2017年プロ野球ドラフト会議指名選手の結果速報|各球団の指名選手一覧

 

2017年プロ野球ドラフト会議は、10月26日(木)17:00から行われました。

最大の注目選手、早稲田実業・清宮幸太郎選手には7球団が競合しました。

また、社会人ナンバーワン投手の田嶋大樹投手、甲子園のホームラン大会記録を塗り替えた中村奨成捕手も競合となりました。

 

こちらでは、2017年プロ野球ドラフト会議の指名選手一覧をご紹介します。

 

スポンサーリンク

2017年プロ野球ドラフト会議指名選手の結果速報|チーム別指名選手一覧

2017年のプロ野球ドラフト会議は、10月26日(木)17:00から開始です。

 

毎年サプライズがあり、競合指名で抽選ありとドラマがあります。

そして、重複指名した選手が必ずしも活躍するとは限りません。

 

2016年のドラフト会議の目玉、田中正義投手は結局2017年の1軍登板がありませんでした。

外れ1位で競合の佐々木千隼投手も、期待通りの活躍とはいきませんでした。

 

新人王を争った西武の源田選手、中日の京田選手の注目度はドラフト会議直後には決して高くはなかったと思います。

今年はどのような選手が指名され、そしてどの選手が2018年に活躍するのでしょうか?

 

2017年ソフトバンクホークスのドラフト会議指名選手一覧

ドラフト1位指名 清宮幸太郎選手(早稲田実業)→7球団競合の末、交渉権獲得失敗

外れ1位 安田尚憲選手(履正社)→3球団競合の末、交渉権獲得失敗

外れの外れ1位 馬場皐輔 投手(仙台大)→2球団競合の末、交渉権獲得失敗

外れの外れの外れ1位 吉住晴斗投手(鶴岡東高)→単独指名で交渉権獲得!

2位 高橋礼投手(専大)

3位 増田珠外野手(横浜高)

4位 椎野新投手(国士舘大)

5位 田浦文丸投手(秀岳館)

 

2017年埼玉西武ライオンズのドラフト会議指名選手一覧

ドラフト1位指名 田嶋大樹投手(JR東日本)→2球団競合の末、交渉権獲得失敗

外れ1位 斎藤大将投手(明大)→単独指名で交渉権獲得!

2位 西川愛也外野手(花咲徳栄)

3位 伊藤翔投手(四国IL徳島)

4位 平良海馬投手(八重山商工)

5位 与座海人投手(岐阜経大)

6位 綱島龍生内野手(糸魚川白嶺)

 

2017年東北楽天イーグルスのドラフト会議指名選手一覧

ドラフト1位指名 清宮幸太郎選手(早稲田実業)→7球団競合の末、交渉権獲得失敗

外れ1位 村上宗隆捕手(九州学院)→3球団競合の末、交渉権獲得失敗

外れの外れ1位  近藤弘樹 投手(岡山商大)→単独指名で交渉権獲得!

2位 岩見雅紀外野手(慶大)

3位 山崎剛内野手(国学院大)

4位 渡辺佑樹投手(横浜商大)

5位 田中燿飛外野手(BFL兵庫)

6位 西巻賢二内野手(仙台育英)

7位 寺岡寛治投手(BC石川)

 

2017年オリックスバファローズのドラフト会議指名選手一覧

ドラフト1位指名 田嶋大樹投手(JR東日本)→2球団競合の末、交渉権獲得!

2位 鈴木康平投手(日立製作所)

3位 福田周平内野手(NTT東日本)

4位 本田仁海投手(星槎国際高校湘南)

5位 西村凌捕手(スバル)

6位 西浦颯大外野手(明徳義塾)

7位 広沢伸哉内野手(大分商高)

8位 山足達也内野手(ホンダ鈴鹿)

 

2017年北海道日本ハムファイターズのドラフト会議指名選手一覧

ドラフト1位指名 清宮幸太郎選手(早稲田実業)→7球団競合の末、交渉権獲得!

2位 西村天裕投手(NTT東日本)

3位 田中瑛斗投手(柳ヶ浦)

4位 難波侑平投手(創志学園)

5位 北浦竜次投手(白鴎大足利高)

6位 鈴木遼太郎投手(東北学院大)

7位 宮台康平投手(東大)

 

2017年千葉ロッテマリーンズのドラフト会議指名選手一覧

ドラフト1位指名 清宮幸太郎選手(早稲田実業)→7球団競合の末、交渉権獲得失敗

外れ1位 安田尚憲選手(履正社)→3球団競合の末、交渉権獲得!

