2017年プロ野球キャンプ1軍メンバー一覧|ルーキーの1軍キャンプ参加選手一覧

 

2月1日から一斉にプロ野球各球団がキャンプインします。

キャンプから既に1軍・2軍が分かれますので、開幕1軍を争う上ではこのキャンプインで1軍か2軍かも重要です。

なかにはスロー調整のベテランが2軍スタートの場合もありますが、多くはこの時点での2017年の1軍・2軍を想定して振り分けが行われます。

 

2017年開幕投手予想一覧はこちらから

 

スポンサーリンク

2017年1軍キャンプ参加選手を各球団が発表

2017年の1軍キャンプ参加選手が発表されています。

 

2017年は開幕前の3月に第4回WBCがあります。

 

この影響もありますので、代表選手はキャンプを途中で抜けて侍ジャパンの合宿に向かいます。

 

こちらが各球団の1軍キャンプ参加選手です。

※敬称略

 

日本ハムファイターズ1軍キャンプ参加選手一覧

<投手>

斎藤佑樹、大谷翔平、加藤貴之、ルイス・メンドーサ、有原航平、浦野博司、上原健太、井口和朋、鍵谷陽平、村田透、榎下陽大、高梨裕稔、エドウィン・エスコバー、白村明弘、田中豊樹、公文克彦、石川直也、立田将太、クリス・マーティン、屋宜照悟、吉田侑樹、上沢直之

 

<捕手>

近藤健介、清水優心、大野奨太、大嶋匠、石川亮

 

<内野手>

杉谷拳士、ブランドン・レアード、中島卓也、松本剛、渡邉諒、森本龍弥、石井一成、横尾俊健、太田賢吾

 

<外野手>

西川遥輝、岡大海、淺間大基、大田泰示、谷口雄也、岸里亮佑

 

WBC日本代表に選出されている、増井浩俊投手、宮西尚生投手、中田翔選手や田中賢介選手などは2軍キャンプです。

WBC日本代表を直前で辞退した中島卓也選手も2軍スタートです。

 

ただ、大谷翔平投手は1軍キャンプに参加しています。

大谷翔平投手はキャンプ直前に発熱で自主トレを欠席したのが心配されます。

 

ソフトバンクホークス1軍キャンプ(A組)参加選手一覧

<投手>

加治屋蓮、東浜巨、岩嵜翔、和田毅、田中正義、石川柊太、武田翔太、山田大樹、森唯斗、島袋洋奨、千賀滉大、飯田優也、R・バンデンハーク、髙橋純平、岡本健、嘉弥真新也、D・サファテ、笠原大芽、松本裕樹、R・スアレス、吉本祥二

 

<捕手>

斐紹(山下斐紹)、栗原陵矢、甲斐拓也、張本優大

 

<内野手>

今宮健太、松田宣浩、明石健志、カイル・ジェンセン、牧原大成、本多雄一、曽根海成

 

<外野手>

内川聖一、吉村裕基、中村晃、長谷川勇也、塚田正義、福田秀平、上林誠知、釜元豪、真砂勇介

 

ソフトバンクはWBC日本代表の松田宣浩選手、内川聖一選手も1軍キャンプです。

ベテランで昨年左肘の怪我をした和田毅投手もA組で、シーズンオフに右肘の手術を受けてWBC辞退となった今宮健太選手もA組です。

 

注目のドラフト1位、田中正義投手もA組スタートです。

 

また、復活を狙う松坂大輔投手はB組となっています。

 

千葉ロッテマリーンズ1軍キャンプ参加選手一覧

<投手>

佐々木千隼、石川歩、大谷智久、関谷亮太、涌井秀章、藤岡貴裕、唐川侑己、内竜也、酒居知史、松永昴大、西野勇士、大嶺祐太、南昌輝、土肥星也、有吉優樹、田中靖洋、宮崎敦次、チェン・グァンユウ、益田直也、高野圭佑、二木康太

 

