2017年プロ野球セリーグ・パリーグの開幕投手の予想・発表一覧

 

3月31日に、2017年のプロ野球がセリーグ・パリーグ同時に開幕します。

 

2017年はWBCがありましたので、開幕投手=エースとはならないケースが多そうです。

また、急遽開幕投手が変更になっている球団もあり、予想が難しいところもあります。

 

特にエースがWBC日本代表に選ばれていた球団にとっては、開幕投手は難しい問題になりそうです。

 

スポンサーリンク

2017年プロ野球の開幕投手予想【セリーグ】

開幕投手は公表している球団もありますが、予告はまだされていません。

 

その為、ほぼ間違いなくても予想ということになります。

 

こちらでは、セリーグ6球団の開幕投手予想をこのようにしました。

 

広島カープ ジョンソン投手

巨人 マイコラス投手

DeNA 石田健大投手

阪神 メッセンジャー投手

ヤクルト 石川雅規投手

中日 大野雄大投手

 

広島カープの2017年開幕投手予想はジョンソン投手

広島カープは、ほぼ間違いなくジョンソン投手だと思います。

2016年の沢村賞投手で、緒方監督も2017年ファンミーティングで開幕投手はジョンソン投手と公言しています。

 

巨人の2017年開幕投手予想はマイコラス投手

巨人の開幕投手は、2017年セリーグファンミーティングで高橋由伸監督が「まだ決まっていません」と公言しませんでした。

 

巨人のエースと言えば、文句なしで菅野智之投手ですが、菅野智之投手はWBC日本代表でもエースでした。

特に敗れた準決勝アメリカ戦では、かなりの気合を入れての投球だったのか、メジャーの一流打者を相手に1失点の好投でした。

 

ただ、その影響もあっていきなり開幕投手は難しそうです。

菅野智之投手は2カード目の先発に回りそうですので、そうなると開幕投手候補はマイコラス投手・田口麗人投手です。

 

ただ、マイコラス投手の開幕投手予想が多いようです。

 

DeNAの2017年開幕投手予想は石田健大投手

DeNAの開幕投手予想は、石田健大投手です。

予想というよりも、ラミレス監督がかなり前から公言していますので間違いなさそうです。

 

阪神タイガースの2017年開幕投手予想はメッセンジャー投手

阪神タイガースの2017年開幕投手予想は、メッセンジャー投手です。

 

こちらも金本監督が公言しており、ほぼ間違いなさそうです。

 

阪神タイガースからは、藤浪晋太郎投手がWBC日本代表に選出されていました。

ただ、藤浪晋太郎投手は登板機会が少なく、調整不足が懸念されます。

 

怪我や疲労などがそこまで心配ありませんが、実戦不足感はあります。

藤浪晋太郎投手は開幕投手を回避し、2カード目に先発しそうです。

 

ヤクルトスワローズの2017年開幕投手予想は石川雅規投手

ヤクルトスワローズの2017年開幕投手予想は石川雅規投手です。

 

こちらも、真中監督が公言しています。

候補としては小川泰弘投手がいますが、コンディションの差なのか石川雅規投手の開幕投手が決定と言えそうです。

 

中日ドラゴンズの2017年開幕投手予想は大野雄大投手

中日ドラゴンズの2017年開幕投手予想は大野雄大投手です。

こちらも森監督が一応公言しました。

 

ただ、ファンミーティングで相手の巨人の高橋由伸監督が開幕投手は決まっていないとコメントすると、慌てて森監督も「大野じゃないかもしれない」と意味深なコメントを残しています。

 

恐らくは大野雄大投手で決定だと思いますが、相手が予告してくれないというまさかの展開となりました。

 

スポンサーリンク

 

2017年プロ野球の開幕投手予想【パリーグ】

続いてパリーグの2017年開幕投手予想です。

 

パリーグの方がWBCの影響を大きく受けそうですので、開幕投手予想はややこしくなります。

 

パリーグ2017年開幕投手予想

 

日本ハム 有原航平投手

ソフトバンク 和田毅投手

千葉ロッテ 涌井秀章投手

西武ライオンズ 菊池雄星投手

楽天 美馬学投手

オリックス 金子千尋投手

 

日本ハムの2017年開幕投手予想は有原航平投手

日本ハムは本来なら大谷翔平投手が開幕投手候補最有力ですが、大谷翔平投手は右足首の怪我でWBCを辞退しています。

 

その後は野手として調整し、DHでオープン戦では驚異の長打率を記録しています。

恐らくは大谷翔平投手はしばらく3番・DHでの出場が続くと思いますが、2016年も突然抑えで登板したりと何があるかわかりません。

 

さすがに開幕投手はないと思いますので、有原航平投手が最有力です。

 

ソフトバンクの2017年開幕投手予想は和田毅投手

ソフトバンクホークスの2017年開幕投手は、工藤監督が和田毅投手と公言しています。

 

武田翔太投手・千賀滉大投手がWBCに出場するなか、2016年最多勝の和田毅投手がいれば当然と言えそうです。

 

