中日・高橋周平選手右手有鈎骨骨折!有鈎骨骨折とはどんな怪我?

中日・高橋周平選手が、右手有鈎骨骨折とのニュースがありました。

最近も日本ハム・杉谷拳士選手が右手有鈎骨骨折で離脱したばかりで、「またか」という印象です。

 

日本ハム・杉谷拳士選手、右手有鈎骨骨折で手術!

高橋周平選手もファウルを打った瞬間に「ブチッ」という音がして強い痛みを感じたということでしたが、杉谷拳士選手の場合もやはりファウルで右手有鈎骨骨折となりました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

右手有鈎骨骨折(ゆうこうこつ)とは?野球選手に多い手首の骨折

右手有鈎骨骨折とは、手首にある骨の骨折です。

手首には8個の小さい骨があり、それが連なった構造をしています。

その中で、特に野球選手が骨折しやすいのがこの有鈎骨です。

 

見慣れない漢字で読みにくいですが、読み方は有鈎骨(ゆうこうこつ)です。

この有鈎骨を野球選手が骨折しやすいのには理由があり、バットのグリップが当たる場所が、ちょうどこの有鈎骨の位置になります。

普通に打つ分にはそこまで過度な負担は有鈎骨にはかかりませんが、ファウルなどいわゆるミスショットの時は、バットの力が上手くボールに伝わりません。

その分バッターの手に衝撃が強く加わり、一番強く衝撃が加わるのがこの有鈎骨骨折の部分です。

 

野球選手が有鈎骨骨折を骨折する場合は、打ち損じのミスショットのことがい多いのはこの為です。

日本ハムの杉谷拳士選手もファウルでしたが、この有鈎骨骨折が初めて注目されたような怪我は、あの巨人元監督の原辰徳さんです。

広島の炎のストッパー・故津田恒美さんのストレートを打ち損じて内野フライ。

 

その時に原監督は左手有鈎骨を骨折しています。

基本はグリップが当たるところなので、右バッターは左手有鈎骨骨折、左バッターは右手有鈎骨骨折となります。

日本ハムの杉谷拳士選手は両打ちでしたが、この時は左打席だったので、高橋周平選手と同じく右手を有鈎骨骨折でした。

 

有鈎骨骨折について詳しくはこちらから

 

高橋周平選手が右手有鈎骨を骨折した理由

この有鈎骨骨折ですが、野球選手であれば年中バッティングをしていて、ミスショットなんて年間何回打つかわかりません。

それでも、有鈎骨骨折となるのは年間数人だと思います。

 

その理由とは、そもそも有鈎骨骨折は1発の衝撃で起こる訳ではないということです。

何度も何度も度重なる衝撃に有鈎骨が耐えきれず、最後の最後で「ブチっ」となり骨折します。

つまり、有鈎骨にストレスがかかり続けた為に起こる怪我です。

 

有鈎骨骨折に至る前に、手首や肘・肩など他の怪我の影響により有鈎骨に負担がかかりやすい状態だった可能性は高いです。

高橋周平選手の場合どのような怪我があったかは不明ですが、練習中から痛がっていたとの情報もあるので軽くヒビが入った状態に止めを刺す形でファウルの衝撃が加わり、有鈎骨骨折となったかもしれません。

 

高橋周平選手の右手有鈎骨骨折の全治は?

こちらはどうなるかは分かりませんが、一般的には有鈎骨骨折の場合は全治2~3か月のことが多いようです。

日本ハムの杉谷拳士選手の場合は、全治不明となっていたと思いますが、どちらにしても前半戦絶望は間違いないと思います。

上手くいけば、オールスター出場もあったかもしれないので、非常に残念ですね。。

 

5/2追記:

中日ドラゴンズから発表があり、高橋周平選手が6日に手術を受けることになりました。

 

中日・高橋周平選手、右手有鈎骨骨折の手術は6日。全治は2ヶ月か?

 

高橋周平選手今後の怪我のリハビリは?復帰時期はいつ?

右手有鈎骨骨折ですので、まずは骨がくっつくまでは休むしかありません。

その後、肘や肩などに問題があればそちらも治すリハビリや、スイングの改良などが必要となるかもしれません。

 

ただ一番怖いのは、一度ファウルで骨折したという経験です。

これにより強く振れないなど心理的な悪影響が起これば、それこそ元のバッティングを取り戻せるかわかりません。

 

個人的にはそのような影響が一番心配ですが、中日ファンの期待を背負い日本屈指の打者になる可能性のある高橋周平選手ですので、一刻も早い復帰そして高橋周平選手のバッティングを取り戻してくれることを期待しています。

ただ、唯一の救いはリハビリ期間でパワーアップ出来る可能です。

 

トミー・ジョン手術で球速がアップする場合などは、リハビリの影響で球速がアップしている可能性が高いです。

下半身のトレーニングなどは、相当時間をかけて出来る機会となりますので、そのようなリハビリを経て、パワーアップして高橋周平選手が帰ってきてくれることを願います。

 

コメント