全豪オープン2017年、錦織圭選手の結果速報まとめ

 

2017年の全豪オープンは、1月16日からオーストラリア・メルボルンで行われます。

 

日本の錦織圭選手は第5シードで出場します。

準々決勝でアンディ・マレー選手と当たる上、その前にはロジャー・フェデラー選手との対戦の可能性もある厳しいドローとなっています。

 

こちらのページでは、錦織圭選手の全豪オープン2017の結果速報をご紹介します。

 

スポンサーリンク

錦織圭選手2017年全豪オープン1回戦|対グズネツォフ戦

錦織圭選手の2017年全豪オープン初戦は、世界ランキング48位のアンドレイ・グズネツォフ戦です。

 

錦織圭選手対グズネツォフ選手の試合は、16日の現地時間11時~で、日本時間は朝の9時からとなります。

 

世界ランキング5位の錦織圭選手対世界ランキング48位の対戦ですので、当然錦織圭選手が勝ち上がるのが大方の予想です。

 

ただ、懸念されるのが錦織圭選手の怪我の状態です。

全豪オープン前のブリスベン国際決勝で、左臀部を負傷しています。

 

怪我について詳しい発表はありませんが、恐らく左臀部の軽度肉離れだと思います。

肉離れは再発の多い怪我ですが、2016年の楽天オープンで怪我をしたところと同じ場所だと思います。

 

怪我の状態は問題ないとのことですが、問題があっても公式にはそうコメントする場合がほとんどです。

錦織圭選手の全豪オープン序盤は、怪我の回復との戦いとなりそうです。

 

全豪オープン1回戦錦織圭選手対グズネツォフ選手結果速報

錦織圭選手 3-2 グズネツォフ選手

 

錦織圭選手がフルセットの末、グズネツォフ選手に勝利して2回戦に進出しました。

 

第1セット 錦織圭選手 5-7  グズネツォフ選手

第2セット 錦織圭選手 6-1 グズネツォフ選手

第3セット 錦織圭選手 6-4 グズネツォフ選手

第4セット 錦織圭選手 6-7(6-8) グズネツォフ選手

第5セット 錦織圭選手 6-2 グズネツォフ選手

 

錦織圭選手がいきなり第1セットを落とす心配な立ち上がりでした。

序盤は錦織圭選手のミスが目立つ展開で、怪我の状態が不安視される試合展開でした。

 

第2セットからは息を吹き返した錦織圭選手が、第2・第3セットを連取しています。

第3セット終盤で、グズネツォフ選手は足が止まり始めました。

 

第4セットは第2ゲームで錦織圭選手がブレークされると、そこから互いにブレークが続く接戦となっています。

互いに譲らず、第4セットはタイブレークに突入しました。

タイブレークをグズネツォフ選手が8-6で勝利し、勝負は最終第5セットまでもつれています。

 

第5セットは錦織圭選手が第4ゲームで先にブレークに成功しています。

錦織圭選手が第8ゲームもブレークし、第5セットは6-2で錦織圭選手が勝利。

1回戦からフルセットの厳しい戦いでしたが、どうにか2回戦にコマを進めました。

 

ただ、怪我を抱えて挑む上に、猛暑の全豪オープンで初戦からフルセットを3時間34分も戦ったというのは、今後の全豪オープンの戦いに不安を残す結果でもあります。

 

スポンサーリンク

 

錦織圭選手2017年全豪オープン2回戦|対シャーディー戦

錦織圭選手の全豪オープン2回戦の対戦相手は、世界ランキング72位のシャーディー選手に決定しました。

世界ランキング42位のアルマグロ選手が途中棄権した為、ランキング会のシャーディー選手が勝ち上がってきました。

 

錦織圭選手としては1回戦でフルセットを戦っていますので、アルマグロ選手と対戦するよりはいいと思います。

 

錦織圭選手対シャーディー選手は、18日の現地時間11時から(日本時間9時から)開始です。

 

全豪オープン2回戦錦織圭選手対シャーディー選手結果速報

錦織圭選手 3-0 シャーディー選手

 

