千葉ロッテマリーンズ、アルフレド・デスパイネ選手、左手首の怪我悪化で登録抹消!復帰はCSか?

 

パーソナルトレーナーの野中です。

 

クライマックスシリーズ進出争いで3位での進出が濃厚な千葉ロッテマリーンズですが、怪我人が多く出ています。

 

そのロッテからまた主力選手の怪我のニュースです。

 

4番として活躍していたアルフレド・デスパイネ選手が、以前から抱えていた左手首の怪我が悪化したとのことで登録抹消されました。

 

デスパイネ選手の復帰時期は未定ですが、クライマックスシリーズ進出が濃厚なだけにクライマックスシリーズから復帰の可能性が高そうです。

 

 

スポンサーリンク

デスパイネ選手は左手首の怪我が悪化で登録抹消。左手首のTFCC損傷か?

デスパイネ選手は左手首の怪我が悪化したのが理由で、9月11日に出場選手登録抹消となりました。

 

デスパイネ選手は登録抹消されるまで、打率.286、24本塁打91打点と主軸打者として活躍していました。

 

そんなデスパイネ選手の離脱は千葉ロッテにとってかなり厳しいですが、大事を取っての登録抹消という意味合いもあるようです。

 

デスパイネ選手の怪我はどのような怪我かは発表されていませんが、慢性的な左手首の怪我ということでTFCC損傷などが疑われます。

 

TFCC損傷とは日本語では「三角線維軟骨複合体損傷」といい、手首の靱帯損傷の怪我です。

 

TFCC損傷は繰り返しの負荷によって起こる怪我で、野球の打者やテニス、バドミントンなどで起こりやすい怪我です。

 

特にテニスで多く起こる怪我で、ラファエル・ナダル選手が左手首のTFCC損傷の怪我で長期離脱していました。

 

また、長期化しやすい怪我であるのも特徴で、何年間も痛みに悩まされることもあります。

 

デスパイネ選手も以前から左手首を痛めていたとのことですので、ここ最近の怪我ではなさそうです。

 

その怪我を抱えながらこの成績というのも逆にすごいと思いますが、千葉ロッテにとっては残りのレギュラーシーズンよりもクライマックスシリーズに備える方が大事という判断で、デスパイネ選手を登録抹消したのかもしれません。

 

 

スポンサーリンク

デスパイネ選手の復帰時期は?クライマックスシリーズからの復帰か?

デスパイネ選手の復帰時期はまだ発表されていません。

 

デスパイネ選手の登録抹消に関して、ロッテの伊東監督が「2、3日で治る怪我ではない。我慢して出てくれたのはありがたかったが、大事な試合が控えているのでそこで出られるように」とコメントしています。

 

千葉ロッテは現在パリーグ3位。

 

クライマックスシリーズ進出圏内にいます。

 

これが2位になればクライマックスシリーズファーストステージを本拠地の千葉で開催できますので、2位になれるならそこを目指したいところです。

 

ただ現在のパリーグの順位で千葉ロッテは2位のソフトバンクホークスまで9ゲーム差、4位の楽天とも9ゲーム差離れています。

 

つまり、ロッテからすると2位に入るのも絶望的な状況ですが、楽天に逆転されてクライマックスシリーズ進出を逃す可能性も限りなく低いと言えます。

 

そうなると千葉ロッテマリーンズとしては残りシーズンをどう戦うかよりも、いかに万全の状態でクライマックスシリーズを戦うかに照準があっているはずです。

 

パリーグ首位争いは、日本ハムファイターズとソフトバンクホークスがデッドヒートを繰り広げていますので、最後まで死力を尽くして2位になったチームと、万全の状態で控える千葉ロッテマリーンズだと再び下克上の可能性もあります。

 

 

ロッテはデスパイネ選手以外にも主力選手が怪我で離脱中。クライマックスシリーズに間に合うか?

今シーズンのロッテはとにかく怪我人に泣かされたシーズンでした。

 

特に投手陣の怪我人が多く、抑えの西野勇士投手が右肘の怪我で登録抹消されています。

 

西野勇士投手は復帰時期が当初の見込みよりも遅れていますので、心配されています。

 

さらに唐川侑己投手が左わき腹痛で登録抹消、わき腹肉離れの怪我と思われます。

 

その唐川侑己投手が先発を回避した試合で急遽先発した古谷投手も左手親指骨折の怪我で登録抹消となりました。

 

さらにリリーフに怪我人が相次ぎ、大谷智久投手が右膝内側側副靭帯損傷で登録抹消、藤岡

貴裕投手も左肘内側側副靭帯損傷で登録抹消など多くの怪我人が出ました。

 

この怪我をしている選手たちの多くが、クライマックスシリーズに間に合う可能性があります。

 

そこに手首の怪我の状態がある程度でも回復しているデスパイネ選手が加われば、まさに下剋上の準備が整います。

 

そもそもソフトバンクホークスも柳田悠岐選手が右手第4指末節骨骨折の怪我で登録抹消されるなど、怪我人続出で順位を落としていますし、日本ハムファイターズも守護神・マーティン投手の左足首の怪我で苦しくなりました。

 

最後まで分からないパリーグ首位争いですが、デスパイネ選手の登録抹消は3位から下剋上を狙うロッテがどこよりも早く着々とクライマックスシリーズの準備をしている証かもしれません。

 

 

 

パーソナルトレーナー 野中

スポンサーリンク