マドリードオープン2017のシード順位・ドロー表・日程・速報|怪我の錦織圭選手も出場

 

テニスのマドリードオープン2017が5月7日から開幕します。

マドリードオープン2017はATP1000とポイントの高い大会ですので、世界ランキング上位選手が続々出場します。

 

日本の錦織圭選手も第6シードで出場する予定です。

錦織圭選手は2014年のマドリードオープンで準優勝、2015年と2016年はベスト4と相性のいいクレーコートでの大会です。

 

ただ、錦織圭選手は右手首の怪我で直前のバルセロナオープンを欠場しています。

錦織圭選手はエントリーしているものの出場できるのか、そして万全の状態なのかが不安視されます。

 

スポンサーリンク

2017年マドリードオープンのシード順位が発表

2017年のマドリードオープンのシード順位が発表されました。

マドリードオープンはATP1000の大会ですので、グランドスラムに次ぐ大きな大会です。

その為、多くのランキング上位選手がエントリーしています。

 

また、直後に控える全仏オープンに向けたクレーでの大会ということで、全仏オープンの前哨戦とも言えます。

 

こちらが、マドリードオープン2017のシード順位です。

 

第1シード アンディ・マレー選手(世界ランキング1位)

第2シード ノバク・ジョコビッチ選手(世界ランキング2位)

第3シード スタン・ワウリンカ選手(世界ランキング3位)

第4シード ラファエル・ナダル選手(世界ランキング5位)

第5シード ミロシュ・ラオニッチ選手(世界ランキング6位)

第6シード 錦織圭選手(世界ランキング7位)

第7シード マリン・チリッチ選手(世界ランキング8位)

第8シード ドミニク・ティエム選手(世界ランキング9位)

第9シード ダビド・ゴフィン選手(世界ランキング10位)

第10シード ジョーウィルフリード・ツォンガ選手(世界ランキング11位)

第11シード トマーシュ・ベルディヒ選手(世界ランキング12位)

第12シード グリゴール・ディミトロフ選手(世界ランキング13位)

第13シード ルカ・プイユ選手(世界ランキング14位)

第14シード ジャック・ソック選手(世界ランキング15位)

第15シード ガエル・モンフィス選手(世界ランキング16位)

第16シード ニック・キリオス選手(世界ランキング17位)

 

世界ランキング4位のロジャー・フェデラー選手はマドリードオープンを欠場していますが、それ以外のランキング上位選手が全員出場です。

シード順位は世界ランキングで決まりますので、ロジャー・フェデラー選手の分が繰り上がる以外はそのまま世界ランキング通りのシード順位です。

 

日本の錦織圭選手は第6シードでの出場です。

 

最新の世界ランキング上位50選手はこちらから

 

スポンサーリンク

 

2017年マドリードオープンのドロー表が発表|錦織圭選手の対戦相手は?

シード順位と一緒に、ドロー表も発表されています。

 

錦織圭選手は第6シードに入りました。

 

錦織圭選手は2回戦からの出場で、その2回戦はアルベルト・ラモス=ビノラス選手(スペイン)とディエゴ・シュワルツマン選手(アルゼンチン)の勝者と対戦します。

特にラモス=ビノラス選手はアンディ・マレー選手をモンテカルロオープンで破るなど調子が良さそうです。

 

3回戦では早くも第10シードのジョーウィルフリード・ツォンガ選手との対戦が予想されます。

 

そして、準々決勝に当たる4回戦が世界ランキング2位のノバク・ジョコビッチ選手との対戦が予想されます。

 

準決勝では、恐らくは“赤土の王者”ラファエル・ナダル選手が勝ち上がってくると思います。

決勝はランキング通りなら、世界ランキング1位のアンディ・マレー選手です。

 

錦織圭選手としては手首の怪我もありますので、まずは準々決勝のノバク・ジョコビッチ選手まで行くことが目標になりそうです。

 

錦織圭選手の右手首の怪我についてはこちら

 

2017年マドリードオープンの日程は?

2017年マドリードオープンの日程は、5月7日に開幕となります。

5月15日が決勝の予定になっています。

 

そしてこの後には、5月28日に開幕するグランドスラムの全仏オープンが控えます。

 

全仏オープンでは、復活した“赤土の王者”ラファエル・ナダル選手が軸になりそうです。

 

ただ、世界ランキング1位のアンディ・マレー選手、世界ランキング2位のノバク・ジョコビッチ選手も全仏オープンで大きくポイント落とすと、ランキングが怪しくなってきます。

 

世界ランキング4位のロジャー・フェデラー選手、世界ランキング5位のラファエル・ナダル選手にとってはここで上位を伺いたいところだと思います。

 

錦織圭選手も世界ランキング7位ですが、徐々に離されそうな気配ですので、全仏オープンでしっかりポイントを稼ぎたいところだと思います。

 

全仏オープン2017の日程・ドロー表・シード順位はこちらから

 

スポンサーリンク

錦織圭選手のマドリードオープン2017結果速報

錦織圭選手のマドリードオープン2017の結果速報をこちらでご紹介します。

※結果は随時更新します。

 

