U-20サッカー日本代表、2017年ワールドカップメンバー21選手を発表

 

サッカー日本代表のアンダーカテゴリー、U-20日本代表が発表されました。

 

このU-20日本代表は、2017年5月20日に開幕するサッカーU-20ワールドカップ韓国大会に出場するメンバーとなります。

 

フル代表のワールドカップでは代表メンバーは23選手で、GK3人で他のポジションは2人体制がとれます。

しかし、このU-20ワールドカップでは代表メンバーは21選手と少し絞られます。

 

そういった意味では難しい選考ですが、U-20ワールドカップを戦う日本代表が選ばれました。

 

この世代の日本代表は、そのまま2020年の東京五輪日本代表になる選手も多いと思われ、注目度の高い世代となりそうです。

 

スポンサーリンク

U-20サッカー日本代表21選手が発表|2017年U-20ワールドカップ代表

U-20サッカー日本代表の21選手が発表されました。

 

この日本代表は、2017年5月20日に開幕の、U-20ワールドカップ韓国大会を戦う選手です。

 

こちらが、発表されたU-20日本代表メンバー一覧です。

 

U-20ワールドカップ日本代表メンバー

<GK>

1 小島亨介選手(早稲田大学)

12 波多野豪選手(FC東京)

21 山口瑠伊選手(ロリアン)

 

DF

2 藤谷壮選手(ヴィッセル神戸)

3 中山雄太選手(柏レイソル)

4 板倉滉選手(川崎フロンターレ)

5 冨安健洋選手(アビスパ福岡)

6 初瀬亮選手(ガンバ大阪)

15 杉岡大暉選手(湘南ベルマーレ)

19 舩木翔選手(セレッソ大阪)

 

<MF>

7 堂安律選手(ガンバ大阪)

8 三好康児選手(川崎フロンターレ

10 坂井大将選手(大分トリニータ)※主将

11 遠藤渓太選手(横浜Fマリノス)

16 原輝綺選手(アルビレックス新潟)

17 市丸瑞希選手(ガンバ大阪)

18 森島司選手(サンフレッチェ広島)

 

<FW>

9 小川航基選手(ジュビロ磐田)

13 岩崎悠人選手(京都サンガ)

14 田川亨介選手(サガン鳥栖)

20 久保建英選手(FC東京)

 

また、メンバーからは落選していますが、DF田中陸選手(柏レイソル)とMF伊藤洋輝 選手イ(ジュビロ磐田)もトレーニングパートナーとして帯同することが発表されています。

 

スポンサーリンク

 

注目選手は2階級飛び級の15歳久保建英選手

このU-20サッカー日本代表で最も注目される選手が、FC東京の久保建英選手です。

 

ご存知、バルセロナの下部組織出身で、18歳以下の選手の移籍問題によってバルセロナで公式戦に出場できなくなり、日本に帰ってきた「久保くん」です。

 

現在15歳となりましたが、しかしまだ15歳です。

今回の日本代表はU-20ですので、2階級飛び級での日本代表入りです。

 

2階級飛び級ということもすごいですが、この年代での5歳差は非常に大きいです。

高校1年生の久保建英選手が、大学生に混じっているので年齢差の大きさが分かります。

 

しかし、久保建英選手は所属クラブのFC東京でJ3のU-23FC東京でプレーしています。

15歳でJ3デビューし、最年少ゴール記録も塗り替えています。

 

U-23ですので、このU-20よりもさらに上の選手とプレーしていることになります。

それだけに妥当な選出に見えますが、やはり体格を見るとその差に改めて驚かされます。

 

久保建英選手は「日本のメッシ」の異名を持ち、18歳になれば再びバルセロナに戻るとも噂されています。

久保建英選手のU-20日本代表メンバー入りはスペインなどの海外でも報じられ、注目度の高さが伺えます。

 

また、話題では久保建英選手に持っていかれている感じはありますが、ガンバ大阪の堂安律選手はガンバ大阪でも主力選手として活躍しています。

 

ガンバ大阪ではACLでもゴールを決めるなど調子も良さそうですので、U-20ワールドカップではエースとしての活躍が期待されます。

 

スポンサーリンク

U-20ワールドカップの日程・組み合わせは?