<捕手>

田村龍弘、吉田裕太、宗接唯人、江村直也

 

<内野手>

マット・ダフィー、鈴木大地、中村奨吾、平沢大河、高濱卓也、三木亮、ジミー・パラデ、井上晴哉、大嶺翔太

 

<外野手>

柴田講平、角中勝也、三家和真、加藤翔平、岡田幸文、肘井竜蔵、菅原祥太

 

千葉ロッテマリーンズは、ルーキーの佐々木千隼投手が1軍キャンプスタートです。

WBC日本代表の石川歩投手も同じく1軍キャンプスタートです。

 

また、昨年まで主にショートで出場していた鈴木大地選手がセカンドコンバートのようですので、このキャンプでセカンドの練習となりそうです。

 

西武ライオンズ1軍キャンプ参加選手一覧

<投手>

今井達也、増田達至、大石達也、菊池雄星、高橋光成、多和田真三郎、野上亮磨、十亀剣、野田昇吾、平井克典、小石博孝、佐野泰雄、牧田和久、田村伊知郎、本田圭佑、B・シュリッター、武隈祥太、B・ウルフ、國場翼、ガルセス、キャンデラリオ

 

<捕手>

炭谷銀仁郎、岡田雅利、中田祥多

 

<内野手>

浅村栄斗、源田荘亮、永江恭平、山川穂高、呉念庭、外崎修汰、中村剛也、メヒア

 

<外野手>

栗山巧、金子侑司、木村文紀、秋山翔吾、熊代聖人、田代将太郎

 

西武ライオンズはWBC組の秋山翔吾選手、牧田和久投手が1軍キャンプスタートです。

 

また、森友哉捕手は1軍キャンプ参加選手に入っていましたが、2軍スタートに変更になりました。

どうやら右肩痛のようですので心配されます。

森友哉捕手は今季捕手専念と言われており、「打てる捕手」としての真価の問われるシーズンになりそうです。

 

東北楽天1軍キャンプ参加選手一覧

<投手>

松井裕樹、岸孝之、則本昂大、森雄大、塩見貴洋、藤平尚真、安楽智大、釜田佳直、池田隆英、美馬学、西宮悠介、ハーマン、菅原秀、浜矢広大、大塚尚仁、森原康平、高梨雄平、辛島航、菊池保則、古川侑利、小山雄輝

 

<捕手>

嶋基宏、足立祐一、伊志嶺忠、細川亨

 

<内野手>

阿部俊人、茂木栄五郎、今江年晶、銀次、ウィーラー、アマダー、西田哲朗、中川大志、三好匠

 

<外野手>

岡島豪郎、松井稼頭央、オコエ瑠偉、福田将儀、田中和基、枡田慎太郎、島内宏明、ペゲーロ、島井寛仁

 

楽天ではFA移籍の岸孝之投手、ドラフト1位の藤平尚真投手などが1軍キャンプスタートです。

 

肉体改造に成功したオコエ瑠偉選手も1軍キャンプスタートです。

2/3追記

オコエ瑠偉選手は右手薬指の怪我でキャンプ離脱となりました。

 

オリックスバファローズ1軍キャンプ参加選手一覧

<投手>

松葉貴大、山岡泰輔、吉田一将、佐藤達也、平野佳寿、山崎福也、金子千尋、近藤大亮、西勇輝、コーク、塚原頌平、ウエスト、ディクソン、小林慶祐、ヘルメン、海田智行、黒木優太、山田修義、金田和之、赤間謙

 

<捕手>

伊藤光、若月健矢、飯田大祐

 

<内野手>

中島宏之、安達了一、モレル、西野真弘、大城滉二、小島脩平、鈴木昂平、園部聡

 

<外野手>

駿太、ロメロ、吉田正尚、小田裕也、T-岡田、武田健吾、杉本裕太郎

 

オリックスは、WBC日本代表に平野佳寿投手が選出されていますが1軍キャンプスタートです。

 

その他人的補償選手で阪神タイガースから移籍の金田和之投手も1軍キャンプスタートです。

 

