錦織圭選手、全仏オープンで右肩を怪我|全仏途中棄権の可能性は?

2017年全仏オープンで3回戦に進出した錦織圭選手。

全仏オープン前には右手首を怪我してマドリードオープンを途中棄権するなど、状態を不安視されていました。

 

全仏オープンでは右手首の怪我は問題なさそうに見えましたが、2回戦のジェレミー・シャルディー選手との試合中にメディカルタイムを取って右肩の治療を受けました。

 

メディカルタイム後は調子を落としたように見えた錦織圭選手でしたが、どうにか3回戦に進出を決めています。

3回戦以降に向けて、右肩の状態が心配されます。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

錦織圭選手の右肩の怪我の状態は?

錦織圭選手は全仏オープン2017に出場しています。

錦織圭選手は全仏オープン前のバルセロナオープンを右手首の怪我で欠場し、続くマドリードオープンを同じく怪我で途中棄権しました。

 

この棄権もあって錦織圭選手の世界ランキングは9位まで低下していました。

そんな中で迎えた全仏オープンでしたので、是が非でも結果が必要な大会です。

 

右手首の怪我の状態が心配されましたが、1回戦ではランク外ながら不気味な存在であったタナシ・コッキナス選手を3-1で破って2回戦に進出しました。

 

続く2回戦では、ジェレミー・シャルディー選手を相手に序盤は圧倒して第2セットは6-0で取りました

続く第3セットでも3-0まで一気に連取しましたが、3-0となったタイミングでメディカルタイムをとって右肩の治療を受けました。

その後は圧倒していた試合展開が一転し、第3セットはタイブレークまでもつれました。

どうにかタイブレークで勝利しましたが、このメディカルタイムが試合の流れを大きく変えました。

 

右肩に異常が起こったからなのか、あるいは良い流れが切れてしまったからなのかは分かりません。

 

ただ、3回戦以降を考える上で右肩の怪我が不安視されます

今のところ、錦織圭選手の右肩の怪我に関して詳細なコメントや発表はありません。

 

即棄権するほどの怪我ではないのは間違いありませんが、2回戦の失速具合を見るとやはり心配です。

 

肩の怪我ですと靱帯の損傷や筋肉の損傷など色々な怪我があります。

転倒などではないので、脱臼のような怪我ではないと思います。

 

肩の怪我の種類一覧はこちら

肩の怪我の種類一覧|パーソナルトレーナーの肩の怪我解説
肩は球関節と呼ばれる動きの大きな関節です。 動きが大きいためにその役割も負担も大きくなるので、怪我の多い関節でもあります。 そんな肩の怪我に関して、運動指導の専門家であるパーソナルトレーナーの視点から解説していきます。 ...

 

右肩関節で靱帯や筋肉などで炎症が起こっている状態ではないかと思います。

2回戦後は問題なくても、3回戦やその後の試合中に悪化して全仏オープンを棄権という可能性はゼロではありません。

 

錦織圭選手の右肩の怪我は右手首の怪我の影響か?

その錦織圭選手の怪我ですが、やはりその前の右手首の怪我が影響しているはずです。

 

人間の関節は、隣接する関節に大きな影響を与えます。

肘の怪我が肩の怪我に繋がったり、足首の怪我が膝の怪我に繋がることは多くあります。

 

また、怪我ではなくても股関節の動きが悪いと膝を痛めるなど、とにかく隣接する関節の影響は大きいものです。

 

右手首をかばえば、その上の関節である肘に負担がかかります。

肘をかばえば今度は肩と影響は広がります。

 

手首をかばったり、気にしながらプレーを続ければ、右肩に少しずつ負荷が加わっていたと思います。

 

錦織圭選手の右手首の怪我は、慢性的な負荷がかかっていたと思いますのでTFCC損傷の怪我が疑われます。

 

TFCC損傷とは、テニス選手に多い怪我で手首の靱帯などを痛める怪我です。

ラファエル・ナダル選手が2016年に休んだのもこのTFCC損傷と思われ、ファンマルティン・デルポトロ選手が度々離脱するのもTFCC損傷と言われています。

 

また、錦織圭選手は過去に右肘の疲労骨折も経験しています。

今肘を痛めている訳ではないと思いますが、この肘の怪我も右手首や今回の右肩と無関係ではないと思います。

 

この時はリハビリに1年ほどかけて手術もしていますので、過去の怪我で最も大きな怪我と言えそうです。

錦織圭選手の怪我の歴史はこちらから

錦織圭選手の怪我の歴史|左膝や左わき腹の怪我で棄権、右肘手術も
テニス日本人男子歴代最高の世界ランキング4位の実績がある錦織圭選手。 世界ランキング1位になったことがあるBIG4のノバク・ジョコビッチ選手、アンディ・マレー選手、ロジャー・フェデラー選手、ラファエル・ナダル選手にも勝利し世界...

 

錦織圭選手の全仏オープン2017の結果速報

怪我を抱えながらの全仏オープンとなってしまいましたが、それでもここで早期敗退はランキングトップ10陥落の危機になります。

 

全仏オープンでは一気に飛躍が期待されたアレクサンダー・ズべレフ選手が初戦敗退し、ロジャー・フェデラー選手は欠場しています。

 

そのような状況ですので、錦織圭選手としては最低でも準々決勝まで、出来ればもっと勝ち上がってランキングを上げたいところです。

 

全仏オープン2017錦織圭選手の結果速報はこちらから

2017年全仏オープン錦織圭選手の結果速報まとめ
テニスのグランドスラム第2戦目の全仏オープン(フレンチオープン)が、フランス・ローランギャロスで行われています。 日本の錦織圭選手は大会前に怪我があり世界ランキングを少し落としましたが、世界ランキング9位の第8シードで出場しています。...

 

コメント