西武ライオンズ・金子侑司選手、右足付け根と右膝裏の怪我で登録抹消。パリーグ盗塁王争いは?

 

パーソナルトレーナーの野中です。

 

プロ野球もレギュラーシーズンが終盤で個人タイトル争いも注目が集まります。

 

デッドヒートのタイトル争いで注目されていたパリーグ盗塁王争いですが、思わぬ形で決着となりそうです。

 

トップのオリックス・糸井嘉男選手を猛追し遂に同数に並んだ西武ライオンズの金子侑司選手が、右足付け根と右膝裏の怪我で登録抹消となりました。

 

西武ライオンズの残り試合は2試合ですので、もう金子侑司選手は復帰できません。

 

その為、盗塁王争いは金子侑司選手と糸井嘉男選手が同率で盗塁王か、糸井嘉男選手の単独での盗塁王となります。

 

ただ、糸井嘉男選手も右太もも裏に怪我を抱えており、満身創痍の盗塁王争いとなりました。

 

 

スポンサーリンク

金子侑司選手は右足付け根と右膝裏の怪我で登録抹消

金子侑司選手は、9月24日のソフトバンクホークス戦を右足付け根の痛みを訴えて欠場しました。

 

金子侑司選手は前日の23日の試合での盗塁の際に、右足付け根を負傷したとのことでした。

 

盗塁王のタイトルもかかっており、様子を見ましたがやはり難しいということで結局27日に登録抹消されました。

 

登録抹消の際は、右足付け根の怪我と右膝裏の怪我とだけ言われていますので怪我の状態がよく分かりません。

 

金子侑司選手の怪我の状態は、右股関節の負傷ということですが走塁の際に負傷したのでぶつけた可能性は低そうです。

 

股関節の怪我と言えば、サッカー選手に多いグロインペイン症候群という怪我があります。

 

グロインペイン症候群はサッカー選手の職業病とも言われますが、野球選手でも起こります。

 

今季も中日ドラゴンズの平田良介選手が、グロインペイン症候群で登録抹消されたことがありました。

 

グロインペイン症候群とは、股関節の付け根である鼠蹊部の痛みの総称です。

 

股関節の付け根に慢性的に負担がかかっており、盗塁の際に悪化したとも考えられます。

 

また、同時に右膝裏の怪我もあるようです。

 

この膝裏もいつ怪我をしたのか分からず、情報が少ないです。

 

膝裏には後十字靭帯という靱帯がありますが、これは転倒して膝から落ちた時などに負傷しやすい靱帯です。

 

確率的には低いと思いますので、膝裏に繋がるハムストリングスやふくらはぎの怪我である可能性の方が高いと思います。

 

ハムストリングスもふくらはぎも肉離れが起こりますが、恐らくは肉離れの手前の筋膜炎のような症状だと思います。

 

ハムストリングス肉離れは野球選手にも多い怪我で、ふくらはぎ肉離れも野球選手でよく起こります。

 

 

スポンサーリンク

 

金子侑司選手は今季途中から1番定着で盗塁数大幅増

金子侑司選手は今季7月から1番ライトで固定され、そこから盗塁数を大きく伸ばしました。

 

金子侑司選手は開幕は2軍スタートでしたが、この時は腰を痛めていたようです。

 

この時の金子侑司選手の腰痛の種類や症状は特に発表されていませんが、4月5日には1軍登録されていますので、そこまで重症の腰痛ではなかったと思います。

 

ただ腰の痛みをかばった結果、股関節に負担がかかっていたかもしれません。

 

金子侑司選手は1軍復帰後は主に9番で出場していましたが、7月から1番が多くなりました。

 

パリーグ盗塁王争いは、当初糸井嘉男選手がぶっちぎりでした。

 

糸井嘉男選手は35歳になるシーズンですので、これは大石大二郎氏、福本豊氏に並び最年長記録です。

 

その最年長記録に待ったをかけるべく、猛追していたのが金子侑司選手でした。

 

そして遂に糸井嘉男選手に53盗塁で並んだ矢先の登録抹消ですので、非常に悔しい登録抹消です。

 

ただ、同率に並べていたのは良かったと言えます。

 

実は金子侑司選手だけでなく、糸井嘉男選手も怪我を抱えながらの出場でした。

 

 

スポンサーリンク

糸井嘉男選手も右太もも裏の怪我で指名打者での出場。盗塁王争いは?

糸井嘉男選手も右太もも裏の怪我で、登録抹消が検討される状態です。

 

福良監督も糸井嘉男選手に登録抹消を打診したところ、糸井嘉男選手の意思で強行出場しているようです。

 

ただ金子侑司選手の登録抹消により、糸井嘉男選手の盗塁王は確定しました。

 

この金子侑司選手の登録抹消により、糸井嘉男選手も登録抹消や欠場の可能性があります。

 

糸井嘉男選手の怪我についても特に発表がありませんが、太もも裏の怪我はほぼ間違いなく太もも裏肉離れかその手前の症状である太もも裏の筋膜炎だと思います。

 

太もも裏肉離れとは、太もも裏の筋肉が肉離れを起こしている状態です。

 

肉離れとは、急激に筋肉に負担がかかった時に起こる怪我で太もも裏肉離れは短距離走で起こりやすい怪我です。

 

野球の動作はこの短距離的な要素が強いですので、起こりやすい怪我と言えます。

 

糸井嘉男選手は指名打者での出場を続けていますが、盗塁はしていません。

 

このまま指名打者で盗塁せずにタイトルを分け合うか、それとも糸井嘉男選手が単独盗塁王を目指して盗塁を試みるか。

 

オリックスの残り試合は、糸井嘉男選手に注目が集まっています。

 

10/6追記

パリーグレギュラーシーズン全日程が終了し、金子侑司選手は糸井嘉男選手と並んで盗塁王を獲得しました!

糸井嘉男選手は結局盗塁数を伸ばせず金子侑司選手としては助かった形での盗塁王獲得でしたが、53盗塁も決めれば盗塁王に十分過ぎる盗塁です。

 

 

東京・新宿のパーソナルトレーナー 野中

スポンサーリンク