日本ハムファイターズ・大谷翔平投手、クライマックスシリーズでプロ初セーブ・日本最速165キロ更新!

 

パーソナルトレーナーの野中です。

 

プロ野球はクライマックスシリーズファイナルステージが行われ、セリーグは広島カープが日本シリーズ進出を決めました。

 

そして10月16日に、パリーグも日本ハムファイターズが日本シリーズ進出を決めました。

 

日本ハムファイターズは、アドバンテージを含めて3勝2敗で迎えた第5戦で“禁断”の二刀流を解禁しました。

 

大谷翔平投手が3番DHで野手としてスタメン出場し、最終回に抑えでマウンドに上がりました。

 

大谷翔平投手の二刀流の能力を最も発揮しやすい起用法で、最も負担のかかる起用法と思われるDHからの救援登板ですが、遂にクライマックスシリーズファイナルステージで解禁されました。

 

そして結果は、大谷翔平投手は9回を三者凡退に抑えプロ初セーブ。

しかも日本最速を更新する165キロを記録しました!

 

 

スポンサーリンク

大谷翔平投手はCSで救援登板!プロ初セーブで日本最速更新の165キロを記録!

大谷翔平投手はクライマックスシリーズファイナルステージ第5戦に3番DHでスタメン出場しました。

 

野手では4打数1安打1得点でしたが、最終回に大谷翔平投手は救援登板でマウンドに上がりました。

 

DHを解除して「リアル二刀流」でスタメン出場したことは、レギュラーシーズン中も度々ありましたが、野手でスタメン出場して最後抑えで登板するのは初です。

 

この試合は左足首捻挫の怪我から復帰したマーティン投手がベンチ入りしていませんでした。

 

そしてクライマックスシリーズファイナルステージでセーブを挙げているバース投手を2番手で早々に投入しました。

 

この起用自体は見事的中し、バース投手は4回を2安打無失点で流れを引き戻しました。

 

そしてセットアッパーの谷元圭介投手を6回から登板させました。

 

この時点で残る投手で実績のある投手は宮西尚生投手石井裕也投手でしたので、一体何イニング谷元圭介投手を引っ張るのかと思いました。

 

結局6回・7回を谷元圭介投手が無失点で抑え、8回はパリーグ最優秀中継ぎ投手の宮西尚生投手が3人で抑えました。

 

そして最終回をどうするのかと思いましたが、DHを解除して大谷翔平投手が登板しました。

 

まさかとは思いましたが、この試合で決めると考えれば終わってみれば納得の投手リレーです。

 

大谷翔平投手は、初球から163キロを記録するなどエンジン全開でした。

 

6番松田宣浩選手を空振り三振、続く吉村裕基選手の初球で日本最速を更新する165キロを記録しました。

 

吉村裕基選手も空振り三振に仕留め、本多雄一選手はショートゴロに抑え三者凡退で9回を締めました。

 

9回の1イニングで15球を投じて実にストレート8球は全て160キロ越え。

 

165キロを3度記録する圧巻のプロ初セーブでした。

 

 

スポンサーリンク

 

大谷翔平投手の日本シリーズの起用法は?先発登板後はDH出場で最後は再び救援登板か?

大谷翔平投手にここまで圧巻の“守護神”としての活躍を見せられると、日本シリーズでの大谷翔平投手の起用も悩んでしまいそうです。

 

ただ、二刀流の起用法で絶大な信頼を得ている栗山英樹監督は特に悩まず起用しそうです。

 

大谷翔平投手の二刀流の能力を最大限発揮するには、野手DHでスタメン出場して最終回にストッパーで登板が一番いいと思います。

 

1試合で全ての力を発揮するにはこれがベストです。

 

先発登板でDHを解除すれば、その後リリーフ投手に打席が回りますが、抑えならそこで試合を終わらせるので関係ありません。

 

先発登板後の休養日もなく野手→抑えでいけば効率的ですし、日本最速投手が1イニング限定で全力投球すればそれはそうそう打てないでしょう。

 

ただこんなプランは誰でも思いつきますが、シーズン中にやらなかった理由は当然大谷翔平投手の身体の負担を考慮してのことです。

 