錦織圭選手がストレートでシャーディー選手に勝利し、3回戦進出を決めました。

 

第1セット 錦織圭選手 6-3 シャーディー選手

第2セット 錦織圭選手 6-2 シャーディー選手

第3セット 錦織圭選手 6-3 シャーディー選手

 

第1セットはいきなり錦織圭選手がブレークするスタート。

第9ゲームも錦織圭選手がブレークし、6-3で第1セットは錦織圭選手が取りました。

 

第2セットも、錦織圭選手がいきなりブレークされながらすぐにブレークバックする展開。

錦織圭選手は2度ブレークを許すも、3度ブレークして第2セットも連取しました。

 

第3セットも全く同じ、第1ゲームでブレークを許すも第2ゲームですぐにブレークバックに成功しています。

その後第9ゲームでもブレークし、錦織圭選手がストレートでシャーディー選手に勝利しました。

 

1回戦でフルセットを戦っているので、2回戦をストレートで終えられたのは好材料です。

ただ、第2、第3セットは第1ゲームをブレークされるなど、ブレークされる場面の多さが気になりました。

 

全豪オープンの前に怪我をした左臀部の怪我の影響を考えると、影響が出るのはサーブとバックハンドです。

このブレークを多く許した原因の1つに、左臀部の怪我があるかもしれません。

 

ただ、1回戦と比べれば明らかに調子を上げている感じがあり、大会中に徐々に調子を上げていくトップ選手らしい勝ち上がり方になりました。

 

錦織圭選手2017年全豪オープン3回戦|対ラッコ戦

錦織圭選手の全豪オープン3回戦の相手は、ルーカス・ラッコ選手(世界ランキング121位)とデュディ・セラ選手(世界ランキング67位)の勝者です。

試合の結果、予選から勝ち上がってきたルーカス・ラッコ選手が勝利しました。

シード順通りなら、第26シードのアルベルト・ラモス・ビノラス選手が勝ち上がってくるはずでしたが、1回戦でルーカス・ラッコ選手に敗れています。

 

ラッコ選手はストローカータイプですので、錦織圭選手としてはやりやすい相手だと思います。

錦織圭選手はこの3回戦に勝てば、ロジャー・フェデラー選手との対戦の可能性がある4回戦に進出となります。

 

錦織圭選手の全豪オープン3回戦のラッコ戦の日程は、20日の第4試合です。

試合開始時間は現地時間19時以降(日本時間17時以降)の予定です。

 

全豪オープン3回戦錦織圭選手対ラッコ選手結果速報

錦織圭選手対ルーカス・ラッコ選手の全豪オープン3回戦は、予定より遅く日本時間17時54分(現地時間19時54分)から開始となりました。

 

錦織圭選手 3-0 ルーカス・ラッコ選手

 

第1セット 錦織圭選手 6-4 ルーカス・ラッコ選手

第2セット 錦織圭選手 6-4 ルーカス・ラッコ選手

第3セット 錦織圭選手 6-4 ルーカス・ラッコ選手

 

第1セット第2ゲームでいきなり降雨中断が数分ありました。

互いにキープを続ける中、第7ゲームで錦織圭選手がこの試合最初にブレークをしました。

このブレークを活かし、錦織圭選手が第1セットを6-4で先取しました。

 

第2セットは、第1ゲーム・第3ゲームと連続で錦織圭選手がブレークに成功しています。

その後第8ゲームをブレークされましたが、第2セットも錦織圭選手が6-4で連取しました。

 

第3セットは第5ゲームを錦織圭選手がブレークし、その後錦織圭選手は全てのサービスゲームをキープに成功し6-4で勝利しました。

 

2回戦に続いて錦織圭選手がストレートで勝利しました。

2回戦ではブレークされる場面が目立ちましたが、3回戦ではしっかり修正しました。

 

