2016年プロ野球ドラフト会議予想&高校生・大学生の注目選手一覧まとめ!高校BIG4や創価大・田中正義投手が高評価!

 

パーソナルトレーナーの野中です。

 

プロ野球もレギュラーシーズンが終わり、いよいよドラフト会議が近づいています。

 

毎年ドラフト会議では指名の競合による抽選や、外れの外れなどドラマが生まれます。

 

2016年のドラフト会議は、創価大の田中正義投手が12球団競合するのでは?と言われていましたが、田中正義投手の右肩の怪我や甲子園・高校日本代表での高校生投手の活躍などで混沌としています。

 

こちらのページでは注目の候補選手や指名予想などをご紹介します。

 

10/20追記

2016年ドラフト会議結果速報はこちらから随時更新しています。

 

2017年ドラフト会議予想&注目選手はこちらから

 

 

スポンサーリンク

2016年ドラフト会議の日程とは?

2016年のドラフト会議の日程は、2016年10月20日(木)17:00開始予定です。

 

TBS系列でテレビ中継もあるようですが、毎年ドラフト1位で中継は終わります。

 

2016年のドラフト会議でも、一般の観覧はありますが既に募集は終了しています。

 

また、この10月20日という日程は、クライマックスシリーズが終わって日本シリーズが始まる前です。

 

その為、出場チームは合間を縫ってのドラフト会議になります。

 

また、このドラフト会議の日程と関係するのが第二次戦力外通告です。

 

既に第一次戦力外通告で85選手に戦力外通告がされていますが、第二次戦力外通告はクライマックスシリーズ終了翌日から日本シリーズ終了翌日までです。

 

その為、このドラフト会議での選手獲得結果次第で第2次戦力外通告を受ける選手が変わる可能性が高いです。

 

 

スポンサーリンク

 

2016年ドラフト候補注目選手【高校生 投手・野手】

それでは、高校生の2016年ドラフト会議で指名が予想される注目選手一覧がこちらです。

 

2016年高校生投手ドラフト候補選手一覧

寺島成輝投手(履正社)

藤嶋健人投手(東邦)

堀瑞輝投手(広島新庄)

早川隆久投手(木更津総合)

藤平尚真投手(横浜)

高橋昂也投手(花咲徳栄)

今井達也投手(作新学院)

島孝明投手(東海大市原望洋)

高田萌生投手(創志学園)

アドゥワ誠投手(松山聖陵)

 

 

特に注目の投手は、高校BIG3と呼ばれていた寺島成輝投手(履正社)、藤平尚真投手(横浜)、高橋昂也投手(花咲徳栄)です。

 

ここに夏の甲子園優勝投手の今井達也投手を加えて「高校BIG4」と呼ばれることが夏の甲子園以降は多いです。

 

この候補選手の大半は夏の甲子園後に行われたU-18アジア選手権に出場した、U-18侍ジャパン日本代表(高校日本代表)のメンバーです。

 

このU-18アジア選手権で特に評価を上げたのが、堀瑞輝投手(広島新庄)です。

 

左のサイドスローで非常に打者にとって打ちにくそうな投手ですので、上位指名候補になっていると思います。

 

また、夏の甲子園決勝で今井達也投手と投げ合った北海高校の大西健斗投手は、大学進学を表明しており2016年ドラフト会議での指名はなさそうです。

 

 

2016年高校生野手ドラフト候補選手一覧

<捕手>

九鬼隆平選手(秀岳館)

渡辺雄太選手(いなべ総合学園)

石原彪選手(京都翔英)

坂倉将吾選手(日大三高)

 

<内野手>

小池航貴選手(木更津総合)

伊藤優平選手(八戸学院光星)

入江大生選手(作新学院)

佐藤勇基選手(中京大中京)

松尾大河選手(秀岳館)

林中勇輝選手(敦賀気比)

今井順之助選手(中京高)

三森大貴選手(青森山田)

 

<外野手>

納大地選手(智弁学園)

鈴木将平選手(静岡)

田城飛翔選手(八戸学院光星)

 

 

捕手では夏の甲子園ベスト4の九鬼隆平選手(秀岳館)が高評価です。

 

高校日本代表でも正捕手でしたので、指名は確実とみられています。

 

巨人が九鬼隆平選手を上位指名か?との報道もありました。

 

捕手は育成にかなり時間がかかりますので、将来の正捕手候補となりそうです。

 

野手では投手に比べて注目度が低く、上位指名に高校生野手は少ないと予想されています。

 

 

スポンサーリンク

2016年ドラフト候補注目選手【大学生 投手・野手】

続いて大学生の2016年ドラフト候補選手です。

 

2016年大学生投手ドラフト候補選手一覧

田中正義投手(創価大)

佐々木千隼投手(桜美林大)

柳裕也投手(明大)

水野滉也投手(東海大北海道)

秋元秀明投手(創価大)

池田隆英投手(創価大)

加藤拓也投手(慶大)

澤田圭佑投手(立大)

田村伊知郎投手(立大)

星知弥投手(明大)

中尾輝投手(名古屋経大)

 

最も注目度が高いのが、創価大の田中正義投手です。

 

大学3年時には、既に2016年ドラフト会議で12球団が1位で競合するのでは?とも言われていました。

 

ただ、2016年に入ってから田中正義投手は右肩の怪我の影響が不安視されています。

 

肩の怪我は長期化しやすく、この怪我の影響もあってプロで活躍できるか?という不安は当然付きまといます。

 

現在は復帰して投げていますが、田中正義投手の指名は少しギャンブル要素が含まれそうです。

 

その田中正義投手と並ぶドラフト1位候補が、佐々木千隼投手(桜美林大)と柳裕也投手(明大)です。

 