2位 藤岡裕大内野手(トヨタ自動車)

3位 山本大貴投手(三菱自動車岡崎)

4位 菅野剛士外野手(日立製作所)

5位 渡辺啓太投手(NTT東日本 )

6位 永野将司投手(ホンダ )

 

2017年広島カープのドラフト会議指名選手一覧

ドラフト1位指名 中村奨成捕手(広陵)→2球団競合の末、交渉権獲得!

2位 山口翔投手(熊本工)

3位 ケムナ ブラッド誠投手(日本文理大)

4位 永井敦士外野手(二松学舎大付)

5位 遠藤淳志投手(霞ヶ浦高)

6位 平岡敬人投手(中部学院大)

 

2017年阪神タイガースのドラフト会議指名選手一覧

ドラフト1位指名 清宮幸太郎選手(早稲田実業)→7球団競合の末、交渉権獲得失敗

外れ1位 安田尚憲選手(履正社)→3球団競合の末、交渉権獲得失敗

外れの外れ1位 馬場皐輔 投手(仙台大)→2球団競合の末、交渉権獲得!

2位 高橋遥人投手(亜大)

3位 熊谷敬宥内野手(立大)

4位 島田海吏外野手(上武大)

5位 谷川昌希投手(九州三菱自動車)

6位 牧丈一郎投手(啓新高)

 

2017年横浜DeNAベイスターズのドラフト会議指名選手一覧

ドラフト1位指名 東克樹投手(立命館大)→単独指名で交渉権獲得!

2位 神里和毅外野手(日本生命)

3位 阪口皓亮投手(北海)

4位 斎藤俊介投手(JX-ENEOS)

5位 桜井周斗投手(日大三)

6位 寺田光輝投手(BC石川)

7位 宮本秀明外野手(パナソニック)

8位 楠本泰史内野手(東北福祉大)

9位 山本祐大捕手(BC滋賀)

 

2017年巨人(ジャイアンツ)のドラフト会議指名選手一覧

ドラフト1位指名 清宮幸太郎選手(早稲田実業)→7球団競合の末、渉権獲得失敗

外れ1位 村上宗隆捕手(九州学院)→3球団競合の末、交渉権獲得失敗

外れの外れ1位 鍬原拓也投手(中大 )→2球団競合の末、交渉権獲得!

2位 岸田行倫捕手(大阪ガス)

3位 大城卓三捕手(NTT西日本)

4位 北村拓己内野手(亜大)

5位 田中俊太内野手(日立製作所)

6位 若林晃弘内野手(JX-ENEOS)

7位 村上海斗外野手(奈良学園大)

8位 湯浅大内野手(健大高崎)

 

2017年中日ドラゴンズのドラフト会議指名選手一覧

ドラフト1位指名 中村奨成捕手(広陵)→2球団競合の末、交渉権獲得失敗

外れ1位 鈴木博志投手(ヤマハ)→単独指名で交渉権獲得!

2位 石川翔投手(青藍泰斗高)

3位 高松渡内野手(滝川二高)

4位 清水達也投手(花咲徳栄)

5位 伊藤康祐外野手(中京大中京)

6位 山本拓実投手(市西宮高)

 

2017年ヤクルトスワローズのドラフト会議指名選手一覧

ドラフト1位指名 清宮幸太郎選手(早稲田実業)→7球団競合の末、交渉権獲得失敗

外れ1位 村上宗隆捕手(九州学院)→3球団競合の末、交渉権獲得!

