2017年夏の甲子園出場校一覧【全49代表決定】

 

2017年夏の甲子園が、8月から行われます。

その夏の甲子園出場を賭けた予選は、各都道府県で7月から始まっています。

 

毎年沖縄から夏の甲子園出場が決定していきますが、こちらでは夏の甲子園出場校一覧と予想をご紹介します。

 

2017年夏の甲子園組合せ・試合結果はこちらから

 

スポンサーリンク

2017年夏の甲子園出場決定校一覧

2017年夏の甲子園の出場校は、沖縄県代表から順に決定していきます。

8月1日に宮城代表が決定し、全49代表が出揃いました。

 

2017年8月1日更新

 

<北海道地区>

北北海道代表:滝川西(19年ぶり3回目)

南北海道代表:北海(3年連続38回目)

 

<東北地区>

青森県代表:青森山田(8年ぶり11回目)

岩手県代表:盛岡大付(2年連続10回目)

秋田県代表:明桜(8年ぶり9回目)

山形県代表:日大山形(4年ぶり17回目)

宮城県代表:仙台育英(2年ぶり26回目)

福島県代表:聖光学院(11年連続14回目)

 

<関東地区>

茨城県代表:土浦日大(31年ぶり3回目)

栃木県代表:作新学院(7年連続13回目)

群馬県代表:前橋育英(2年連続3回目)

埼玉県代表:花咲徳栄(3年連続5回目)

千葉県代表:木更津総合(2年連続6回目)

東東京都代表:二松学舎大付(3年ぶり2回目)

西東京都代表:東海大菅生(17年ぶり3回目)

神奈川県代表:横浜(2年連続17回目)

山梨県代表:山梨学院(2年連続7回目)

 

<北信越地区>

新潟県代表:日本文理(3年ぶり9回目)

長野県代表:松商学園(9年ぶり36回目)

富山県代表:富岡商(2年ぶり18回目)

石川県代表:日本航空石川(8年ぶり2回目)

福井県代表:坂井(初出場)

 

<東海地区>

静岡県代表:藤枝明誠(初出場)

愛知県代表:中京大中京(2年ぶり28回目)

岐阜県代表:大垣日大(3年ぶり4回目)

三重県代表:津田学園(初出場)

 

<近畿地区>

滋賀県代表:彦根東(4年ぶり2回目)

京都府代表:京都成章(19年ぶり2回目)

大阪府代表:大阪桐蔭(3年ぶり9回目)

兵庫県代表:神戸国際大付属(3年ぶり2回目)

奈良県代表:天理(2年ぶり28回目)

和歌山県代表:智辯和歌山(2年ぶり22回目)

 

<中国地区>

岡山県代表:おかやま山陽(初出場)

広島県代表:広陵(3年ぶり22回目)

鳥取県代表:米子松蔭(17年ぶり3回目)

島根県代表:開成(3年ぶり10回目)

山口県代表:下関国際(初出場)

 

<四国地区>

香川県代表:三本松(24年ぶり3回目)

徳島県代表:鳴門渦潮(9年ぶり7回目)

愛媛県代表:済美(4年ぶり5回目)

高知県代表:明徳義塾(8年連続19回目)

 

<九州地区>

福岡県代表:東筑(21年ぶり6回目)

佐賀県代表:早稲田佐賀(初出場)

長崎県代表:波佐見(16年ぶり3回目)

熊本県代表:秀岳館(2年連続3回目)

大分県代表:明豊(2年ぶり6回目)

宮崎県代表:聖心ウルスラ(12年ぶり2回目)

鹿児島県代表:神村学園(5年ぶり4回目)

沖縄県代表:興南(2年ぶり11回目)

 

2017年夏の甲子園出場予想校一覧

夏の甲子園出場校の予想は非常に難しいです。

一発勝負のトーナメント方式の上、高校生の大会ですので大番狂わせも多いです。

 

力が拮抗している地区も多く、春の甲子園出場校が早めに敗退するケースも毎年あります。

こちらでは、春の甲子園などを参考にこのように予想していました。

 

<北海道地区>

北北海道代表:白樺学園

南北海道代表:札幌第一

 

