鹿島アントラーズ・金崎夢生選手、左足首捻挫の怪我もチャンピオンシップ強行出場か欠場か?

 

パーソナルトレーナーの野中です。

 

12月4日にサッカーJ1チャンピオンシップ決勝第2戦が行われます。

 

第1戦を年間1位の浦和レッズが1-0で勝利しましたので、鹿島アントラーズは2得点以上での勝利が必須となります。

 

その得点が必要な試合に、エースのFW金崎夢生選手が怪我で欠場の可能性があります。

 

チャンピオンシップ決勝第1戦で怪我をしていたようで、別メニュー調整をしていました。

 

ただ、チームの全体練習に合流したとの情報もあり、出場の可能性も出てきています。

 

スポンサーリンク

金崎夢生選手が左足首捻挫の怪我でチャンピオンシップ第2戦欠場の可能性は?

金崎夢生選手は、出場したチャンピオンシップ第1戦の後半終了間際に左足首捻挫の怪我を負いました。

 

足首の捻挫は大きく足関節内反捻挫と足関節外反捻挫の怪我があります。

 

浦和レッズの槙野智章選手との接触プレーでの負傷でしたので、転倒して起こった足関節内反捻挫の可能性が高そうです。

 

足関節内反捻挫の軽症であれば、数日~1週間くらいで完治します。

 

金崎夢生選手が負傷したのが第1戦の11月29日(火)ですので、第2戦の12月3日まで期間は4日です。

 

軽症であればテーピングをして強行出場可能ですが、中程度の負傷で数週間かかる怪我であれば欠場が決定的です。

 

ただ、金崎夢生選手はチームの全体練習に合流したとの報道もありますので軽症ではありようです。

 

それが第2戦に出場できるレベルの怪我か、途中出場が可能なレベルの怪我かは微妙な都ところだと思います。

 

また、情報戦の可能性もありますので、出場不可能な状態でも出場をほのめかしている可能性もあります。

 

年間優勝のかかる最後の勝負ですので、多少無理してでも出場すると思います。

 

スタメンかは分かりませんが、ベンチ入りはする可能性が高そうです。

 

スポンサーリンク

 

鹿島アントラーズ逆転優勝の条件は?2得点が必須の戦い

鹿島アントラーズが金崎夢生選手を是が非でも出場させたい理由が、優勝の条件にあります。

 

鹿島アントラーズは第1戦を0-1で落としています。

 

年間順位が鹿島アントラーズの方が下ですので、2試合の勝利数とゴール数。アウェーゴール数が同じ場合は浦和レッズが年間優勝となります。

 

以下が鹿島アントラーズの年間優勝の条件です。

 

引き分けor負け→浦和レッズが年間優勝

1-0で勝利→浦和レッズが年間優勝

2得点以上での勝利→鹿島アントラーズが年間優勝

 

2点差以上での勝利か、2-1や3-2などの2得点以上の1点差勝利であればアウェーゴール数で鹿島アントラーズが逆転優勝となります。

 

1-0でもだめですので、最低条件として2得点が必要です。

 

その為、得点源である金崎夢生選手が出場できるか否かは重要な問題です。

 

チャンピオンシップの準決勝でも、川崎フロンターレが小林悠選手と大島僚太選手が不在でしたが、やはり大一番に主力選手がいないのは非常に痛いです。

 

2点以上を奪い逆転優勝を目指すには、金崎夢生選手の力がやはり必要です。

 

金崎夢生選手としても、監督へ反抗的な態度をとって以来遠ざかっている日本代表復帰に向けても、大きなアピールになる場ですのでインパクトを残す活躍をしたいところです。

 

スポンサーリンク

金崎夢生選手の他にもMF柴崎岳選手にも怪我の影響?

鹿島アントラーズは金崎夢生選手以外にも、MF柴崎岳選手が怪我を抱えています。

 

柴崎岳選手は右第五中足骨の怪我で欠場が続いていました。

 

チャンピオンシップ決勝第1戦で後半途中から出場し復帰しましたが、まだスタメン復帰はしていません。

 

第2戦ではスタメン出場の可能性がありそうですが、90分フルで出場できるかは分かりません。

 

シーズン終盤の最後の試合ですので多少無理してでも出場すると思いますが、万全のコンディションではないと思います。

 

また、柴崎岳選手はボランチではなく2列目で出場との報道もあり、こちらも動く可能性があります。

 

金崎夢生選手も柴崎岳選手もどちらも出場可能ですが、万全の状態でスタメンフル出場とはいかないかもしれません。

 

それだけに、2選手をどこでどう使うか?そしてどのようなコンディションかが鹿島アントラーズにとっては逆転優勝のカギになりそうです。

 

J2ではJ1昇格プレーオフ決勝が12月4日に行われますので、この土日はJ1もJ2も大一番が行われます。

 

J1昇格プレーオフの日程&組み合わせ&昇格条件はこちらからどうぞ。

 

金崎夢生選手がチャンピオンシップMVP獲得!

12/3追記

金崎夢生選手は怪我で出場が危ぶまれたものの、スタメンフル出場で2ゴールを挙げました。

川崎フロンターレとの準決勝でもゴールを挙げましたので、通算3ゴールです。

この活躍で、金崎夢生選手がチャンピオンシップMVP獲得となりました。

 

日本代表復帰に向けても、最高のアピールとなりました!

 

スポンサーリンク