広島カープ・中崎翔太投手、腰痛の怪我で登録抹消!26日に精密検査でCSでの登板は?

 

※追記あり

 

パーソナルトレーナーの野中です。

 

圧勝でセリーグを25年ぶりに制した広島カープ。

 

クライマックスシリーズに向けて選手を入れ替えつつ万全の状態で挑むと思われました。

 

25日に主力投手の野村祐輔投手、ジョンソン投手、中崎翔太投手を登録抹消し、引退試合の倉義和選手、廣瀬純選手、そして引退の倉義和選手とバッテリーを組む黒田博樹投手を登録しました。

 

これだけ見ると、いよいよクライマックスシリーズに向けてと言う感じに見えますが、実は抑えの中崎翔太投手は腰に違和感を訴えての登録抹消のようです。

 

中崎翔太投手はここまで61試合登板で34セーブを挙げている広島カープの絶対的守護神で、セリーグ優勝を決めた際も胴上げ投手です。

 

まだ中崎翔太投手の怪我の詳細は発表されておらず、26日に精密検査を受けるとされています。

 

もし検査の結果が厳しければ、広島カープは抑えの中崎翔太投手を欠いてクライマックスシリーズを戦うという厳しい状況になります。

 

 

スポンサーリンク

中崎翔太投手は右腰の違和感を訴えて登録抹消!腰痛の怪我か?

中崎翔太投手は25日に登録抹消されました。

 

主力投手の野村祐輔投手とジョンソン投手と一緒に登録抹消されたので、このニュースだけではあまり違和感はありませんでした。

 

ところが、中崎翔太投手は腰の違和感を訴えての登録抹消ということがわかりました。

 

中崎翔太投手は23日のウォーミングアップ中に右腰付近に違和感を訴えたとのことです。

 

中崎翔太投手は完全な安静にしている訳ではなく、患部である腰に負担がかからないようなメニューだけこなしているようです。

 

中崎翔太投手は26日に広島市内の 病院で精密検査を受けるとのことですが、検査結果次第では今後のクライマックスシリーズや日本シリーズでの登板が危ぶまれます。

 

 

スポンサーリンク

中崎翔太投手の復帰時期は?腰痛の怪我の検査結果次第ではクライマックスシリーズ欠場の可能性も?

中崎翔太投手の腰痛の怪我の状態は、まだわかっていません。

 

検査結果次第ですが、場合によってはクライマックスシリーズや日本シリーズ欠場の可能性もあります。

 

腰痛とは腰の痛みの総称で種類や症状は様々です。

 

腰椎椎間板ヘルニアのような足の痺れを伴うような症状もあれば、ぎっくり腰(腰椎捻挫)のように急に痛みが出る症状もあります。

 

中崎翔太投手はここまで61試合登板で、昨年も69試合に登板しています。

 

また、抑え投手という役割上登板していない日でも肩を作って準備していた試合も当然あります。

 

その為、身体にかかる負担は相当大きいと言えます。

 

昨年は中崎翔太投手と共に大瀬良大地投手も終盤の登板数がかさみました。

 

その結果もあってか、大瀬良大地投手は右肘内側側副靭帯損傷の怪我で今季は初登板までかなり時間がかかりました。

 

中崎翔太投手には特に怪我の情報はありませんでしたが、もしかしたら慢性腰痛があったかもしれません。

 

慢性腰痛にも種類が色々ありますが、特に原因のはっきりしない腰痛症の症状があったかもしれません。

 

ただ23日に腰に違和感を訴えて即登録抹消になった訳ではなく、精密検査も26日ということでこの情報だけ見れば軽症のような気はします。

 

最後まで激しく2位争いをしている巨人とDeNAベイスターズは、満身創痍の中戦っています。

 

DeNAベイスターズは5連勝で一気に巨人を逆転しそうな勢いですが、チーム最多の62試合登板の須田幸太投手が左足太もも裏の怪我で緊急降板しました。

 

巨人も片岡治大選手が左手有鈎骨骨折の怪我で登録抹消され、坂本勇人選手や阿部慎之助選手は怪我を抱えながらの出場を続けています。

 

早々に優勝を決めた広島カープは、優勝決定時点で打点王争いトップの新井貴浩選手を休ませ、同じく9勝だった黒田博樹投手も登録抹消させました。

 

まさに万全の状態でクライマックスシリーズに備えていたはずの広島カープが、一転大きな戦力ダウンを強いられる可能性が出ています。

 

9/27追記

中崎翔太投手の腰の怪我の検査結果が「右傍脊柱筋の炎症」と発表されました。

復帰時期は未定ですが、クライマックスシリーズで復帰の可能性はあります。

 

 

中崎翔太投手はここまで61試合登板、34セーブの絶対的守護神。代役抑えは?

中崎翔太投手はここまで61試合登板でセリーグ2位の34セーブを挙げています。

 

セーブ王のタイトルこそ、巨人の沢村拓一投手に譲りそうですが、各チームの守護神が軒並み不調の中広島カープの絶対的守護神として開幕から活躍し続けました。

 

防御率も1.32と安定感があり、チームの信頼も非常に高いです。

 

その中崎翔太投手がクライマックスシリーズや日本シリーズに欠場となった場合は、代役が非常に困ります。

 

現実的には、中崎翔太投手の前で投げていたジャクソン投手を抑えに回すというのが一番可能性として高いと思います。

 

その前を、今村猛投手や大瀬良大地投手が投げ、先発候補のヘーゲンス投手や岡田明丈投手をリリーフに回すという可能性もあります。

 

ただこれは先発投手に怪我で離脱の投手が復帰できるというのが条件です。

 

先発投手では、福井優也投手が首の怪我である傍脊柱筋筋膜炎で登録抹消されています。

 

また戸田隆矢投手も左手首の怪我で登録抹消されています。

 

この2投手が復帰できれば、ヘーゲンス投手をリリーフに戻し、岡田明丈投手もリリーフに回せますので中崎翔太投手欠場の穴は最小限に食い止められそうです。

 

ただ、広島カープにとって最悪のシナリオは中崎翔太投手がクライマックスシリーズに間に合わず、福井優也投手も戸田隆矢投手も欠場という場合です。

 

かなり投手のやりくりが難しくなりそうですので、やはり1年間戦った抑えは中崎翔太投手というのがどうしても欲しいところです。

 

検査結果が心配ですが、中崎翔太投手のクライマックスシリーズや日本シリーズでの登板に期待しましょう!

 

 

東京・新宿のパーソナルトレーナー 野中

スポンサーリンク