大谷翔平投手、右足首の怪我で投手としてのWBC出場辞退が決定|野手としても辞退か?

 

第4回WBCを戦う侍ジャパンに、衝撃的なニュースです。

エースとして期待され、野手での二刀流出場の可能性も考えられた大谷翔平投手が、投手としてのWBC出場を辞退することが発表されました。

 

大谷翔平投手は昨年痛めた右足首の状態がまだ思わしくなく、投手としてのWBC出場が困難な状態のようです。

 

野手としての出場の可能性はまだ残されていますが、その場合はメンバーの入れ替えが必須ですので、難しい選択が迫られます。

 

また、大谷翔平投手は初戦のキューバ戦での先発が有力視されていましたので、先発ローテーションの変更も余儀なくされます。

 

スポンサーリンク

大谷翔平投手は投手としてのWBC出場辞退!右足首の怪我が原因

大谷翔平投手は、2月1日に投手としてのWBC出場を辞退することが分かりました。

 

これは、日本ハムの栗山英樹監督が明らかにしました。

 

大谷翔平投手は、既に発表されている第4回WBC日本代表・侍ジャパンのメンバーに選出されていました。

 

ただ、投手としてのWBC出場辞退となるので、メンバー変更が避けられません。

 

大谷翔平投手の投手としてのWBC出場辞退理由は、右足首の怪我のようです。

 

大谷翔平投手は昨年の日本シリーズ中に右足首を負傷していましたが、これが昨年の侍ジャパン強化試合でも悪化したようです。

 

その右足首の状態が回復しない為に、投手としてのWBC出場は困難という結論に達したようです。

 

こうなると、シーズン後の11月になぜ強化試合をやったのかという議論が再び起こりそうな気がします。

 

この強化試合では、大谷翔平選手は野手限定での出場でしたが、右足首の怪我があったので野手限定での出場になったのかもしれません。

 

大谷翔平投手の怪我は、右足首の捻挫だと思います。

元々捻挫癖があったようですが、長引いていることを考えれば重症な足首の捻挫だったか、もしくは遊離軟骨などが出来ているかもしれません。

 

遊離軟骨とは、骨の破片のことで怪我をした時に出来てしまうことがあります。

遊離軟骨は、野球選手では肘に出来ることが多く、毎年オフに肘の遊離軟骨除去手術を受ける選手がいます。

 

2016年オフには、今宮健太選手が右肘遊離軟骨除去手術を受けてWBC辞退となっています。

 

大谷翔平投手の怪我の詳細は明かされていませんが、シーズン開幕に間に合うかすらわからない状態のようです。

 

大谷翔平選手は野手でのWBC出場の可能性はあり

大谷翔平選手は投手としてのWBC辞退を発表した時点では、まだ野手としての出場の可能性が残されています。

 

ただ、開幕に間に合うかどうかの状態でWBC出場はあまり現実的ではありません。

 

日本ハムとしては、野手としても出場辞退させたいところだと思いますが、NPBとしてはメジャーリーガーに出場辞退が相次いだ中、目玉選手である大谷翔平選手の辞退は避けたいところだと思います。

 

大谷翔平選手自身も、かなりWBCに意欲的なコメントをしていましたので、野手だけでも出場できるなら出場したいのではないかと思います。

 

ただその場合、メンバーの変更が必要になると思います。

大谷翔平選手は先発投手として選出されていますので、そのまま大谷翔平選手が野手として出場するとメンバー構成がおかしくなります。

 

その為、既に発表されている野手を1人外して、代わりに先発投手を選出しなくてはなりません。

 

つまり、「大谷翔平選手が野手としての出場になったので外れる選手」が必ず出ます。

 

スポンサーリンク

 

大谷翔平選手の代役の投手は?武田翔太投手か野村祐輔投手か?

まず先発投手としての大谷翔平選手がWBC出場辞退することは決定しましたので、代わりの先発投手が必要です。

 

既に発表されているWBC出場メンバーでは、菅野智之投手・則本昂大投手・石川歩投手が先発すると予想されています。

 

第2先発では、千賀滉大投手・増井浩俊投手・藤浪晋太郎投手・牧田和久投手などが予想されます。

 

この第2先発の中から誰かが先発に回るのか、あるいは新たに招集する投手が先発に回るのかが選択肢です。

 

ただ代わって入った投手には、先発or第2先発の役割となりそうですので、先発型の投手が選出されるはずです。

 

そうなると、候補はかなり絞られます。

 

直前まで侍ジャパンの候補で、メンバーから外れた先発投手はこちらです。

 

武田翔太投手

野村祐輔投手

 

他にも、涌井秀章投手・菊池雄星投手・大野雄大投手なども候補になりそうですが、強化試合での起用などを考えれば直前招集で全くの初選出や久々の選出の可能性は低いと思います。

 

野手の最後の1人では、田中広輔選手が選出されましたが、これは中島卓也選手辞退・今宮健太選手の辞退によって、初選出の選手を選ばざるを得ない状態になったための措置だと思います。

 

そうなると、大谷翔平投手の代役で招集されるのは、野村祐輔投手・武田翔太投手の2投手に限られそうです。

 

ただこの2投手が外れた理由が何かにもよります。

ただの落選ではなく、怪我などによって出場できなかった可能性もあり得ます。

 

実際に、昨年武田翔太投手・野村祐輔投手よりも成績の落ちる藤浪晋太郎投手が選出さ荒れています。

 

これは、武田翔太投手か野村祐輔投手に何らかのトラブルがあった可能性も考えられます。

その場合は、田中広輔選手のように過去の招集歴に関係ない選手が選出される可能性もあります。

 

ただ、順当であれば武田翔太投手か野村祐輔投手のいずれかではあると思います。

 

スポンサーリンク

大谷翔平選手が野手で出場の場合に外れる選手は?平田良介選手が外れるか?