広島カープ1軍キャンプ参加選手一覧

<投手>

福井優也、九里亜蓮、加藤拓也、大瀬良大地、今村猛、岡田明丈、野村祐輔、中崎翔太、中村恭平、薮田和樹、床田寛樹、一岡竜司、塹江敦哉、飯田哲矢、ジョンソン、戸田隆矢、オスカル、ジャクソン、へーゲンズ、中村祐太、ブレイシア

 

<捕手>

會澤翼、石原慶幸、磯村嘉孝、船越涼太

 

<内野手>

田中広輔、小窪哲也、堂林翔太、新井貴浩、菊池涼介、庄司隼人、エルドレッド、安部友裕、西川龍馬、バティスタ(ドミニカアカデミー選手)、メヒア(ドミニカアカデミー選手)

 

<外野手>

丸佳浩、下水流昴、野間峻祥、松山竜平、鈴木誠也

 

広島カープは、WBC日本代表に3選手を送り込みますが、田中広輔選手・菊池涼介選手・鈴木誠也選手ともに1軍キャンプスタートです。

ベテランの新井貴浩選手、怪我で侍ジャパン強化試合を辞退していた中崎翔太投手なども1軍キャンプスタートです。

 

巨人(ジャイアンツ)1軍キャンプ参加選手一覧

<投手>

森福允彦、澤村拓一、菅野智之、マシソン、吉川光夫、内海哲也、宮國椋丞、桜井俊貴、田原誠次、マイコラス、カミネロ、山口鉄也、戸根千明、高木勇人、乾真大、田口麗斗

 

<捕手>

小林誠司、實松一成、宇佐見真吾

 

<内野手>

坂本勇人、阿部慎之助、クルーズ、村田修一、マギー、岡本和真、山本泰寛、柿澤貴裕、辻東倫、吉川大幾

 

<外野手>

陽岱鋼、ギャレット、長野久義、重信慎之介、石川慎吾、立岡宗一郎

 

巨人は1軍・2軍・3軍に分かれてのキャンプです。

FA移籍の陽岱鋼選手、森福允彦投手は順当に1軍キャンプスタートですが、同じくFA移籍の山口俊投手は3軍キャンプスタートです。

 

昨年怪我をした右肩の状態が悪いのか、リハビリ組での3軍ということのようです。

まだキャンプですが、開幕に向けて心配なニュースです。

 

横浜DeNAベイスターズ1軍キャンプ参加選手一覧

<投手>

熊原健人、石田健大、井納 翔一、三嶋一輝、山﨑康晃、須田幸太、今永昇太、濵口遥大 、福地元春、尾仲祐哉、飯塚悟史、平田真吾、三上朋也、進藤拓也、田中健二朗、砂田毅樹、平良拳太郎、P.クライン 、S.パットン 、J.ウィーランド

 

<捕手>

黒羽根利規 、戸柱恭孝 、嶺井博希 、網谷圭将

 

<内野手>

J.ロペス 、倉本寿彦 、白崎浩之、狩野 行寿 、山下幸輝 、エリアン 、佐野恵太 、田中浩康、A.シリアコ

 

<外野手>

梶谷 隆幸 、筒香 嘉智、乙坂 智、桑原 将志  関根 大気

 

DeNAベイスターズもWBC日本代表の筒香嘉智選手が1軍キャンプスタートです。

 

育成の19歳、網谷圭将選手はラミレス監督に大きな期待を受けての1軍キャンプスタートです。

 

ヤクルトスワローズ1軍キャンプ参加選手一覧

<投手>

石山泰稚、中尾輝、秋吉亮、原樹理、成瀬善久、寺島成輝、石川雅規、松岡健一、星知弥、館山昌平、ブキャナン、小川泰弘、風張蓮、オーレンドルフ、菊沢竜佑、村中恭兵、岩橋慶侍、ルーキ、ギルメット、平井諒、山中浩史、近藤一樹

 

