2020年マラソン東京オリンピック代表選考方法が変更|選考レースは?

 

2017年4月18日に、2020年の東京オリンピックのマラソン日本代表選手の選考方式変更が発表されました。

 

今まで何度も選考方式の不透明さが問題になり、特にオリンピックでメダル争いに絡めていない現状では変更せざるを得ない状況だったと言えそうです。

 

一発選考のレースも考えられましたが、一発選考+複数選考のような複雑な形になりました。

 

タイムなども影響するので、客観性がもたれる代表選考にはなりましたが、現時点では疑問の声も多そうです。

 

スポンサーリンク

東京オリンピックのマラソン代表選考方式が変更

東京オリンピックのマラソン代表選考方式が変更され、新方式となることが発表されました。

過去に何度も代表選考でもめ続けた経緯から、当然の措置と言えそうです。

 

ただ、その選考方式は複雑な形になりました。

 

過去にはマラソンの代表選考レースでの上位者から代表選手を選出していましたが、レースごとに条件も変わるため、タイムで純粋に競うことも難しい状況でした。

 

世界陸上で1人内定が出て、3レースで2選手を選ぶような形でしたのでかなりいびつな選考方式だったと言えます。

 

リオ五輪前には、福士加代子選手がリオ五輪代表内定と思われるタイムで大阪国際マラソンで優勝したものの、内定が出ない為に名古屋ウィメンズマラソンに強行出場しようとした経緯がありました。

 

結果的に名古屋ウィメンズマラソンには出場しませんでしたが、無理な調整が影響したのかリオ五輪前に怪我を負っていたようです。

 

このような選考方式の不透明さによって度々問題が起こっていましたが、新たな選考方式も客観性が出たものの複雑な方式になっています。

 

スポンサーリンク

 

東京オリンピックのマラソン代表選考新方式とは?

東京オリンピックのマラソン代表選考方式から採用される新方式は、一発選考+複数選考のような2段階方式です。

 

私も1回読んだだけではよく理解できなかったので、少々複雑です。

 

まずは2019年9月以降に行われる「グランドチャンピオンレース(GCレース)」で男女各2枠の代表選手を決定するようです。

 

マラソンのオリンピック代表選手は男女各3枠ですので、この3枠のうち2枠がこのレースで決まるようです。

 

グランドチャンピオンレースは日程、場所などは未定とのことですが、極力東京オリンピックのマラソンと同じ会場で行いたい意向のようです。

 

そしてこのグランドチャンピオンレースに出場するには、出場資格があります。

 

スポンサーリンク

東京五輪代表を決めるグランドチャンピオンレースの出場資格とは?

東京オリンピックの代表選手を決めるグランドチャンピオンレースの出場資格は、次のようになっています。

 

・2017年夏から2019年春までの国内主要大会で日本陸連の定めた順位、タイムをクリアする

・国際大会で上位の成績を残す

 

国際大会は世界陸上などが対象になりますので、1回の大会で記録を出しただけではオリンピックには出られないようになっています。

 

イメージとしては国内の主要大会が予選となり、予選で好タイム・高順位を記録すれば本大会のグランドチャンピオンレースの出場権を得られます。

 

予選で好タイム+本選で好タイムで勝つということで、今までよりも公平性が保たれた選考方法と言えそうです。

 

ただ、その本選のグランドチャンピオンレース(GC)に関してはまだまだ決まっていないことが多いです。

グランドチャンピオンレースの会場や主催には“大人の事情”も絡みそうですので、今のところ未定です。

 

開催時期が9月以降ということで夏に行われる東京オリンピックの気象条件と選考レースの気候条件が異なる可能性があります。

 

川内優輝選手は、夏の東京は暑いということで東京五輪は目指さない方針のようですが、選考レースが秋~冬という可能性もあります。

 

9月の上旬であれば夏とも言えそうですが、10月・11月となれば夏とは言えません。

 

マラソンの東京オリンピック代表最後の1枠を決めるファイナルチャレンジ(FC)とは?

