ウィンブルドン(全英オープン)2017年のドロー表・日程・シード順位

 

全仏オープン2017は、ラファエル・ナダル選手の通算10度目の優勝で幕を閉じました。

そしてクレーコートのシーズンが終わるとすぐにグラスコート(芝)のシーズンが始まります。

 

そのグラスコート最大の大会が、ウィンブルドン(全英オープン)です。

全仏オープンからウィンブルドンまでは期間が短く、グランドスラムの連戦のような感じになります。

 

全仏オープンでは欠場した“芝の王者”ロジャー・フェデラー選手も出場予定ですので、また楽しみな大会になりそうです。

 

スポンサーリンク

ウィンブルドン2017年の日程

2017年のウィンブルドン(全英オープン)は、次の日程で行われる予定です。

 

ウィンブルドン2017予選 6月26日(月)~29日(木)

ウィンブルドン2017本選 7月3日(月)~7月16日(日)

 

前回のグランドスラムである全仏オープンが6月上旬に終わりましたので、1か月で次のグランドスラムです。

この全仏オープンからウィンブルドンまでは期間が非常に短いのが特徴です。

 

ウィンブルドン2017年の放送予定は?

全仏オープンは日本ではテレビ東京が世界卓球と同時中継で放送しましたので、テレビ観戦できた人も多いと思います。

しかし、ウィンブルドンはテレビ東京の放送がないようです。

 

この為、いつも通りのNHKの深夜放送となりそうです。

大体夜の1時ごろから放送というパターンが多いですので、2017年も同じような放送予定になると思います。

 

ウィンブルドンをしっかり観たい!という場合は、WOWOWで見ることができます。


 

WOWOWは夜の7時ごろからの放送と、夜の1時ごろからの放送が予定されています。

ウィンブルドンの全日程を放送予定ですので、しっかりウィンブルドンを見たい場合はWOWOWがおすすめです。

NHKではどうしても録画が多いですので、ネットニュースで結果を見てから見るという残念な感じになる可能性がああります。

WOWOWは生放送がありますので、リアルタイムでウィンブルドンを観戦できます。

また、NHKは全ての試合を見れるわけではありません。

 

日本人選手、つまり錦織圭選手の試合は見ることができると思いますが、世界ランキング1位のアンディ・マレー選手や優勝候補のロジャー・フェデラー選手の試合でも、見られる保証はありません。

スポンサーリンク

 

ウィンブルドン2017年のシード順位

ウィンブルドン2017年のシード順位は直近の世界ランキングで決まります。

その為、事前には分かりません。

 

ただ、大まかな予想は出来ます。

世界ランキングの上位からそのままシード順位が決まりますので、欠場者がいなければ世界ランキング=シード順位となります。

 

全仏オープン2017ではロジャー・フェデラー選手が欠場しましたので、その分シード順位が繰り上がりました。

 

ロジャー・フェデラー選手は全仏オープンではこのグラスコートシーズンに向けて休養にあてましたので、しっかり復活してくると思います。

 

このロジャー・フェデラー選手の世界ランキングが、ウィンブルドンのシード順位に波乱を起こしそうです。

 

現在のロジャー・フェデラー選手の世界ランキングは5位です。

この為、ウィンブルドンで第5シードに入る可能性が高いです。

 

上位の4位までは、準決勝まで対戦があります。

しかし、5位なら上位4選手のいずれかと準々決勝で対戦します。

 

つまり、ロジャー・フェデラー選手と準々決勝で対戦しないといけないハズレが出ると思います。

 

その上位は、アンディ・マレー選手、ラファエル・ナダル選手、スタン・ワウリンカ選手、ノバク・ジョコビッチ選手となりそうです。

 

ラファエル・ナダル選手はこのウィンブルドンで優勝し、アンディ・マレー選手の早期敗退があれば世界ランキング1位が近づきます。

 

また、ロジャー・フェデラー選手も優勝すれば再び世界ランキング1位を伺える位置に近づきます。

 

混沌としてきた男子世界ランキングが、このウィンブルドンで大きく動くかもしれません。

 

最新の世界ランキングはこちらから

 

※ウィンブルドン2017年のシード順位は確定次第更新します。

 

スポンサーリンク

ウィンブルドン2017年のドロー表(トーナメント表)

ウィンブルドン2017年のドロー表(トーナメント表)はまだ発表されていません。

こちらも、シード順位が確定しないと分かりません。

 

ただ、シード順位が確定すればある程度上位陣との対戦の流れは出来ます。

 

日本の錦織圭選手は世界ランキング9位ですので、上位選手の欠場が無ければ第9シードになります。

そうなると、準々決勝どころか4回戦で上位選手との対戦の可能性があります。

 

4回戦で全仏オープンで敗れたアンディ・マレー選手との対戦のような、厳しい戦いの可能性があります。

 

錦織圭選手としては、ウィンブルドン前に世界ランキングを8位まで押し上げたいところです。

 

※ウィンブルドン2017年のドロー表は発表され次第更新します。

 

ウィンブルドン2017年の優勝予想|フェデラー復活優勝か?