<捕手>

西田明央、中村悠平、井野卓

 

<内野手>

山田哲人、大引啓次、西浦直亨、川端慎吾、荒木貴裕、畠山和洋、廣岡大志、グリーン、谷内亮太

 

<外野手>

比屋根渉、バレンティン、山崎晃大朗、雄平、坂口智隆、上田剛史、鵜久森淳志

 

ヤクルトスワローズも、WBC日本代表の山田哲人選手、秋吉亮投手が1軍キャンプスタートです。

 

ルーキーの寺島成輝投手も1軍キャンプスタートです。

 

中日ドラゴンズ1軍キャンプ参加選手一覧

<投手>

田島慎二、岩瀬仁紀、佐藤優、又吉克樹、柳裕也、鈴木翔太、吉見一起、野村亮介、岡田俊哉、大野雄大、福谷浩司、丸山泰資、山井大介、福敬登、三ツ間卓也、バルデス、笠原祥太郎、アラウホ、若松駿太、小熊凌祐、伊藤準規、ロンドン、ジョーダン

 

<捕手>

木下拓哉、松井雅人、加藤匠馬、杉山翔大

 

<内野手>

高橋周平、阿部寿樹、森野将彦、遠藤一星、石岡諒太、ゲレーロ、溝脇隼人、京田陽太、亀澤恭平、堂上直倫

 

<外野手>

藤井淳志、平田良介、大島洋平、古本武尊、ビシエド、近藤弘基

 

中日ドラゴンズは、WBC日本代表に平田良介選手と岡田俊哉投手が選出されています。

どちらも1軍キャンプスタートです。

 

ドラフト1位の柳裕也投手、大ベテランの岩瀬仁紀投手なども1軍キャンプスタートです。

 

2000本安打達成のかかる荒木雅博選手、昨年オフに左肘の手術を受けた小笠原慎之介投手は2軍スタートです。

 

阪神タイガース1軍キャンプ参加選手一覧

投手(19名)

能見篤史、横山雄哉、岩貞祐太、藤浪晋太郎、ロマン・メンデス、岩田稔、藤川球児、歳内宏明、小野泰己、石崎剛、マルコス・マテオ、髙橋聡文、秋山拓巳、山本翔也、青柳晃洋、ランディ・メッセンジャー、松田遼馬、岩崎優、島本浩也

 

捕手(4名)

坂本誠志郎、梅野隆太郎、岡﨑太一、原口文仁

 

内野手(9名)

上本博紀、鳥谷敬、北條史也、大山悠輔、エリック・キャンベル、糸原健斗、今成亮太、荒木郁也、植田海

 

外野手(8名)

糸井嘉男、福留孝介、髙山俊、横田慎太郎、江越大賀、中谷将大、板山祐太郎、俊介

 

FA移籍の糸井嘉男選手は1軍キャンプスタートです。

糸井嘉男選手は膝の怪我が伝えられましたので、怪我が不安視されます。

 

WBC日本代表の藤浪晋太郎投手も1軍キャンプスタートです。

 

スポンサーリンク

 

1軍キャンプスタートのルーキーは?新人選手の1軍キャンプメンバー一覧

2016年のドラフト会議は、投手が豊作のドラフトでした。

 

このドラフトで入団した選手には、開幕1軍で即戦力としての期待がかかる選手も多いです。

 

また、高卒ルーキーで即戦力ではないかもしれないものの、1軍キャンプメンバーの高卒ルーキーもいます。

 

こちらが、各球団の新人選手の1軍キャンプメンバー一覧です。

 

<広島カープ>

加藤拓也投手(1位・慶大)

庄田寛樹投手(3位・中部学院大)

 

<巨人>

なし

 

<DeNAベイスターズ>

濱口遥大投手(1位・神奈川大)

尾仲祐哉投手(6位・広島経大)

狩野行寿内野手(7位・平成国際大)

進藤拓也投手(8位・JR東日本)

佐野恵太内野手(9位・明大)

 

