春の甲子園(センバツ)2017年の出場高校32校が決定|21世紀枠3校も発表

 

2017年春の甲子園(通称:センバツ)の出場高校32校が27日に発表されました。

一般枠が29枠、21世紀枠が3枠と夏の甲子園に比べて少ない枠ですが、秋季大会の結果をもとに選抜され、発表されました。

 

2017年夏の甲子園出場校一覧はこちらから

 

スポンサーリンク

2017年春の甲子園(センバツ)の出場校発表速報|春の甲子園出場校一覧

センバツ出場校は、1月27日(金)15:00~発表されます。

先に21世紀枠の3校が発表され、その後地区大会を勝ち上がった一般選考枠29校が発表されます。

 

こちらが発表された、春の甲子園(センバツ)出場校一覧と補欠校です。

<北海道地区>

札幌第一(北海道)

補欠:札幌日大(北海道)

 

<東北地区>

仙台育英(宮城)

盛岡大付(岩手)

 

補欠①:酒田南(山形)

補欠②:聖光学院(福島)

 

<関東・東京地区>

作新学院(栃木)

東海大市原望洋(千葉)

健大高崎(群馬)

前橋育英(群馬)

早実(東京)

日大三(東京)

 

関東補欠①:慶応(神奈川)

関東補欠②:山梨学院(山梨)

東京補欠①:都日野(東京)

東京補欠②:国士舘(東京)

 

<東海地区>

静岡(静岡)

至学館(愛知)

 

補欠①:中京大中京(愛知)

補欠②:三重(三重)

 

<北信越地区>

福井工大福井(福井)

高岡商(富山)

 

補欠①:日本航空石川(石川)

補欠②:日本文理(新潟)

 

<近畿地区>

履正社(大阪)

神戸国際大付属(兵庫)

大阪桐蔭(大阪)

滋賀学園(滋賀)

智弁学園(奈良)

報徳学園(兵庫)

高田商(奈良)

 

補欠①:県立和歌山東(和歌山)

補欠②:上宮太子(大阪)

 

<中国・四国地区>

宇部鴻城(山口)

市立呉(広島)

明徳義塾(高知)

帝京大五(愛媛)

創志学園(岡山)

 

中国地区補欠①:鳥取城北(鳥取)

中国地区補欠②:広島新庄(広島)

 

四国地区補欠①:英明(香川)

四国地区補欠②:済美(愛媛)

 

<九州地区>

福岡大大濠(福岡)

東海大福岡(福岡)

熊本工(熊本)

秀岳館(熊本)

 

補欠①:鹿児島実業(鹿児島)

補欠②:佐賀商(佐賀)

 

<21世紀枠>

多治見(東海地区・岐阜)

不来方(東北地区・岩手)

中村(四国地区・高知)

 

21世紀枠補欠①:高千穂(九州地区・宮崎)

21世紀枠補欠②:洛星(近畿地区・京都)

 

スポンサーリンク

 

2017年春の甲子園(センバツ)の21世紀枠3校発表速報|春の甲子園21世紀枠の一覧

2017年春の甲子園に出場する21世紀枠の候補は、9校です。

この中から、3校が選抜されて春の甲子園出場となります。

こちらが、2017年春の甲子園21世紀枠の候補9校です。

 

中村(四国地区・高知)

倉吉東(中国地区・鳥取)

洛星(近畿地区・京都)

高千穂(九州地区・宮崎)

富良野(北海道地区・北海道)

多治見(東海地区・岐阜)

石橋(関東東京地区・栃木)

不来方(東北地区・岩手)

富山東(北信越地区・富山)

 

この順番で3分半のプレゼンテーションが行われ、それをもとに春の甲子園21世紀枠の出場校が決定します。

21世紀枠の発表は1月27日15時から予定されていました。

 

そしてこちらが、2017年春の甲子園(センバツ)に出場する21世紀枠の3校です。

 

多治見(東海地区・岐阜)

不来方(東北地区・岩手)

中村(四国地区・高知)

 

21世紀枠補欠①:高千穂(九州地区・宮崎)

21世紀枠補欠②:洛星(近畿地区・京都)

 

不来方は読み方が難しいですが、「こずかた」です。

不来方高校は、部員10名というハンデの中、21世紀枠で出場となりました。

この選考に関しては、部員数が少ない中でも頑張っている高校に勇気を与えたいというメッセージが込められていると、選考発表の場でコメントされました。

 

スポンサーリンク

2017年春の甲子園(センバツ)の一般枠29校発表速報|春の甲子園一般選考枠一覧

2017年春の甲子園出場の一般選考枠は、合計で29校分あります。

地区で分かれていますが、こちらが各地区のセンバツ出場枠です。

 