U-20ワールドカップ韓国大会は、5月20日から開幕します。

 

U-20ワールドカップは、出場国の24か国が6つのグループリーグに分かれて最初の3試合が行われ、勝ち上がれば決勝トーナメント進出となります。

 

日本代表はグループDに入り、同組には南アフリカ・イタリア・ウルグアイがいます。

 

グループDを突破すれば、そこから決勝トーナメントとなります。

 

ラウンド16(ベスト16)からスタートし、準々決勝・準決勝・決勝と進んでいきます。

 

こちらが、日本代表の日程です。

 

5月21日(日)17:00~ 日本代表 対 南アフリカ代表

5月24日(水)20:00~ 日本代表 対 ウルグアイ代表

5月27日(土)20:00~ 日本代表 対 イタリア代表

 

また、決勝トーナメントに勝ち上がった場合の日程がこちらです。

 

5月30日(火)~6月1日(木) ラウンド16(ベスト16)

6月4日(日)~6月5日(月) 準々決勝

6月8日(木) 準決勝

6月11日(日) 決勝・3位決定戦

 

サッカーU-20ワールドカップのグループリーグ勝ち上りルールは?

24か国が6つのグループに分かれますので、グループリーグの勝ち上がり方式は少し複雑です。

 

多くの場合は上位2か国が決勝トーナメント進出となるルールが多いですが、このU-20ではまず各グループの上位2か国が自動的に決勝トーナメント進出となります。

 

次に、6つのグループの3位チームのうち成績上位4チームが決勝トーナメント進出となります。

 

つまり、3位でも他のグループの3位次第では決勝トーナメント進出の可能性があります。

成績上位を決める基準はグループリーグの順位と同じで、勝ち点→得失点差の順で決まります。

 

グループリーグ4チーム中3チームが決勝トーナメント進出する可能性があり、しかも6グループ中4グループから3位まで決勝トーナメント進出となります。

 

かなり高い確率で決勝トーナメント進出の可能性がありますので、仮に0勝2敗で第3戦を迎えてもまだまだ可能性がある中での第3戦となります。

 

U-20ワールドカップの日本代表の予想は?

U-20ワールドカップで日本代表の過去最高成績は準優勝です。

 

これは、“黄金世代”と呼ばれた1999年の日本代表です。

 

この1999年のU-20ワールドカップ(当時はワールドユース)の日本代表メンバーには、このような豪華メンバーが揃っていました。

 

小野伸二選手

小笠原満男選手

遠藤保仁選手

稲本潤一選手

高原直泰選手

加地亮選手

本山雅志選手

中田浩二選手

 

ちなみに、日本代表を抑えて優勝したのはスペイン代表でしたが、当時のスペイン代表にはカシージャス選手、シャビ選手などの後に世界的な選手となる選手がいました。

 

この日本代表の記録を破ることが期待される2017年の日本代表ですが、どこまで勝ち上がれるのでしょうか。

 

まずはグループリーグですが、グループDは決して楽なグループではありません。

南アフリカはアフリカ予選4位通過ですが、アフリカ予選の得点はトップでした。

 

爆発的な攻撃力を持つ南アフリカに大量失点を喫すると、得失点差でグループリーグ突破を争った時に非常に厳しくなります。

 

2戦目のウルグアイ代表は、南米予選王者です。

3戦目のイタリア代表はヨーロッパ予選2位とこちらも好成績でU-20ワールドカップ出場権を獲得しています。

 

日本代表もアジア王者としてU-20ワールドカップに臨みますが、まずはグループリーグ突破が現実的な目標になりそうです。

 

ただ、エースの堂安律選手からは優勝宣言が飛び出し、飛び級の久保建英選手も目標は優勝とコメントしています。

 

この世代は流れで一気に勝ち上がる可能性もあると思いますので、まずは強豪ぞろいのグループリーグ突破を期待しましょう。

 

A代表のワールドカップアジア最終予選の日程・順位表はこちらから

 

スポンサーリンク