<阪神タイガース>

大山悠輔内野手(1位・白鴎大)

小野泰己投手(2位・富士大)

糸原健斗内野手(5位・JXーENEOS)

 

<ヤクルトスワローズ>

寺島成輝投手(1位・履正社)

星知弥投手(2位・明大)

中尾輝投手(4位・名古屋経大)

菊沢竜佑投手(6位・相双リテック)

 

<中日ドラゴンズ>

柳裕也投手(1位・明大)

京田陽太内野手(2位・日大)

笠原祥太郎投手(4位・新潟医療福祉大)

丸山泰資投手(6位・東海大)

 

<日本ハムファイターズ>

石井一成内野手(2位・早大)

 

<ソフトバンクホークス>

田中正義投手(1位・創価大)

 

<千葉ロッテマリーンズ>

佐々木千隼投手(1位・桜美林大)

酒居知史投手(2位・大阪ガス)

土肥星也投手(4位・大阪ガス)

有吉優樹投手(5位・九州三菱自動車)

宗接唯人捕手(7位・亜大)

菅原祥太外野手(育成2位・日本ウェルネススポーツ大)

 

<西武ライオンズ>

今井達也投手(1位・作新学院)

源田壮亮内野手(3位・トヨタ自動車)

平井克典投手(5位・ホンダ鈴鹿)

田村伊知郎投手(6位・立教大)

 

<東北楽天>

藤平尚真投手(1位・横浜高)

池田隆英投手(2位・創価大)

田中和基外野手(3位・立教大)

菅原秀投手(4位・大体大)

森原康平投手(5位・新日鉄住金広畑)

高梨雄平投手(9位・JXーENEOS)

 

<オリックスバファローズ>

山岡泰輔投手(1位・東京ガス)

黒木優太投手(2位・立正大)

小林慶祐投手(5位・日本生命)

飯田大祐捕手(7位・ホンダ鈴鹿)

 

ドラフトの目玉だった、田中正義投手・佐々木千隼投手・柳裕也投手は文句なしの1軍キャンプスタートです。

 

また、高校BIG4の藤平尚真投手・寺島成輝投手・今井達也投手が1軍キャンプスタートです。

 

その他、オリックスのドラフト1位の山岡泰輔投手なども1軍キャンプメンバーに入っています。

 

巨人だけが新人選手の1軍キャンプメンバーがいませんでした。

ドラフト1位の吉川尚輝選手も1軍キャンプメンバーには入れませんでした。

 

スポンサーリンク

2軍スタートの主力選手は?FA移籍の山口俊投手が3軍スタート

キャンプメンバーを見ると、主力選手で2軍キャンプスタートの選手も多いです。

 

ただ、この場合は怪我のリハビリやベテランがスロー調整で2軍スタートなど、状況が人によって異なります。

 

その為、2軍キャンプスタート=今年は期待できないという訳でもありません。

それでも中には心配なキャンプ2軍スタートの選手もいます。

 

特に心配されるのが、DeNAベイスターズから巨人へFA移籍した山口俊投手です。

山口俊投手は、昨年右肩の怪我でクライマックスシリーズを欠場しています。

 

その山口俊投手は2軍どころか3軍キャンプスタートです。

これは、右肩のリハビリを優先するための措置だと思います。

投手の肩の怪我は長引くことが多いですが、山口俊投手は開幕に間に合わない可能性も高そうです。

 

また、1軍キャンプメンバーに入っていますが、日本ハムの大谷翔平投手の投手としてのWBC出場辞退が発表されました。

大谷翔平投手は昨年に痛めた右足首の怪我の状態が回復せずに、WBCに投手として出場するのが困難とのことです。

WBCよりも、開幕に間に合うかが微妙な状態のようですので、大谷翔平選手の状態も心配されます。

 

追記

大谷翔平選手は野手としてもWBC辞退となりました。

右足首の怪我は手術の可能性もあり、大谷翔平選手が開幕に間に合わない可能性もあります。

 

スポンサーリンク