ウィンブルドン2017年の優勝予想は、非常に難しいと思います。

 

2016年はノバク・ジョコビッチ選手の1強時代が、終盤に終わりを告げました。

代わって世界ランキング1位になったアンディ・マレー選手も、2017年は調子が今一つという印象です。

 

ノバク・ジョコビッチ選手は調子が上がらず世界ランキングは6年ぶりに4位まで後退しました。

 

代わって上がってきたのは、新鋭ではなく引退危機すらあったレジェンド2人です。

ロジャー・フェデラー選手は全豪オープンで復活優勝、決勝はラファエル・ナダル選手とのライバル対決でした。

 

全仏オープンでは、そのラファエル・ナダル選手が優勝しました。

“赤土の王者”がそのまま帰ってきたような強さでした。

 

なんと2017年のグランドスラムは、全豪オープンでロジャー・フェデラー選手が優勝、全仏オープンでラファエル・ナダル選手が優勝という2016年には夢物語のようなことが起こっています。

 

ウィンブルドンでは、再びロジャー・フェデラー選手が復活優勝を果たすのか?

あるいはアンディ・マレー選手やノバク・ジョコビッチ選手が復権を果たすのか?

 

それともスタン・ワウリンカ選手が割って入るのか?

 

それとも次の世代のミロシュ・ラオニッチ選手、錦織圭選手、マリン・チリッチ選手あたりの躍進があるのか?

もっと下のアレクサンダー・ズべレフ選手らの台頭があるのか?

 

なかなか優勝予想は難しいですが、クレーコートシーズンを休養に充てたロジャー・フェデラー選手が万全の状態で出場すると、やはり優勝候補となりそうです。

 

本命がロジャー・フェデラー選手、対抗でアンディ・マレー選手やスタン・ワウリンカ選手、ラファエル・ナダル選手らが入ってきそうです。

 

ラファエル・ナダル選手は2011年の膝の怪我以降、芝でのプレーには不安があるようなコメントをしていました。

実際に、それ以降ウィンブルドンでの優勝はありません。

クレーで無敵のラファエル・ナダル選手ですが、芝ではどのようなパフォーマンスになるかわかりません。

 

ウィンブルドン歴代優勝者一覧

ウィンブルドンの歴代優勝者は、このようになっています。

 

2007年 ロジャー・フェデラー選手

2008年 ラファエル・ナダル選手

2009年 ロジャー・フェデラー選手

2010年 ラファエル・ナダル選手

2011年 ノバク・ジョコビッチ選手

2012年 ロジャー・フェデラー選手

2013年 アンディ・マレー選手

2014年 ノバク・ジョコビッチ選手

2015年 ノバク・ジョコビッチ選手

2016年 アンディ・マレー選手

 

なんと過去10年間は、BIG4しか優勝していません。

ロジャー・フェデラー選手は2003年~2007年の5連覇と2009年・2012年の合計7回ウィンブルドンで優勝しています。

 

これは、歴代最多タイの記録です。

2017年にも優勝すれば、歴代単独1位のウィンブルドン優勝回数となります。

 

どうにか新鋭が割って入りたいところですが、やはり2017年もこのBIG4が優勝争いうを演じそうです。

 

ウィンブルドン2017年の錦織圭選手の予想|怪我の状態は?

ウィンブルドンでの錦織圭選手の予想ですが、全仏オープン同様怪我の状態が気になります。

 

全仏オープン前には右手首の怪我で欠場がありました。

 

さらに、全仏オープン中に右肩を痛めたとの情報もあります。

 

その他腰にも痛みがあったようですので、万全の状態でグラスコートシーズンに入れるかは分かりません。

 

錦織圭選手は2016年のウィンブルドンでは、左わき腹の怪我の影響で4回戦のマリン・チリッチ選手との試合を途中棄権しています。

 

逆を言えば、これを越えればランキングを上げるチャンスでもあります。

錦織圭選手に万全のコンディションでウィンブルドンを迎えて欲しいと思います。

 

6/25追記

錦織圭選手はウィンブルドンの前哨戦、ゲリーウェバーオープン2017を左臀部の怪我で途中棄権しました。

これで錦織圭選手のゲリーウェバーオープン棄権は3年連続です。

 

左臀部は2016年にも痛めたか箇所ですので、ウィンブルドンに向けて心配な状況です。

 

スポンサーリンク