マドリードオープン2回戦 対ディエゴ・シュワルツマン戦

錦織圭選手 2-1 ディエゴ・シュワルツマン選手

 

第1セット 錦織圭選手 1-6 ディエゴ・シュワルツマン選手

第2セット 錦織圭選手 6-0 ディエゴ・シュワルツマン選手

第3セット 錦織圭選手 6-4 ディエゴ・シュワルツマン選手

 

右手首の怪我から復帰戦となった錦織圭選手は、第1セットを1-6で落としました。

第4ゲーム、第6ゲームと連続でブレークを許すなど終始押される展開で第1セットを落としてしまいました。

ただ、復帰戦であることや錦織圭選手は割と初戦の第1セットは落としているので、よくあることと言えばよくあることです。

 

第2セットは一転、6-0と一方的な展開で奪い返しました。

第3セットは再び拮抗した展開で、互いにキープが続きます。

 

互いにキープが続いた第4ゲームで、錦織圭選手がブレークに成功します。

これで流れは錦織圭選手かと思われましたが、続く第5ゲームを今度はシュワルツマン選手がブレークに成功します。

互いにキープを続けた後に第8ゲームで錦織圭選手が再びブレークに成功し、5-3とリードを奪います。

これで今度こそ決まったかと思われましたが、第9ゲームをシュワルツマン選手がブレークします。

5-4から最後は錦織圭選手が再びブレークし、6-4で辛くも勝利しました。

 

錦織圭選手は復帰戦をどうにか勝利しましたが、怪我をしている手首の状態などは万全ではないのかもしれません。

また、3回戦の相手は世界ランキング11位のジョーウィルフリード・ツォンガ選手が予想されていました。

ただ、ツォンガ選手が棄権となり、ダビド・フェレール選手が勝ち上がってきました。

世界ランキングでは下がりますが、元々トップ10にいた選手ですので全く侮れません。

 

マドリードオープン3回戦 対ダビド・フェレール戦

錦織圭選手 2-0 ダビド・フェレール選手

 

第1セット 錦織圭選手 6-4 ダビド・フェレール選手

第2セット 錦織圭選手 6-3 ダビド・フェレール選手

 

マドリードオープン3回戦は、世界ランキング11位のツォンガ選手との対戦が予想されましたが棄権となりました。

代わって勝ち上がってきたのが、元世界ランキング3位のダビド・フェレール選手でした。

 

第1セットは錦織圭選手が2ブレークアップと好調に滑り出しました。

1ブレークを許しましたが、6-4で錦織圭選手が第1セットを奪います。

 

第2セットでは、一時雨で中断しました。

第5ゲームで錦織圭選手がブレークに成功し、その後も第9ゲームをブレークに成功。

6-3でダビド・フェレール選手を下し、錦織圭選手はマドリードオープンベスト8進出を決めました。

 

錦織圭選手は2回戦のシュワルツマン選手との対戦では、怪我明けでコンディション不良の感じがありました。

ただ、3回戦ではコンディションが上がってきた感じがありました。

準々決勝では、ノバク・ジョコビッチ選手との対戦が決まりました。

 

マドリードオープン準々決勝 対ノバク・ジョコビッチ戦

錦織圭選手の棄権により、ノバク・ジョコビッチ選手の勝利。

 

マドリードオープン準々決勝の錦織圭選手対ノバク・ジョコビッチ選手の試合は、日本時間5月12日(金)の19:00から開始予定でした。

しかし、試合前に錦織圭選手が棄権を申し出て、ノバク・ジョコビッチ選手の不戦勝となりました。

 

錦織圭選手は試合前の練習で怪我を抱えていた右手首に痛みを覚え、棄権となりました。

サーブ以外は問題なく打てていたようですので、大事をとっての棄権だと思います。

 

万全のコンディションではない錦織圭選手としては、ベスト8まで来れればOKと言えますので、無理をしてノバク・ジョコビッチ選手に挑むべき状況ではなかったと言えます。

 

錦織圭選手の右手首の怪我の状態はこちらから

 

錦織圭選手のマドリードオープン2017対戦相手予想

2回戦から出場

2回戦 ディエゴ・シュワルツマン選手(確定)

3回戦 ダビド・フェレール選手(確定)

4回戦(準々決勝)ノバク・ジョコビッチ選手(確定)

準決勝 ラファエル・ナダル選手(予想)

決勝 ドミニク・ティエム選手(予想)

 

錦織圭選手の右手首の怪我の状態は?

錦織圭選手のマドリードオープン2017で心配なのが、右手首の怪我の状態です。

 

マドリードオープンの前のバルセロナオープンでは、右手首の怪我で欠場しています。

この時は、マドリードオープンの出場も危ぶまれました。

 

ただ、バルセロナオープンも直前で欠場したので、マドリードオープンもどうなるかわかりません。

 

マドリードオープンも大きな大会ですが、その後の全仏オープンの方が大きな大会です。

錦織圭選手としてはマドリードオープンで無理をして全仏オープン欠場となるのは避けたいと思います。

 

その為、マドリードオープンはある程度慣らしのような位置付けになってしまうかもしれません。

 

錦織圭選手の右手首の怪我の状態はこちらから

 

スポンサーリンク