2018年プロ野球ドラフト会議予想|高校・大学・社会人の注目選手

2018年のドラフト会議は、高校生に逸材が多く集まるドラフトです。

大阪桐蔭の春夏連覇で幕を閉じた高校野球ですが、やはり大阪桐蔭の史上最強世代に注目が集まります。

二刀流も考えられる根尾昴選手へのドラフト1位指名の競合、藤原恭大選手や柿木蓮投手と共に同一高校から3人のドラフト1位指名なども予想されます。

 

大学生でも即戦力投手がいますので、競合覚悟の指名や一本釣りを狙った指名など様々な予想が出来ます。

そんな2018年のドラフト会議で指名が予想される注目選手をご紹介します。

 

2018年ドラフト会議結果速報はこちら

ドラフト会議結果速報【2018年】ドラフト指名選手一覧
2018年のドラフト会議が、10月25日に行われました。 2018年のドラフト会議は高校生に有力選手が集まりました。 史上最強世代の大阪桐蔭からは最大4選手の指名され、夏の甲子園を沸かせた吉田輝星投手や小園海斗選手らもド...

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2018年ドラフト会議指名予想|高校生の注目選手

高校野球

2018年にドラフト会議で指名が予想される高校生はこちらです。

 

大阪桐蔭のこの2018年ドラフト世代は、“史上最強世代”と呼ばれています。

また、清宮幸太郎選手の後輩で1年から4番の野村大樹選手には、清宮幸太郎選手が記録したばかりの高校通算ホームラン記録の更新に期待がかかります。

 

2018年ドラフト候補の高校生投手

米倉貫太投手(埼玉栄)

柿木蓮投手(大阪桐蔭)

根尾昴投手(大阪桐蔭)

佐野涼弥選手(浦和学院)

山口航輝投手(明桜)

大谷拓海投手(中央学院)

万波中正投手(横浜)

小野寺瑞生投手(東海大甲府)

直江大輔投手(松商学園)

小林綾投手(松本深志)

鈴木裕太投手(日本文理)

山田龍聖投手(高岡商)

大橋修人投手(日本航空石川)

横田龍也投手(豊田工)

修行恵大投手(大垣日大)

杉本幸基投手(大垣日大)

田中法彦投手(菰野)

島田直哉投手(龍谷大平安)

羽田野温生投手(汎愛)

平田龍輝投手(智弁和歌山)

市川悠太投手(明徳義塾)

戸郷翔征投手(聖心ウルスラ)

俵森大輔投手(神村学園)

吉田輝星投手(金足農)

 

2018年ドラフト候補の高校生野手

野村大樹内野手(早稲田実業)

山下航汰内野手(健大高崎)

矢吹栄希内野手(聖光学院)

小園海斗内野手(報徳学園)

西山虎太郎内野手(履正社)

太田椋内野手(天理)

中川卓也内野手(大阪桐蔭)

片山昴星内野手(東海大菅生)

田中幹也内野手(東海大菅生)

山田健太内野手(大阪桐蔭)

藤原恭大外野手(大阪桐蔭)

濱田太貴外野手(明豊)

野村祐希外野手(花咲徳栄)

中澤樹希也外野手(青森山田)

 

2018年ドラフト会議指名予想|大学生の注目選手

野球の投手

大卒ルーキーには即戦力として期待がかかります。

特に大卒投手は即ローテーション入りや中継ぎの一角としての期待がかかります。

こちらではその即戦力候補のドラフト注目の大学生選手をご紹介します。

 

2018年ドラフト候補の大学生投手

アドゥワ大(東農大北海道オホーツク)

海老塚耕作(函館大)

村上英投手(富士大)

上島迅翔投手(富士大)

鈴木翔天投手(富士大)

高田海斗投手(八戸学院大)

高橋優貴投手(八戸学院大)

島原達也投手(東北福祉大)

谷悠大投手(東北福祉大)

松下圭太投手(宮城教育大)

有馬昌宏投手(東日本国際大)

船迫大雅投手(東日本国際大)

石井聖太投手(中央学院大)

松野光次郎投手(上武大)

寺沢星耶投手(上武大)

漆原大晟投手(新潟医療福祉大)

柴田祐斗投手(東京国際大)

末永海人投手(東京国際大)

三輪昂平投手(明大)

高橋裕也投手(明大)

田中裕貴投手(慶大)

小島和哉投手(早稲田大)

橋本敦也投手(立大)

菅野秀哉投手(法大)

上條将希投手(法大)

森田駿哉投手(法大)