錦織圭選手2017年全豪オープン4回戦|対フェデラー戦

錦織圭選手の全豪オープン4回戦の相手は、シード順通りであれば第10シードのトーマス・ベルディヒ選手でした。

しかし、ここに怪我から復帰したロジャー・フェデラー選手がいます。

ロジャー・フェデラー選手は怪我明けで試合勘が鈍っている感じでしたが、大会を追うごとに調子を上げてきました。

 

3回戦では、ロジャー・フェデラー選手がトーマス・ベルディヒ選手にストレート勝ちしました。

この結果、錦織圭選手の全豪オープン4回戦の相手はロジャー・フェデラー選手に決定しました。

 

全豪オープン4回戦錦織圭選手対ロジャー・フェデラー選手結果速報

全豪オープン4回戦、錦織圭選手対ロジャー・フェデラー選手は、22日(日)の日本時間17時14分から(現地時間19時14分から)センターコートで始まりました。

2017年全豪オープンの4回戦で最注目カードになること必至の好カードです。

 

セットカウント 錦織圭選手 2-3 ロジャー・フェデラー選手

 

第1セット 錦織圭選手 7-6(4) ロジャー・フェデラー選手

第2セット 錦織圭選手 4-6 ロジャー・フェデラー選手

第3セット 錦織圭選手 1-6 ロジャー・フェデラー選手

第4セット 錦織圭選手 6-4 ロジャー・フェデラー選手

第5セット 錦織圭選手 3-6 ロジャー・フェデラー選手

 

第1セットの第1ゲームで、いきなり錦織圭選手がブレークに成功しています。

第2ゲームをキープ後、第3ゲームでも再び錦織圭選手がブレークしています。

 

フェデラー選手は第8ゲームでブレークバック、徐々に調子を上げて来ています。

フェデラー選手は第10ゲームもブレークし、タイブレークに突入しました。

錦織圭選手がタイブレークを7-4で制し、第1セットを取りました。

 

第2セットは、第6ゲームまで互いにキープを続ける緊迫した展開が続きます。

第7ゲームでフェデラー選手がこのセット初のブレークに成功します。

その後は互いにキープを続け、第2セットはロジャー・フェデラー選手が6-4で奪い返しました。

 

第3セットは、第3・5・7ゲームと立て続けにフェデラー選手がブレークに成功し、6-1でロジャー・フェデラー選手が第3セットを取りました。

 

第4セットでは、錦織圭選手が第5ゲームで先にブレークに成功しました。

ただ、錦織圭選手が第4セット途中から左わき腹あたりを気にする仕草が出てきました。

錦織圭選手は昨年に左わき腹を怪我していますので、再発の可能性も考えられます。

最悪の場合はわき腹肉離れの可能性があります。

錦織圭選手はこのままキープを続け、第4セットを取りましたが、第4セット後にトレーナーを呼び左わき腹・腰辺りの治療を受けています。

 

明らかに異変が起こっていますので、わき腹か腰の怪我がありそうです。

 

第5セットは、やはり様子のおかしい錦織圭選手に対し、ロジャー・フェデラー選手が第2ゲームで先にブレークしました。

第3ゲーム後に、錦織圭選手はメディカルタイムアウトを取りました。

錦織圭選手はトレーナーを呼び、左わき腹の治療を受けています。

 

錦織圭選手は明らかに怪我を抱えながらの戦いとなり、ロジャー・フェデラー選手に6-3で敗れました。

 

1/29追記

錦織圭選手の勝利したロジャー・フェデラー選手は、その後決勝まで進出しています。

しかも、決勝の相手がラファエル・ナダル選手という久々の対戦です。

 

錦織圭選手全豪オープン2017の対戦相手予想

錦織圭選手の全豪オープンでの対戦相手予想をご紹介します。

 

1回戦 アンドレイ・クズネツォフ選手(世界ランキング48位)

※試合終了 錦織圭選手がセットカウント3-2で勝利

 

2回戦 ジェレミー・シャーディ選手(世界ランキング72位)

※試合終了 錦織圭選手がセットカウント3-0で勝利

 

3回戦 ルーカス・ラッコ選手(世界ランキング121位)

