する場合もあります。

 

香川真司選手は6月のキリンカップブルガリア戦でも腰の打撲で負傷交代しています。

 

この時はキリンカップとは言え親善試合に近い位置づけでしたので、決勝戦のボスニアヘルツェゴビナ戦は欠場しています。

 

ただ今回はサッカーワールドカップアジア最終予選です。

 

多少の怪我でも無理して出場する可能性は高いので、打撲で欠場ということはなさそうです。

 

気になるのは香川真司選手のコンディションです。

 

UAE戦では明らかに精彩を欠いていた香川真司選手。

 

ドイツからドルトムントの試合終了後即駆けつける形で日本代表に合流しています。

 

当然ですがドイツと日本では時差もありますので、コンディション不良は否めません。

 

他の海外組の選手も同じですが、清武弘嗣選手にしろ岡崎慎司選手にしろ、本来のパフォーマンスを発揮したとはいえなさそうです。

 

その状態で打撲とは言え別メニュー調整となれば、ワールドカップアジア最終予選2戦目のタイ戦に向けてもコンディションが気になります。

 

 

スポンサーリンク

 

香川真司選手の打撲の怪我は軽症か?タイ戦へ向けて日本代表から離脱せず

香川真司選手の左膝と右足首打撲の怪我は軽症と伝えられています。

 

その為、タイのバンコク入り後は別メニュー調整ではなく通常通り本体に加わっているようです。

 

そうなるとタイ戦への出場は問題なさそうですが、やはりコンディション不良は気になります。

 

仮に香川真司選手が欠場や途中交代となれば、代役のトップ下は清武弘嗣選手でしょうか。

 

清武弘嗣選手や本田圭佑選手がトップ下に入り、サイドに宇佐美貴史選手・武藤嘉紀選手などが入る可能性が高そうです。

 

ただ、その代役候補の選手たちもUAE戦でのコンディションは今一つとのことでした。

 

試合に出場した宇佐美貴史選手の状態は良さそうでしたが、ハリルホジッチ監督のコメントでは選手のコンディションが悪く消去法的な起用法になったとのことです。

 

その消去法でA代表初スタメン・初出場となった大島僚太選手が失点に絡む最悪な展開でした。

 

そういった流れを考えれば、やはりタイ戦では香川真司選手が10番として真価を発揮してほしい場面です。

 

 

スポンサーリンク

香川真司選手と共に岡崎慎司選手も打撲の怪我で別メニュー調整。日本代表は怪我人続出でタイ戦へ

サッカーワールドカップアジア最終予選の日本代表メンバーは、かなり怪我人が出ている状態です。

 

香川真司選手はメンバーから離脱せずに2戦目のタイ戦へ向けて、タイのバンコクへ合流しています。

 

合流しているものの、香川真司選手と同じく岡崎慎司選手もUAE戦で右足首のくるぶし付近打撲の怪我を負っています。

 

岡崎慎司選手も香川真司選手と同じく、タイのバンコクでは全体練習に合流しているようです。

 

ただUAE戦はベンチ外になった柏木陽介選手は左股関節の怪我の影響でまだ別メニュー調整が続いています。

 

さらにUAE戦を前にして昌子源選手は左内転筋の怪我で日本代表から離脱となりました。

 

UAE戦・タイ戦のメンバー発表後に、槙野智章選手は右太もも裏肉離れの怪我で日本代表から離脱となりました。

 

インテルの長友佑都選手も右ふくらはぎの怪我で日本代表を辞退しています。

 

まさに満身創痍のサッカー日本代表。

 

その状況で初戦のホームでUAEに敗戦しているので、まさに崖っぷちで挑むタイ戦になります。

 

仮にタイ戦で負けたり、内容の悪い引き分けなどの場合はハリルホジッチ監督の解任騒動になると思います。

 

そんな状況下で日本の10番、香川真司選手の活躍に期待しましょう!

 

9/10追記

香川真司選手は日本代表に帯同中に足首捻挫の怪我を負っていたことがわかりました。

この足首の捻挫が原因で、香川真司選手はドイツ・ブンデスリーガ第2節のメンバーから外れました

 

9/29追記

香川真司選手はサッカー日本代表ワールドカップアジア最終予選のイラク戦・オーストラリア戦のメンバーに選出されました。

怪我の影響もあり、ドルトムントでは出場機会を失っていますが日本代表での活躍が期待されます。

 

 

東京・新宿のパーソナルトレーナー 野中

スポンサーリンク