大和田啓亮投手(日大)

梅津晃大投手(東洋大)

甲斐野央投手(東洋大)

石井成投手(亜大)

持田隆宏投手(亜大)

中村稔弥投手(亜大)

山城大智投手(亜大)

伊藤優輔投手(中大)

柳川健大投手(中大)

松本航投手(日体大)

青島凌也投手(東海大)

 

2018年ドラフト候補大学生野手

吉田光志捕手(北九州市立大)

岸本朋也捕手(早大)

岡田耕太捕手(駒大)

高寺翔真捕手(亜大)

今井豊貴内野手(天理大)

峯元匠内野手(立大)

中川圭太内野手(東洋大)

清水敬太内野手(東北福祉大)

北条裕之内野手(東海大)

松本将太外野手(駒大)

辰己涼介外野手(立命館)

越智達矢外野手(明大)

 

2018年ドラフト会議指名予想|社会人の注目選手

野球の投手

社会人でも2018年ドラフト候補は多くいます。

毎年即戦力投手が多く指名され、2017年の」ドラフト会議でも田嶋大樹投手がドラフト1位で2球団競合となりました。

清宮幸太郎選手が大学進学となっていれば、もっと競合したはずです。

 

また、野手でも源田選手の活躍もあり、即戦力選手が注目されます。

そんな即戦力候補の社会人選手をご紹介します。

 

2018年ドラフト候補社会人投手

斎藤友貴哉投手(Honda)

岡野祐一郎投手(東芝)

生田目翼投手(日本通運)

吉川峻平投手(パナソニック)

永谷暢章投手(JR東日本)

岩本喜照投手(日本新薬)

 

2018年ドラフト候補社会人野手

谷口諒内野手(新日鐵住金鹿島)

竹内司外野手(JR東海)

笹川晃平外野手(東京ガス)

濱元航輝外野手(日立製作所)

 

2018年ドラフト会議の最大の注目選手は?

野球情報

2018年ドラフト会議で注目される選手は、早稲田実業の野村大樹選手大阪桐蔭の根尾昴投手、大阪桐蔭の藤原恭大選手などです。

 

野村大樹選手は、2017年ドラフト会議で7球団が競合した清宮幸太郎選手と3番・4番で1年生の頃から並んでいました。

清宮幸太郎選手を敬遠できなかったのも、この野村大樹選手の存在があってこそです。

清宮幸太郎選手が記録した高校通算ホームラン記録も、野村大樹選手が塗り替える可能性すらあります。

 

また、2018年ドラフト会議で指名される世代の大阪桐蔭は、史上最強世代と言われています。

藤浪晋太郎投手らを擁して春夏連覇を達成した大阪桐蔭で、史上最強世代と呼ばれるくらいですので指名候補がゴロゴロいます。

 

中でも注目は、根尾昴投手です。

投手でも野手でもドラフト候補で、大谷翔平選手のように二刀流という可能性もあります。

しかも根尾昴選手は野手でショートも外野手もできるので、大谷翔平選手以上に幅が広い二刀流と言えます。

 

さらに2017年の高校日本代表として当時2年生ながら選抜されて活躍した大阪桐蔭の藤原恭大選手、報徳学園の小園海斗選手もドラフト上位指名候補です。

 

大阪桐蔭はさらにエースの柿木蓮投手などもドラフト上位候補です。

ドラフト1位指名が大阪桐蔭高校から複数、それも3人出る可能性も高そうです。

 

また、高校生は甲子園での活躍で一気に評価を上げて一躍ドラフト候補になる選手が毎年います。

夏の甲子園では、金足農の吉田輝星投手が一躍ドラフト上位候補になりました。

夏の甲子園前後で最も評価が上がった選手の言えるのではないでしょうか?

 

また、この吉田輝星投手も選ばれた高校日本代表に選ばれた選手達もドラフト候補です。

 

2018年ドラフト会議の結果速報一覧はこちら

ドラフト会議結果速報【2018年】ドラフト指名選手一覧
2018年のドラフト会議が、10月25日に行われました。 2018年のドラフト会議は高校生に有力選手が集まりました。 史上最強世代の大阪桐蔭からは最大4選手の指名され、夏の甲子園を沸かせた吉田輝星投手や小園海斗選手らもド...