北海道地区…1枠

東北地区…2枠

北信越地区…2枠

関東・東京地区…6枠

東海地区…2枠

近畿地区…7枠(履正社高校が秋の神宮大会で優勝した為1枠増)

中国・四国地区…5枠

九州地区…4枠

21世紀枠…3枠

 

センバツ出場枠が1枠、2枠、4枠の地域は、予想がしやすいです。

センバツの出場は、秋季大会の結果をもとに選出されます。

秋季大会の結果が全てではないところがややこしいですが、秋季大会を元に選抜することになっています。

 

参加枠が1枠の地域は、秋季大会の優勝校が選抜される可能性が高いです。

同じく2枠の地域は優勝校と準優勝校、4枠の地域はベスト4の4校が有力候補です。

 

その他の地域に関しては、予想が分かれるところです。

こちらでは、このように予想しました。※見事32校全て予想的中でした!(笑)

 

2017年春の甲子園一般枠の29校は、こちらです。

<北海道地区>

札幌第一(北海道)

補欠:札幌日大(北海道)

 

<東北地区>

仙台育英(宮城)

盛岡大付(岩手)

補欠①:酒田南(山形)

補欠②:聖光学院(福島)

 

<関東・東京地区>

作新学院(栃木)

東海大市原望洋(千葉)

健大高崎(群馬)

前橋育英(群馬)

早実(東京)

日大三(東京)

 

関東補欠①:慶応(神奈川)

関東補欠②:山梨学院(山梨)

東京補欠①:都日野(東京)

東京補欠②:国士舘(東京)

 

<東海地区>

静岡(静岡)

至学館(愛知)

 

補欠①:中京大中京(愛知)

補欠②:三重(三重)

 

<北信越地区>

福井工大福井(福井)

高岡商(富山)

 

補欠①:日本航空石川(石川)

補欠②:日本文理(新潟)

 

<近畿地区>

履正社(大阪)

神戸国際大付属(兵庫)

大阪桐蔭(大阪)

滋賀学園(滋賀)

智弁学園(奈良)

報徳学園(兵庫)

高田商(奈良)

 

補欠①:県立和歌山東(和歌山)

補欠②:上宮太子(大阪)

※上宮太子に関しては、有力候補だったものの、大会規定(同一都道府県から2校まで)に引っ掛かり補欠2校目になったと注釈が付きました。

 

<中国・四国地区>

宇部鴻城(山口)

市立呉(広島)

明徳義塾(高知)

帝京大五(愛媛)

創志学園(岡山)

 

中国地区補欠①:鳥取城北(鳥取)

中国地区補欠②:広島新庄(広島)

四国地区補欠①:英明(香川)

四国地区補欠②:済美(愛媛)

 

<九州地区>

福岡大大濠(福岡)

東海大福岡(福岡)

熊本工(熊本)

秀岳館(熊本)

 

補欠①:鹿児島実業(鹿児島)

補欠②:佐賀商(佐賀)

 

関東・東京地方の最後の1枠は、日大三と慶応で日大三が選抜

関東・東京地方の6枠中5枠はすんなり決まったと思います。

 

関東大会ベスト4の作新学院(栃木)・東海大市原望洋(千葉)・健大高崎(群馬)・前橋育英(群馬)と、東京優勝の早実(東京)は確定と言ってよかったと思います。

 

残り1校は、東京準優勝校の日大三と、関東ベスト8から慶応を比較したと発表されました。

その結果、日大三の投手力・打力が評価されて日大三が選抜されました。

 

日大三は秋季大会の東京大会決勝で、早実と激闘の末サヨナラ負けしました。

この試合で、早実のプロ注目選手・清宮幸太郎選手を5三振に抑え込みました。

 

2017年のドラフト会議注目選手一覧はこちらから

 

また、野手でも「デカプリオ」の異名を持つ金成麗生選手も注目選手です。

決勝で敗れた早実が、神宮大会で準優勝したのも日大三のセンバツ出場を後押ししたと思います。

一方、惜しくも補欠に回った慶応が選抜されていれば、久々の早慶同時出場でした。

 

2017年春の甲子園(センバツ)の日程は?

2017年春の甲子園(選抜)の日程は、3月19日から3月30日に甲子園球場で行われます。

開会式は3月19日の9時からです。

 

センバツの組み合わせ抽選会は3月10日(金)9時から行われました。

こちらがその抽選会で決まった組み合わせと大会日程です。

 

また、2017年の選抜甲子園はちょうどWBCが被ってしまいます。

 

春の甲子園開幕時は、WBCに話題が持っていかれあまり目立たない中での開幕になるかもしれません。

もちろん、WBC日本代表の侍ジャパンが準決勝・決勝まで勝ち進んでいればの話ですが。

3月はWBCからの春の甲子園で、野球が盛り上がってくれそうです!

 

スポンサーリンク