全試合野手でスタメン出場し、セーブの付く場面で救援登板していたら野手で143試合出場、投手で70試合くらい登板になります。

 

どう考えても不可能ですしそもそも二刀流の大前提は「怪我をさせない」ですので、大谷翔平投手は週1回の先発登板と休養日を挟んだ野手での出場を続けました。

 

ただクライマックスシリーズの短期決戦では、先発登板翌日にDHで出場していました。

 

その影響もあってか、クライマックスシリーズの打率は.188と不調でした。

 

それでも1戦目を7回1安打無失点、5戦目で9回をパーフェクトリリーフと投手成績は文句なしです。

 

おそらく、日本シリーズでも大谷翔平投手は序盤で先発登板し、その後はDHで野手として出場すると思います。

 

そして、2回目の先発登板をするのかそれを回避して救援登板に備えるのかが難しい選択肢です。

 

栗山英樹監督は決めていそうですが、5戦目くらいで決まれば先発登板は1回になると思います。

 

7戦目までもつれるようなら2回目の先発登板もありそうです。

 

ただ大谷翔平投手は野手で出場しているので、直前で決めることも可能だと思います。

 

「ちょっともつれそうだからリリーフなし」、「今日で決めるから抑えいくよ」という選択が可能だと思います。

 

つまり、大谷翔平投手を抑えで使う=逆転されたら相当まずいという状態です。

 

それでも、このソフトバンクホークス戦での圧倒的な守護神としての存在感を考えれば、抑えで使いたくなると思います。

 

1戦目で先発後、4戦目くらいから全部DHで出場しながら抑え待機ということもあると思います。

 

つまり、野手で連続出場しながらのリリーフで連投です。

 

日本シリーズは確実に最後の戦いですので、それもありだと思います。

 

10/19追記

日本ハムはマーティン投手が左足首の怪我の再発で日本シリーズ欠場の可能性があります。

その為、再び大谷翔平投手が抑えで登板の可能性もあります。

 

 

スポンサーリンク

大谷翔平投手はパリーグMVP確定?個人タイトル無しも二刀流でタイトル級の活躍

大谷翔平投手はレギュラーシーズンで、個人タイトル獲得が1つもありませんでした。

 

最後規定投球回に3イニング足りずに終わりましたが、あと3イニング投げていれば最優秀防御率のタイトル獲得は確実でした。

 

野手での出場数がもっと多ければ、首位打者の可能性もありました。

 

ホームラン率で言えば、野手に専念すればホームラン王も可能なペースでした。

 

野手タイトルも投手タイトルも、規定投球数や規定打席、絶対的なイニング数や打席数の問題でタイトルを獲得できませんでした。

 

ただ、大谷翔平投手にはパリーグMVP獲得の可能性があります。

 

可能性があるというよりも最有力候補です。

 

そのパリーグMVPは11月末のNPBアワードで発表予定です。

 

そして2017年3月には第4回WBCがあります。

 

大谷翔平投手ももちろんWBC日本代表侍ジャパンのメンバー入りが確実です。

 

ただクライマックスシリーズの活躍を考えると、大谷翔平投手の起用法が難しいです。

 

侍ジャパンはプレミア12で抑えが不安定で逆転負けして優勝を逃しました。

 

その時に先発投手が大谷翔平投手でした。

 

今のところ侍ジャパンで二刀流の出場はしていませんし、おそらく日本ハムからOKが出ないと思います。

 

ただ、野手だけの出場や抑えだけの出場なら許可が出るかもしれません。

 

抑えの許可は相当厳しそうですが…

 

抑えで負けた侍ジャパンは、次の第4回WBCでもやはり抑えが不安です。

 

仮にメジャーリーガーが招集できれば、ダルビッシュ有投手や前田健太投手、田中将大投手など先発投手陣が一気に豪華になります。

 

その為、ただ勝つためだけなら大谷翔平投手を抑えに回すプランが可能です。

 

実現は難しそうですが、WBC日本代表でも大谷翔平投手の抑えを見たくなる見事なプロ初セーブ&日本最速165キロでした!

 

 

新宿のパーソナルトレーナー 野中

スポンサーリンク