 

2018年プロ志望届を提出した高校ドラフト候補選手一覧

ドラフト会議で指名を受けるには、予めプロ志望届を提出しなくてはなりません。

こちらが2018年のドラフト会議で指名されるために必要なプロ志望届を提出した高校生一覧です。

 

北海道 旭川大 沼田翔平選手

北海道 北海大 窪士夢選手

岩手 盛岡三 西舘洸希選手

秋田 明桜 山口航輝選手

秋田 金足農 吉田輝星選手

山形 山形中央 佐藤智輝選手

茨城 土浦日大 中村泰成選手

茨城 明秀日立 細川拓哉選手

茨城 明秀日立 増田陸選手

茨城 水戸葵陵 川崎皇翔選手

栃木 青藍泰斗 益子京右選手

群馬 新田暁 金子知生選手

群馬 尾瀬 髙橋優太選手

群馬 健大高崎 山下航汰選手

群馬 前橋西 高瀬蒼汰選手

埼玉 花咲徳栄 野村佑希選手

埼玉 埼玉栄 米倉貫太選手

埼玉 桶川西 松岡洸希選手

埼玉 浦和学院 渡邉勇太朗選手

山梨 駿台甲府 荘司宏太選手

山梨 山梨学院 垣越建伸選手

山梨 山梨学院 星野健太選手

山梨 東海大甲府 濱将乃介選手

千葉 市立船橋 坂内誠治選手

千葉 習志野 古谷拓郎選手

千葉 八千代松陰 清宮虎多朗選手

千葉 成田 田宮裕涼選手

千葉 横芝敬愛 行木俊選手

千葉 館山総合 相川亮太選手

東京 関東第一 石橋康太選手

東京 早稲田実 野村大樹選手

東京 郁文館 大比良知哉選手

東京 日大鶴ヶ丘 勝又温史選手

東京 堀越 宮野結希選手

東京 四商 松山真之選手

神奈川 茅ヶ崎 西浜辻翔也選手

神奈川 相模田名 渡部悠介選手

神奈川 武相 カレオンジョニルマラリ選手

神奈川 藤嶺藤沢 矢澤宏太選手

神奈川 横浜 万波中正選手

長野 松商学園 直江大輔選手

長野 ウェルネス筑北 赤羽由紘選手

長野 地球環境 髙井ジュリウス選手

長野 松本国際 小林翔太選手

新潟 北越 阿部裕二朗選手

新潟 日本文理 鈴木裕太選手

新潟 中越 坂井翔太選手

新潟 開志学園 岩渕夏夢選手

新潟 加茂暁星 竹林楓也選手

富山 高朋 佐々木愛輝選手

富山 魚津工 酒井啓佑選手

石川 遊学館 牧野翔矢選手

福井 鯖江 坂本竜三郎選手

福井 敦賀気比 黒田響生選手

静岡 湖西 水野喬日選手

静岡 オイスカ 蘇珀漢選手

静岡 浜松開誠館 宮下凌選手

愛知 誉 白石祐人選手

愛知 栄徳 野口泰司選手

愛知 豊田工 横田龍也選手

岐阜 市岐阜商 中神拓都選手

岐阜 岐阜第一 伊加利夏生選手

岐阜 岐阜第一 平井快青選手

岐阜 岐阜各務野 三浦賢斗選手

岐阜 麗澤瑞浪 井野海翔選手

三重 津田学園 上下大地選手

三重 紀南 横辻海選手

三重 菰野 田中法彦選手

滋賀 滋賀学園 宮城滝太選手

滋賀 近江 山田竜明選手

滋賀 近江 金城登耶選手

京都 福知山成美 藤田希和選手

京都 京都国際 池田将也選手

奈良 天理 太田椋選手

奈良 奈良情報商 新谷恵右選手

和歌山 智辯和歌山 林晃汰選手

和歌山 箕島 田川涼太選手

大阪 大阪偕星 宇佐美真太選手

大阪 汎愛 羽田野温生選手

大阪 大阪桐蔭 柿木蓮選手

大阪 大阪桐蔭 根尾昂選手

大阪 大阪桐蔭 藤原恭大選手

大阪 大阪桐蔭 横川凱選手

兵庫 相生学院 村上泰士選手

兵庫 神戸国際大付 石川翔選手

兵庫 報徳学園 小園海斗選手

岡山 創志学園 中山瞬選手

岡山 倉敷商 引地秀一郎選手

岡山 関西 糸賀海翔選手

広島 瀬戸内 新保利於選手

島根 石見智翠館 靏仁選手

島根 石見智翠館 水谷瞬選手

山口 下関国際 鶴田克樹選手

愛媛 宇和島東 上甲凌大選手

愛媛 松山聖陵 土居豪人選手

徳島 阿南工 田神翔選手

徳島 新野 髙岡玄地選手

徳島 鳴門渦潮 服部虎選手

徳島 板野 安藝龍馬選手

高知 明徳義塾 市川悠太選手

高知 高知中央 岡本布武希選手

福岡 筑陽学園 大畑功士郎選手