<東北地区>

青森県代表:青森山田

岩手県代表:盛岡大付属

秋田県代表:明桜

山形県代表:日大山形

宮城県代表:仙台育英

福島県代表:聖光学院

 

<関東地区>

茨城県代表:常総学院

栃木県代表:作新学院

群馬県代表:健大高崎

埼玉県代表:浦和学院

千葉県代表:東海大市原望洋

東東京都代表:二松学舎大付

西東京都代表:早稲田実業

神奈川県代表:横浜

山梨県代表:山梨学院

 

<北信越地区>

新潟県代表:日本文理

長野県代表:佐久長聖

富山県代表:高岡商

石川県代表:日本航空石川

福井県代表:福井工大福井

 

<東海地区>

静岡県代表:静岡

愛知県代表:至学館

岐阜県代表:大垣日大

三重県代表:近大高専

 

<近畿地区>

滋賀県代表:滋賀学園

京都府代表:龍谷大平安

大阪府代表:履正社

兵庫県代表:報徳学園

奈良県代表:智弁学園

和歌山県代表:智弁和歌山

 

<中国地区>

岡山県代表:創志学園

広島県代表:広島新庄

鳥取県代表:鳥取城北

島根県代表:開星

山口県代表:宇部商

 

<四国地区>

香川県代表:英明

徳島県代表:徳島商

愛媛県代表:帝京第五

高知県代表:明徳義塾

 

<九州地区>

福岡県代表:福岡大大濠

佐賀県代表:佐賀北

長崎県代表:鹿町工

熊本県代表:秀岳館

大分県代表:明豊

宮崎県代表:日南学園

鹿児島県代表:神村学園

沖縄県代表:興南

 

スポンサーリンク

 

2017年夏の甲子園優勝予想!

2017年夏の甲子園優勝予想ですが、春の甲子園を参考にしたいところです。

ところが、春の甲子園決勝は履正社対大阪桐蔭の大阪対決でした。

 

夏の甲子園の大阪代表は1校のみ、つまり春の甲子園優勝の大阪桐蔭か準優勝の履正社は確実に甲子園に出場できません。

それどころか、この2校が出場したために出場できなかった上宮太子もいます。

 

大激戦の大阪府予選をどこが勝ち上がるかで、夏の甲子園優勝予想は大きく変わります。

ただ、大阪代表=優勝候補と言えると思います。

 

大阪以外では、福岡・西東京・神奈川も激戦区です。

福岡には春の甲子園出場の福岡大大濠と東海大福岡がいます。

同じく西東京も早稲田実業と日大三がいます。

 

神奈川からは春の甲子園出場はありませんでしたが、毎年横浜や東海大相模などの甲子園常連校がしのぎを削ります。

 

このあたりを勝ち上がった高校も=優勝候補となりそうです。

 

その他春の甲子園ベスト4の秀岳館・報徳学園、ベスト8の健大高崎や盛岡大付属も優勝候補に入ると思います。

 

個人的にはやはり大阪代表が優勝候補の中心になるのではないかと思います。

 

また、早稲田実業の清宮幸太郎選手には甲子園での高校通算ホームラン新記録の期待もかかります。

 

予想をしたものの、やはり何があるかわからないのが夏の甲子園予選。

優勝候補が甲子園に出場できないというのも毎年のことですので、どのような代表が出そろうのか注目されます。

 

2017年夏の甲子園ベスト8一覧

こちらが、夏の甲子園ベスト8一覧です。

※随時更新

 

天理(奈良)

三本松(香川)

明豊(大分)

東海大菅生(西東京)

盛岡大付(岩手)

花咲徳栄(埼玉)

広陵(広島)

仙台育英(宮城)

 

2017年夏の甲子園試合結果一覧はこちら

 

スポンサーリンク

2017年夏の甲子園日程は?

2017年夏の甲子園は、今年も甲子園球場で行われます。

全国の予選を勝ち上がった代表校が出場します。

 

2017年夏の甲子園抽選会 8月4日(金)16:00~

 

2017年夏の甲子園開会式 8月7日(月)9:00~

 

2017年夏の甲子園開幕 8月7日(月)

 

抽選会の結果、組み合わせが決定しました。

2017年夏の甲子園組み合わせはこちらから

 

2017年夏の甲子園試合結果速報はこちらから

 

スポンサーリンク