2位 大下佑馬投手(三菱重工広島)

3位 蔵本治孝投手(岡山商大)

4位 塩見泰隆外野手(JX-ENEOS)

5位 金久保優斗投手(東海大市原望洋高)

6位 宮本丈内野手 (奈良学園大)

7位 松本直樹捕手(西濃運輸)

8位 沼田拓巳投手(BC石川)

 

スポンサーリンク

2017年ドラフト会議最注目選手の清宮幸太郎選手は7球団競合の末日本ハムファイターズが交渉権獲得

2017年のドラフト会議最大の目玉は、早稲田実業の清宮幸太郎選手です。

高校通算ホームランは、歴代最多の111本を記録しました。

 

高校通算ホームランランキングはこちらから

 

2017年のドラフト会議前には、この清宮幸太郎選手に何球団が競合するのか?と注目されました。

8球団とも言われ、阪神タイガースやソフトバンクホークスなどが指名を明言していました。

ただ、当然駆け引きもありますので事前の予想よりも競合は少なくなるというのが最近の傾向だと思います。

 

競合を避けて、いわゆる一本釣りを狙う球団もあるはずです。

とはいえ、獲得できるならどの球団も欲しいというのが実際のところだと思います。

 

事前に広島カープが清宮幸太郎選手の指名回避を公言していましたが、ドラフト会議当日まで決まらない場合もあると思います。

 

また、セリーグで2019年シーズンからDHの導入が検討されているのも、セリーグ球団の清宮幸太郎選手指名を後押しすると考えられます。

 

※ドラフト会議結果速報

清宮幸太郎選手は7球団競合の末、北海道日本ハムファイターズが交渉権を獲得しました。

栗山監督はクジ運が悪く”クジ引き解任”と言われ、木田優夫GM補佐がクジを引き交渉権獲得となりました。

 

日本ハムファイターズは大谷翔平選手のメジャー移籍でDHが空き、さらに中田翔選手がFA移籍となればファーストも空きます。

清宮幸太郎選手としては1年目から1軍で出場のチャンスを得られそうな、非常にいい結果と言えそうです。

 

主な有力選手の2017年ドラフト会議結果速報

2017年のドラフト会議では、ドラフト1位で3選手に11球団が競合しました。

 

清宮幸太郎選手には7球団(ソフトバンク・楽天・日本ハム・ロッテ・阪神・巨人・ヤクルト)が入札した結果、北海道日本ハムファイターズが交渉権獲得となりました。

田嶋大樹投手には2球団(西武・オリックス)が入札した結果、オリックスバファローズが交渉権獲得となりました。

中村奨成捕手には2球団(広島・中日)が入札した結果、広島カープが交渉権獲得となりました。

東克樹投手はDeNAベイスターズが単独指名で交渉権獲得となりました。

 

安田尚憲選手は外れ1位で3球団(阪神・ロッテ・ソフトバンク)が入札した結果、千葉ロッテマリーンズが交渉権獲得となりました。

村上宗隆捕手は外れ1位で3球団(巨人・ヤクルト・楽天)が入札した結果、ヤクルトスワローズが交渉権獲得となりました。

 

各球団の2017年ドラフト会議の評価ランキングは?

ドラフト会議後には、どの球団のドラフト会議が何点かと評価をされます。

しかし、この評価が正しいかどうかわかるのは数年後と言えます。

 

いい例がヤクルトスワローズに指名された山田哲人選手が外れの外れ1位だったことです。

斎藤佑樹投手、塩見貴洋投手を外した後にオリックスとの競合の末獲得しました。

 

ドラフト会議直後は「即戦力の大卒投手を2回も外してしまった」と言えましたが、数年後にこの結果が大成功と証明されました。

 

ドラフト会議直後の評価が正しいことは、実際にはあまりなさそうですが、一応そのドラフト会議直後の評価をドラフト会議終了後に載せる予定です。

 

ソフトバンクホークスは2016年に5球団競合の末、田中正義投手を獲得しました。

しかし、2017年では抽選を3回外す結果となりました。

しかし、山田哲人選手の例のように、この抽選失敗がいいか悪いかはまだ分かりません。

 

清宮幸太郎選手を抽選で引き当てた日本ハムファイターズ、社会人ナンバーワン投手の田嶋大樹投手を引き当てたオリックスバファローズはいいドラフトと言えそうです。

 

オリックスバファローズは2位でも1位予想もあった鈴木康平投手(日立製作所)を指名していますので、即戦力投手をドラフト1位・2位で指名と昨年と同じ結果になりました。

 

日本ハムファイターズは上位指名予想もあった 宮台康平投手(東大)を7位で指名しています。

ドラフト会議直後としては、このオリックスバファローズ・日本ハムファイターズの評価が高いと言えそうですが、やはり本当の評価は数年後と言えそうです。

 

2018年のドラフト指名候補選手一覧はこちらから

 

スポンサーリンク