先ほどのグランドチャンピオンレースで決める代表選手は3枠中2枠です。

残る1枠は、ファイナルチャレンジ(FC)で決まります。

 

このルールが少しややこしいルールです。

 

グランドチャンピオンレース出場選手が決まる2019年5月に、日本陸連がGCFC派遣設定記録を決定します。

 

2019年9月以降に行われるグランドチャンピオンレースが終了後に開催される過去の選考レースで、最も速いタイムかつGCFC派遣設定記録を越えた選手がオリンピック代表3枠眼に入ります。

 

過去の選考レースとは、男子は福岡国際マラソン、東京マラソン、びわ湖毎日マラソンです。

女子はさいたま国際マラソン、大阪国際女子マラソン、名古屋ウィメンズマラソンです。

 

ややこしいですが、全体をまとめるとこうなります。

 

2017年夏~2019年夏

国内主要大会と国際大会でグランドチャンピオンレース出場資格を争う

 

2019年9月以降

グランドチャンピオンレースでオリンピック代表選手2枠が決定

 

2020年

ファイナルチャレンジで男女とも3大会で最もタイムが速く、かつ標準記録を突破した選手が3枠目の代表に決定

 

このようになります。

また、ファイナルチャレンジで最も速いタイムの選手が標準記録を突破しなかった場合は、グランドチャンピオンレースで3番手の選手が3枠目のオリンピック代表選手となります。

 

マラソンの代表選考方式が一発選考にならない理由とは?

以前よりは公平性・客観性が出たものの、一発選考を推す声がまだ残るのも事実です。

 

オリンピックが一発勝負である以上選考も一発勝負にして、そこに合わせられなかった選手はオリンピックでもどうせ負けるという考えで行けば一発勝負が一番理にかなっていると思います。

 

一発勝負の利点としては、気象条件やレース展開などが全く同じ点です。

違うレースでの好タイムの選手を比較しようとしても、どうしても気象条件やレース展開などの要因が変わるので評価が難しいです。

 

同じ条件で速かった方が勝ちというのが最も分かりやすく、実際にオリンピックもそのような勝負になります。

 

それでも一発選考にならない理由はいくつかあります。

 

まずは、過去にあった一発選考の例です。

それが今回日本陸連でマラソン強化プロジェクトリーダーを務める瀬古利彦さんの例です。

 

瀬古利彦さんは現役時代に事実上一発選考でソウル五輪代表を決めるとされていた福岡国際マラソンを怪我で欠場して走れませんでした。

 

しかし、有力選手だった瀬古選手をどうにか代表にという思いがあったのか、その後の大会でタイムも上がらなかった瀬古選手がソウル五輪代表に入りました。

それでも不透明な選考ということで批判が相次ぎ、燃え尽き症候群に陥った結果9位でソウル五輪を終えるという結果になってしまいました。

 

燃え尽き症候群とは?

 

この自身の苦い経験が、一発選考を避けたい理由の1つだと思います。

 

今の日本マラソン界ではいませんが、仮に今後日本人選手でぶっちぎりのメダル候補の選手が出てきて、その選手が一発選考のレースに出られなかったらどうするのか?という問題があります。

 

その選手ならメダル獲得は確実、金メダルも射程圏内。

他の有力選手では、20位も期待できない。

 

そんな中怪我で一発選考のレースに出場できないという理由で、そのメダル候補選手を外すのか?と言われれば難しい問題です。

 

そうなると、テニスなどの世界ランキングで使われるポイント制にするのか?

あるいは有力選手を特例で出せるような仕組みを作るのか?

 

例えば、一発選考のレースだが過去2年でのベストタイムが一発選考のレース優勝者よりも早い選手の場合は協議の上オリンピック代表に出来るなどの方法が考えられます。

 

あるいは一発選考で2位まで決定し、最後の1枠を決めるレースを用意しておけばその有力選手を間に合わせることが出来ます。

その方式が、今回決まった新選考方式と言えそうです。

 

つまり、今回の選考方式は「基本的には2年間の予選を勝ち抜いた選手の一発選考レース、ただし一発選考のレースに出られなかった有力選手の救済措置アリ」という感じでしょうか?

 

非常にややこしい選考方式ですが、マラソンという競技の特性上ある程度仕方がないのかなと思います。

それでも今までの不透明な選考よりははっきりしていると思いますので、前進しているのではないかと思います!

 

スポンサーリンク