※試合終了 セットカウント3-0で錦織圭選手が勝利

 

4回戦 ロジャー・フェデラー選手(第17シード)※対戦決定

準々決勝 ミーシャ・ズべレフ選手(世界ランキング50位)

準決勝 スタン・ワウリンカ選手(第4シード)

決勝 ミロシュ・ラオニッチ選手(第3シード)

 

準決勝以降の対戦相手はまだ決定していません。

2回戦は、世界ランキング42位のアルマグロ選手が途中棄権し、世界ランキング72位のシャーディー選手との対戦となりました。

 

3回戦は、第26シードのアルベルト・ラモス・ビノラス選手が1回戦で敗れたため、下位選手との戦いになります。

 

4回戦の相手はロジャー・フェデラー選手です。

ロジャー・フェデラー選手は怪我で2016年を半分欠場して世界ランキングが17位まで低下していますが、怪我が回復してパフォーマンスが戻っていれば怖い存在です。

怪我前では世界ランキング3位でしたので、そのレベル若しくは怪我が回復してそれ以上の可能性もあります。

 

全豪オープン中にも徐々に試合勘を取り戻しつつあり、3回戦の第10シードトーマス・ベルディヒ選手にストレートで勝利しています。

 

また、準々決勝でアンディ・マレー選手との対戦が控えているはずでしたが、アンディ・マレー選手が4回線で世界ランキング50位のミーシャ・ズべレフ選手に敗れる大波乱が起こりました。

 

同じく世界ランキング2位のノバク・ジョコビッチ選手も既に敗退しており、大波乱続くの全豪オープンですので、今後の対戦相手もどうなるかわかりません。

 

こちらで、全豪オープン2017年の主な波乱をご紹介しています。

 

錦織圭選手の全豪オープン2017結果予想|ベスト8目標が現実的か?

錦織圭選手の全豪オープンの予想としては、楽観的な予想は少ないです。

 

怪我の影響が懸念される上、このドローですので「まずはベスト8」「出来ればベスト4」と言ったところだと思います。

最大の難所は準々決勝のアンディ・マレー選手です。

 

ただ、そこまで行くには怪我の状態をクリアした上で、ロジャー・フェデラー選手か世界ランキング10位のベルディヒ選手に勝つ必要があります。

 

2016年のウィンブルドンで錦織圭選手はわき腹の怪我で棄権していますが、この時の対戦相手はマリン・チリッチ選手でした。

 

怪我を抱えながらチリッチ戦は無理というくらい一方的な展開から棄権しましたので、同じようなコンディションでベルディヒ選手もやはり厳しいと思います。

万全のフェデラー選手なら尚更です。

 

そこを勝ち上がった後は、最悪とも言える世界ランキング上位3選手との3連戦が待っています。

ここで3連勝すれば、全豪オープン初優勝となりますが、さすがに厳しいと予想されます。

 

怪我の状態とドローを考えれば、まずはベスト8までは勝ち上がって大きくポイントを失わないというのが現実的な目標だと思います。

 

仮に早い段階で負けたり棄権した状態で、スタン・ワウリンカ選手やミロシュ・ラオニッチ選手がベスト4まで勝ち上がってしまうと、世界ランキングの争いがまた厳しくなってしまいます。

 

理想を言えば、怪我の状態が万全になった状態で準々決勝のアンディ・マレー選手を全米オープと同じように倒したいところです。

先の試合を意識した戦いができる相手ではないですので、全精力を使い果たして勝つということでいいと思います。

 

世界ランキングを4位以上に引き上げ、第4シード以上で今後のグランドスラムを戦える状態を作るというのが、錦織圭選手の全豪オープンでの目的と言ってもいいと思います。

 

最新の男子テニス世界ランキングはこちらから

 

全豪オープン2017ドロー表・シード順位はこちら

その他、全豪オープンのドロー表・シード順位はこちらになります。

 

2017年全豪オープンドロー・トーナメント表はこちら

 

2017年全豪オープンシード順位はこちら

 

スポンサーリンク