大谷翔平選手には、まだ野手でのWBC出場の可能性が残されています。

 

ただ、その場合は誰か既に発表されている野手が外れる必要があります。

 

大谷翔平選手がそのままメンバーに残る場合は、既存の野手が外れて代わって先発投手が入る形になります。

そうしなければ、メンバー構成がおかしくなります。

 

大谷翔平選手は怪我もあるので、野手で出場するならば間違いなくDHです。

 

既に発表されているメンバーでDH候補は、内川聖一選手が筆頭だと思います。

 

その他、外野手で出場の筒香嘉智選手・秋山翔吾選手・青木宣親選手・鈴木誠也選手のいずれかがDHで出場してこの4選手が同時に出場するという可能性もあります。

 

また、山田哲人選手がDHで菊池涼介選手がセカンドという可能性も考えられますが、小久保監督が山田哲人選手のセカンド起用を明言しているので可能性は低そうです。

 

大谷翔平選手がDHか代打となると、メンバーの少ない内野手ではなく外野手が外れる可能性が高いです。

 

そうなると、候補は大きく広げてもこの3選手です。

 

平田良介選手

秋山翔吾選手

内川聖一選手

 

大谷翔平選手がDHで起用されれば、内川聖一選手はスタメン落ちとなると思います。

ただ、代打の切り札的な選手がいませんので、その場合も内川聖一選手が代打要因で残るはずです。

 

青木宣親選手の招集により、スタメン落ちの可能性がある秋山翔吾選手ですが、スタメン落ちでも代走・守備固めでも出場の可能性があります。

 

平田良介選手も代走・守備固めで出場可能ですが、単に代走・守備固めで考えれば秋山翔吾選手の方が上だと思います。

 

右に外野手は、鈴木誠也選手がいますので、無理に平田良介選手を選出する必要もないと思います。

 

そうなれば、大谷翔平選手の野手でのWBC出場が決定した場合に、平田良介選手に代わって武田翔太投手or野村祐輔投手が選出されるのというのが堅い予想だと思います。

 

ただこの場合、既に侍ジャパンのメンバーとして発表されていた平田良介選手を外すということになるので、非情の通告です。

 

WBCを勝つためと言えば当然の措置ですが、WBCに向けて調整していたことを考えれば今後の侍ジャパンの活動にも影響するかもしれません。

 

かつて落合監督の時代に、中日は全選手を辞退させた経緯もあります。

 

そういった亀裂を生むきっかけにならないとも言えませんが、大谷翔平選手の昨年の成績

を見れば誰も文句は言えないとも言えます。

 

ただ、大谷翔平選手の野手限定でのWBC出場には、このような「玉突き落選」が避けられません。

 

それを考えると、大谷翔平選手は野手としてもWBC出場辞退の可能性が高そうです。

 

色々な影響が出るのも二刀流ならではですが、どちらにしても侍ジャパンにとっては痛すぎる大谷翔平選手の出場辞退です。

 

小久保監督は大谷翔平投手の投手辞退を知らず?

大谷翔平投手の投手としてのWBC出場辞退のニュースで、どうやら小久保監督には発表後に情報が渡ったようです。

選手の辞退に関する流れがよく分かりませんが、代表選手の辞退を代表監督が知らないなどおかしな話です。

 

どうも不可解なニュースですが、辞退を申し出る側の日本ハムからすると小久保監督よりも先に報告する相手がいるのではないかと思ってしまいます。

 

そこで情報が止まって小久保監督の耳まで届いていないという感じではないかと思います。

そうすると、果たして小久保監督の権限はどこまであるのか、そもそもメンバー選考においてどれだけ権限があるのかすら疑問です。

 

小久保監督はプレミア12以降かなり批判を多く受けていますが、日本代表監督であればそれも当然です。

ただ、そこまで権限もなく批判されるのはかわいそうな気がします。

 

一体なぜ小久保監督まで届いていなかったのか謎ですが、この情報の伝達が上手くいっていないことも心配なニュースです。

 

大谷翔平投手の投手辞退も深刻ですが、この情報伝達の不足も深刻な問題な気がします。

 

大谷翔平投手は野手でもWBC出場辞退!2/3追記

大谷翔平投手は投手だけでなく野手としてもWBC出場辞退となりました。

大谷翔平投手はWBCメンバーの28人の登録から外れます。

 

代わって先発投手が1人招集されるとのことでしたが、武田翔太投手の追加招集が正式に決定しました。

 

大谷翔平投手には右足首の怪我で手術の可能性が伝えられ、開幕も厳しそうです。

2017年の活躍、2017年オフでのメジャー移籍など多くのことに響きそうな怪我です。

 

 

スポンサーリンク