福岡 朝倉 小江光樹選手

福岡 折尾愛真 松井義弥選手

福岡 福岡工大城東 上村晟翔選手

福岡 西日本短大付 中村宜聖選手

長崎 佐世保 工野元由翼選手

長崎 創成館 川原陸選手

熊本  秀岳館上原敦己選手

大分 柳ヶ浦 上間永遠選手

大分 柳ヶ浦 中園大樹選手

大分 柳ヶ浦 松田政大選手

大分 明豊 濱田太貴選手

宮崎 日章学園 林田昂也選手

宮崎 聖心ウルスラ 戸郷翔征選手

宮崎 延岡学園 小幡竜平選手

鹿児島 神村学園 角颯真選手

鹿児島 神村学園 羽月隆太郎選手

鹿児島 鹿児島城西 宮脇廉選手

鹿児島 神村学園 渡邉陸選手

鹿児島 れいめい 松江優作選手

沖縄 未来沖縄 宜保翔選手

沖縄 宜野湾 國仲祐太選手

沖縄 中部商 知念侑輝選手

 

大学進学が予定されていた吉田輝星投手もプロ志望届を提出しました。

また、春夏連覇の大阪桐蔭で主将の中川卓也選手はプロ志望届を提出せずに大学進学予定です。

 

2018年各球団のドラフト1位指名予想

どの球団がどの選手をドラフトで指名するかは直前まで分かりません。

隠し玉のような選手を指名したり、競合覚悟で指名したり、一本釣りを狙ったりとドラフト戦略は様々です。

各球団の補強ポイントや傾向から、ドラフト1位指名選手を予想してみました。

 

東北楽天…吉田輝星投手(金足農)

阪神タイガース…根尾昴選手(大阪桐蔭)

千葉ロッテマリーンズ…松本航選手(日体大)

中日ドラゴンズ…根尾昴選手(大阪桐蔭)

オリックスバファローズ…小園海斗選手(報徳学園)

横浜DeNAベイスターズ…根尾昴選手(大阪桐蔭)

北海道日本ハムファイターズ…根尾昴選手(大阪桐蔭)

巨人…根尾昴選手(大阪桐蔭)

福岡ソフトバンクホークス…根尾昴選手(大阪桐蔭)

東京ヤクルトスワローズ…藤原恭大選手(大阪桐蔭)

埼玉西武ライオンズ…根尾昴選手(大阪桐蔭)

広島カープ…小園海斗選手(報徳学園)

 

新聞などで報じられているものと公言したもの、補強ポイントなどを考えるとこう予想しました。

最もドラフト1位で競合しそうなのが、根尾昴選手です。

ただ、根尾昴選手への集中を予想して一本釣りを狙う展開も予想されます。

根尾昴選手を狙う理由が将来のショート候補であれば、根尾昴選手を回避して小園海斗選手を狙うのも1つです。

 

また、野手の中心選手と考えれば藤原恭大選手はトリプルスリーを狙える逸材です。

他にも補強ポイントが即戦力投手であれば、日体大の松本航投手の評価が高いです。

投手の整備が必要な球団は、松本航投手を狙うかもしれません。

 

また、東洋大の上茶谷大河投手も即戦力候補です。

単独指名が狙える状況ですので、即戦力投手が欲しい球団の候補になります。

 

毎回ドラフト会議で注目の北海道日本ハムファイターズは、その年の一番の選手を指名する方針です。

そうなると今年は、根尾昴選手ではないかと思います。

大谷翔平投手以上に難しいショートでの二刀流挑戦も、栗山監督のファイターズなら出来るかもしれません。

 

直前まで駆け引きが続くドラフト会議ですので、1位指名でどの球団が誰を指名するのか注目です!

 

2018年ドラフト会議の結果速報・指名選手一覧はこちら

ドラフト会議結果速報【2018年】ドラフト指名選手一覧
2018年のドラフト会議が、10月25日に行われました。 2018年のドラフト会議は高校生に有力選手が集まりました。 史上最強世代の大阪桐蔭からは最大4選手の指名され、夏の甲子園を沸かせた吉田輝星投手や小園海斗選手らもド...

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポーツ情報
シェアする
パーソナルトレーナー中谷圭太郎をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
東中野・落合のパーソナルトレーナー中谷圭太郎公式ブログ

コメント