羽生結弦選手、右足関節外側靭帯損傷の怪我でNHK杯欠場|平昌五輪出場は?

 

フィギュアスケートの平昌オリンピック金メダル最有力の羽生結弦選手にアクシデントがありました。

 

羽生結弦選手は11月10日のNHK杯に向けた前日練習で右足を怪我して公式練習を切り上げていました。

 

NHK杯出場は当日に判断すると発表されていましたが、結局怪我で欠場となりました。

 

羽生結弦選手の怪我は「右足関節外側靭帯損傷」と発表されました。

全治は発表されず、怪我の程度によっては最悪の場合平昌オリンピックの代表落選の可能性も考えられます。

 

スポンサーリンク

羽生結弦選手は右足関節外側靭帯損傷の怪我でNHK杯欠場

羽生結弦選手は、11月9日に行われたNHK杯の公式練習で右足を負傷していました。

 

ジャンプの着氷に失敗した羽生結弦選手は、転倒した際に右足首を強くひねったように見えました。

また、右膝にも捻りが加わったようにも見え、右膝の負傷も疑われました。

 

11月9日の時点では、怪我の詳細と10日のNHK杯出場の可能性については明らかにされていませんでした。

10日になり、羽生結弦選手のNHK杯欠場が発表されました。

 

同時に、羽生結弦選手の怪我は「右足関節外側靭帯損傷」の怪我であると発表されました。

ただ、全治は不明とのことです。

 

NHK杯欠場で済めばいいですが、次の全日本選手権も欠場となると平昌オリンピック日本代表入りが怪しくなってきます。

 

過去の実績で日本代表入りとなっても、平昌オリンピックに万全の状態で出場できるかは分かりません。

全ては怪我の程度次第ですが、かなり重い怪我の場合は平昌オリンピック欠場の可能性もあります。

 

スポンサーリンク

 

羽生結弦選手の怪我の状態は?

羽生結弦選手の怪我については「右足関節外側靭帯損傷」で全治不明と発表されています。

右足関節外側靭帯損傷というかなり難しい名前の怪我ですが、簡単に言えばこれは足首の捻挫です。

 

靭帯損傷とは、関節を保護する靭帯という組織が損傷したということです。

靭帯は足首だけでも多くの靭帯がありますので、この「右足関節外側靭帯損傷」とはかなりアバウトな怪我の名前と言えます。

 

足首の外側の靭帯を損傷した捻挫ですので、最も多いパターンの捻挫です。

足首の捻挫は程度によってかなり差があります。

 

軽症であれば全治は1週間程度で、もっと短く済む場合もあります。

仮にこの軽症の足首の捻挫であれば、テーピングでしっかり固定して翌日に試合に出ることも可能です。(もちろん万全ではないでしょうが…)

 

ただ、重症の場合は全治が3か月くらいかかるものもあります。

 

内村航平選手が足首の怪我で世界選手権の連覇が途絶えましたが、この怪我も同じく足関節の外側靭帯損傷です。

 

内村航平選手は、1か月経ってもまだ痛みがある状態とコメントしていました。

これは比較的重症度の高い怪我と言えそうです。

 

羽生結弦選手の場合は、怪我で一時リンクを出た後に戻ってきましたがやはり難しいということで練習を切り上げました。

これは重症度が低そうな感じもしますが、内村航平選手も怪我後に演技を続行させました。

 

また、気になるのは本当に足首の怪我だけなのかということです。

怪我の映像を見る限り、右膝にもひねりのストレスが加わっているように感じます。

 

仮に膝の怪我もあれば、さらに全治は長くなると思います。

 

発表された情報が少ない以上憶測にしかなりませんが、全治が1か月近くかかる怪我だとしてもおかしくはないと思います。

 

スポンサーリンク

羽生結弦選手は平昌オリンピックに間に合う?代表落選の可能性も

羽生結弦選手はNHK杯欠場となりましたが、気になるのは平昌オリンピックに間に合うのかということです。

 

平昌オリンピックの日本代表メンバー選考の場となるのが、12月21日にから始まる全日本選手権です。

羽生結弦選手はこの全日本選手権に間に合わせるのが直近の目標となりますが、仮に今回の怪我が全治1か月だとすると、ぶっつけ本番で出場することになります。

 

全日本選手権で結果が出ない、もしくは欠場となっても過去の実績を踏まえて平昌オリンピック代表メンバー入りとなる可能性は十分です。

 

ただ、全日本選手権も欠場で復帰のめどが立たない状態であれば、平昌オリンピック代表メンバーから漏れる可能性も考えられます。

 

ただ怪我が軽症であることを願いリハビリをがんばるしかない状態ですが、平昌オリンピック日本代表メンバー選考がかなり難航する可能性も考えられそうです。

 

スポンサーリンク