佐々木千隼投手もドラフト1位で競合する可能性があります。

 

柳裕也投手にも競合を避けた単独ドラフト1位があるかもしれません。

 

また、名古屋経大の中尾輝投手は2部の選手ですが、隠し玉候補として西武ライオンズの指名が報道されました。

 

2016年大学生野手ドラフト候補選手一覧

<捕手>

長坂拳弥選手(東北福祉大)

宗接唯人選手(亜大)

 

<内野手>

吉川尚輝選手(中京学院大)

石井一成選手(早大)

金子凌也選手(法大)

佐野恵太選手(明大)

京田陽太選手(日大)

法兼駿選手(亜大)

松田進選手(中大)

 

<外野手>

佐藤拓也選手(立大)

田中和基選手(立大)

森山恵佑選手(専大)

久保田昌也選手(国学院大)

 

 

大学生も高校生と同じく、投手の方が注目度が高いようです。

 

その為、投手の上位指名がやはり予想されています。

 

ただその中で注目度の高い大学生が吉川尚輝内野手です。

 

先日放送されたTBS「S1」で、野村克也氏と張本勲氏が仮想ドラフト会議を行った結果、2人とも吉川尚輝内野手を指名しました。

 

 

2016年ドラフト指名選手予想!最高評価の田中正義投手は何球団競合か?

2016年ドラフト会議の最大の注目は、やはり創価大の田中正義投手です。

 

田中正義投手は右肩の怪我の影響で評価を下げていると思いますが、それでもドラフト1位候補であることは間違いありません。

 

肩の怪我の状態がはっきりせず、またドラフト前にメディカルチェックなどがないのも不安な要素です。

 

肩の怪我には、肩腱板損傷肩関節唇損傷などの怪我があります。

 

また、田中正義投手は高校時代にも右肩を痛めていたようですので、その影響も心配されます。

 

恐らく各球団の1位指名は、田中正義投手を軸にそこを避けるのか、競合覚悟で指名するのかの判断がされると思います。

 

田中正義投手のドラフト1位候補は、桜美林大の佐々木千隼投手、明治大学の柳裕也投手が有力です。

 

この田中正義投手・佐々木千隼投手・柳裕也投手が大学BIG3と呼ばれており、全員外れ1位も含めれば1位指名が濃厚です。

 

また、高校生の寺島成輝投手や高橋昂也投手もドラフト1位候補に入っているかもしれません。

 

特に左投手が不足している球団には、寺島成輝投手や高橋昂也投手の単独1位指名があるかもしれません。

 

外れ1位となると、この投手に加えて藤平尚真投手(横浜)や今井達也投手(作新学院)、堀瑞輝投手(広島新庄)なども候補選手です。

 

個人的に注目なのが日本ハムファイターズです。

 

日本ハムファイターズは、毎年1番いい選手を1位指名するという方針で、過去には巨人入りを表明していた菅野智之投手を強行指名、そしてメジャー入りを表明していた大谷翔平投手を強行指名と何かとドラフト会議の主役です。

 

ご存知の通り、菅野智之投手は巨人との抽選の結果交渉権を獲得したものの菅野智之投手は浪人して翌年に巨人入りしています。

 

大谷翔平投手は二刀流挑戦というプランで日本ハムに入団し、2016年には大谷翔平投手は二刀流でMVP獲得最有力とされています。

 

この日本ハムが一体どの選手を指名するかが注目されます。

 

そして、菊池雄星投手や大石達也投手を抽選で引き当てた西武ライオンズの抽選にも注目が集まります。

 

おそらく、2選手を引き当てた渡辺久信氏が出てくると思います。

 

 

巨人と広島とロッテが創価大・田中正義投手の1位指名を公表!

ドラフト直前で情報が錯綜していますが、既に巨人と広島とロッテが田中正義投手のドラフト1位指名を公表しています。

 

公表するメリットが何なのか正直分かりませんが、競合を避けて他の選手の単独1位を狙うよう牽制しているのかもしれません。

 

田中正義投手の競合は恐らく間違いなさそうですが、この巨人と広島カープとロッテを含めてあと何球団になるか注目されます。

 

過去の最多競合数は、野茂英雄投手と小池秀郎投手の8球団です。

 

7球団が福留孝介選手、6球団が最近では菊池雄星投手と大石達也投手が2年連続で6球団競合しました。

 

その両投手を引き当てたのが、西武ライオンズの渡辺久信氏です。

 

再び渡辺久信氏が競合した田中正義投手を引き当てる可能性もあります。

 

なお、田中正義投手は12球団OKを明言していますので、抽選で交渉権獲得=田中正義投手獲得といって良さそうです。

 

 

2016年オフの話題はドラフト会議以外にもWBC日本代表・戦力外通告など

プロ野球はシーズンオフでも何かと話題が豊富です。

 

2017年3月には第4回WBCが行われます。

 

第4回WBC日本代表侍ジャパンメンバーは、メジャーリーガーを含めて誰が選ばれるか注目されています。

 

11月にはWBC前最後の強化試合のメキシコ戦・オランダ戦があります。

侍ジャパン強化試合メキシコ戦・オランダ戦メンバー一覧

 

そしてドラフト会議と絡む戦力外通告選手FA移籍などもあります。

 

初のクライマックスシリーズ進出を果たした横浜DeNAベイスターズは、右肩の怪我でクライマックスシリーズ欠場の山口俊投手にFA移籍報道があります。

 

オフもプロ野球情報から目が離せません!

 

10/20追記

2016年ドラフト会議結果速報&各球団のドラフト評価はこちらから

 

2017年ドラフト会議予想&注目選手一覧はこちらから

 

 

新宿のパーソナルトレーナー 野中

スポンサーリンク