ただ、和田毅投手は2016年終盤に左肘の怪我で離脱しています。

その影響が心配されましたが、どうやら問題ないようです。

 

千葉ロッテの2017年開幕投手予想は涌井秀章投手

千葉ロッテマリーンズの2017年開幕投手予想は涌井秀章投手です。

こちらも伊東監督が公言していました。

 

千葉ロッテからは石川歩投手がWBC日本代表に選出されており、先発しています。

恐らく決勝進出していれば、決勝でも先発した可能性が高かったと思います。

 

その石川歩投手が開幕戦を回避となれば、涌井秀章投手が最有力です。

 

西武ライオンズの2017年開幕投手予想は菊池雄星投手

西武ライオンズの2017年開幕投手予想は菊池雄星投手です。

 

岸孝之投手が2016年オフに西武ライオンズから楽天へ移籍しましたので、菊池雄星投手にはエースとしての活躍が期待されます。

昨年初めて2桁勝利となりましたが、15勝くらいが求められそうです。

 

楽天の2017年開幕投手予想は美馬学投手

東北楽天の2017年開幕投手予想は美馬学投手です。

 

楽天の開幕投手は、FA移籍してきた岸孝之投手が有力でした。

ただ、岸孝之投手はインフルエンザ感染の為開幕戦の登板が困難となりました。

 

また、開幕2戦目に内定していた安樂智大投手もハムストリングスの怪我で開幕ローテーションを外れることになりました。

 

エースの則本昂大投手はWBC日本代表に選出され、しかもそのWBCであまり調子はよくありませんでした。

 

そこで代役として開幕投手に浮上したのが、美馬学投手です。

 

代役の代役感は強いですが、日本シリーズでも好投するなど大舞台に強い投手と言えそうです。

 

オリックスの2017年開幕投手予想は金子千尋投手

オリックスの2017年開幕投手予想は金子千尋投手です。

 

昨年はあまり力を発揮できていない感はありますが、実力を発揮すれば沢村賞クラスの投手です。

 

本来であればWBC日本代表にも入る投手ですが、日本代表には縁がない選手の1人となっています。

 

他のチームがエース格が揃ってWBC日本代表に選出される中、エースが万全の状態で迎えられそうなオリックスには有利な開幕戦となりそうです。

 

本来ならば開幕投手予想もWBCの影響で回避する投手は?

2017年はWBCの影響で開幕投手を回避する投手もいます。

 

WBCが原因で開幕投手を回避することが予想されるのが、こちらの投手です。

 

菅野智之投手(巨人)

藤浪晋太郎投手(阪神)

武田翔太投手(ソフトバンク)

千賀滉大投手(ソフトバンク)

石川歩投手(ロッテ)

則本昂大投手(楽天)

 

藤浪晋太郎投手・武田翔太投手・千賀滉大投手はWBCが無くても開幕投手ではない可能性も十分ですが、菅野智之投手・石川歩投手・則本昂大投手はWBCが無ければ間違いなく開幕投手候補筆頭です。

 

特に則本昂大投手は田中将大投手がWBCで開幕投手を回避する中ルーキーで開幕投手となり、そこから連続で開幕投手を務めていました。

 

ただどの投手も怪我で離脱している訳ではなく、開幕投手を回避しただけですので年間で考えればそこまで大きな問題ではないかもしれません。

 

2017年WBC日本代表メンバー一覧はこちらから

 

過去の開幕投手は?2016年の開幕投手一覧

過去の開幕投手を見ると、やはり豪華な名前が並びます。

 

こちらでは、過去の開幕投手をご紹介します。

 

2016年の開幕投手一覧

巨人・菅野智之投手 対 ヤクルト・小川泰弘投手

 

阪神・メッセンジャー投手 対 中日・大野雄大投手

 

広島・ジョンソン投手 対 DeNA・井納翔一投手

 

楽天・則本昂大投手 対 ソフトバンク・摂津正投手

 

西武・菊池雄星投手 対 オリックス・金子千尋投手

 

ロッテ・涌井秀章投手 対 日本ハム・大谷翔平投手

 

2015年の開幕投手一覧

巨人・菅野智之投手

阪神・メッセンジャー投手

広島・前田健太投手

中日・山井大介投手

DeNA・久保康友投手

ヤクルト・小川泰弘投手

ソフトバンク・摂津正投手

オリックス・ディクソン投手

日本ハム・大谷翔平投手

千葉ロッテ・涌井秀章投手

西武・牧田和久投手

楽天・則本昂大投手

 

2015年となると、メジャー移籍を果たした前田健太投手など少し前のように感じます。

 

この時の西武ライオンズの開幕投手は岸孝之投手の予定でしたが、わき腹を痛めて急遽牧田和久投手となりました。

岸孝之投手はこの時に続き2017年も直前で開幕投手回避となりました。

 

3年連続で開幕投手は阪神・メッセンジャー投手、ロッテ・涌井秀章投手のみとなりそうです。

 

スポンサーリンク