箱根駅伝2018年第94回往路結果速報&区間賞発表!

箱根駅伝2018年(第94回)が2018年1月2日・3日に行われます。

 

優勝予想は4連覇を狙う青山学院大学、出雲駅伝を制した東海大学、全日本大学駅伝で優勝の神奈川大学の3強が予想されます。

こちらでは箱根駅伝2018の往路結果速報と区間賞をご紹介します。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

箱根駅伝2018年往路の結果速報

箱根駅伝2018年の優勝候補は4連覇を狙う青山学院大学、出雲駅伝優勝の東海大学、全日本大学駅伝優勝の神奈川大学です。

しかし、1区からトップを走り続けたのは東洋大学でした。

 

往路順位

1位 東洋大学

2位 青山学院大学

3位 早稲田大学

4位 拓殖大学

5位 法政大学

6位 城西大学

7位 日本体育大学

8位 順天堂大学

9位 東海大学

10位 中央大学

11位 中央学院大学

12位 帝京大学

13位 駒澤大学

14位 国学院大学

15位 神奈川大学

16位 山梨学院大学

17位 大東文化大学

18位 国士舘大学

19位 東京国際大

20位 上武大学

21位(参考記録) 関東学生連合

 

3強の優勝候補を抑え、東洋大学が往路優勝を果たしました。

1区から先頭を走り続ける盤石の勝利でした。

しかし、5区で追い上げられて2位の青山学院大学との差は36秒と、復路に不安が残る差ではあります。

 

また、5区で優勝候補の一角・神奈川大学が大きく失速して15位まで順位を落としてしまいました。

東海大学も9位と優勝争いからは脱落し、優勝争いは東洋大学・青山学院大学・早稲田大学に絞られたと言えそうです。

 

箱根駅伝2018年の各区間終了時点での順位一覧

こちらが2018年箱根駅伝の各区間終了時点での順位です。

 

第1区終了時点順位一覧

1位 東洋大学

2位 国学院大学

3位 駒澤大学

4位 日本体育大学

5位 青山学院大学

6位 神奈川大学

7位 東海大学

8位 上武大学

9位 中央学院大学

10位 順天堂大学

11位 早稲田大学

12位 中央大学

13位 拓殖大学

14位 大東文化大学

15位 国士舘大学

16位 帝京大学

17位 山梨学院大学

18位 城西大学

19位 法政大学

20位 東京国際大

21位(参考記録) 関東学生連合

 

1区終了時点では、東洋大学が1位になりました。

当然ですが区間賞東洋大学の西山和弥選手。

 

優勝予想の青山学院大学が5位、神奈川大学が6位、東海大学が7位とやや遅れてのスタートとなりました。

2018年箱根駅伝の復路・総合結果速報はこちら

箱根駅伝2018年第94回復路結果速報&区間賞発表|青学4連覇!
箱根駅伝2018年は、優勝候補の青山学院大学・神奈川大学・東海大学が3強と見られました。 しかし、往路は1区から東洋大学が1位を走り続けて優勝となりました。 青山学院大学は36秒差で2位と、復路で逆転優勝を狙います。 ...

 

第2区終了時点順位一覧

1位(→) 東洋大学

2位(+3) 青山学院大学

3位(+3) 神奈川大学

4位(+11) 山梨学院大学

5位(+8) 拓殖大学

6位(+5) 早稲田大学

7位(→) 東海大学

8位(-4) 日本体育大学

9位(+3) 中央大学

10位(→) 順天堂大学

11位(-8) 駒澤大学

12位(+4) 帝京大学

13位(+5) 城西大学

14位(-5) 中央学院大学

15位(+4) 法政大学

16位(-8) 上武大学

17位(-2) 国士舘大学

18位(-16) 国学院大学

19位(-5) 大東文化大学

20位(→) 東京国際大

21位(→)(参考記録) 関東学生連合

 

2区では山梨学院大学・拓殖大学が留学生で大きく順位を上げました。

ただ、区間賞は青山学院大学の森田歩希選手でした。

 

優勝候補の神奈川大学も3位まで順位を上げましたが、東海大学は7位とまだ順位を上げられていません。

トップは引き続き東洋大学です。

 

第3区終了時点での順位一覧

1位(→) 東洋大学

2位(→) 青山学院大学

3位(+3) 早稲田大学

4位(-1) 神奈川大学

5位(→) 拓殖大学

6位(+1) 東海大学

7位(-3) 山梨学院大学

8位(+1) 中央大学

9位(+1) 順天堂大学

10位(+1) 駒澤大学

11位(+2) 城西大学

12位(→) 帝京大学

13位(+2) 法政大学

14位(+4) 国学院大学

15位(-7) 日本体育大学

16位(+3) 大東文化大学

17位(-3) 中央学院大学

18位(-2) 上武大学

19位(-2) 国士舘大学

20位(→) 東京国際大

21位(→)(参考記録) 関東学生連合

 

3区終了時点でも1位は東洋大学です。

3区で青山学院大学はエースの田村和希選手が一時8秒差まで追い上げましたが、その後は差を広げられました。

東洋大学の山本修二選手が区間賞の走りでトップを守りました。

 

第4区終了時点での順位一覧

1位(→) 東洋大学

2位(→) 青山学院大学

3位(+1) 神奈川大学

4位(+1) 拓殖大学

5位(-2) 早稲田大学

6位(→) 東海大学

7位(+3) 駒澤大学

8位(→) 中央大学

9位(+5) 国学院大学

10位(+1) 城西大学

11位(+1) 帝京大学

12位(+3) 日本体育大学

13位(-6) 山梨学院大学

14位(-1) 法政大学

15位(-6) 順天堂大学

16位(+1) 中央学院大学

17位(-1) 大東文化大学

18位(+2) 東京国際大

19位(-1) 上武大学

20位(-1) 国士舘大学

21位(→)(参考記録) 関東学生連合

 

東洋大学が4区までトップを守りました。

東洋大学は吉川洋次選手が区間新記録で1位を守りましたが、神奈川大学の大塚倭選手がすぐに区間新記録を塗り替えました。

1位の東洋大学と2位の青山学院大学とは2:03の差が開きました。

 

第5区終了時点での順位一覧

1位(→) 東洋大学

2位(→) 青山学院大学

3位(+2) 早稲田大学

4位(→) 拓殖大学

5位(+9) 法政大学

6位(+4) 城西大学

7位(+5) 日本体育大学

8位(+7) 順天堂大学

9位(-3) 東海大学

10位(-2) 中央大学

11位(+5) 中央学院大学

12位(-1) 帝京大学

13位(-6) 駒澤大学

14位(-5) 国学院大学

15位(-12) 神奈川大学

16位(-3) 山梨学院大学

17位(→) 大東文化大学

18位(+2) 国士舘大学

19位(-1) 東京国際大

20位(-1) 上武大学

21位(→)(参考記録) 関東学生連合

 

東洋大学が1区から首位を守る完全優勝で往路優勝を果たしました。

優勝候補は青山学院大学・東海大学・神奈川大学の3強と見られましたが、東洋大学が1年生を3人起用する采配で往路優勝を果たしました。

ただ、青山学院大学はエースの下田裕太選手を温存して36秒差の2位です。

原監督は往路30秒差なら復路で逆転できるとレース前にコメントしており、まさにその通りの展開となりました。

下田裕太選手は当日エントリー変更で出場ですが、どこで走りどんな走りを見せるかが勝敗を分けそうです。

 

2018年箱根駅伝の往路区間賞一覧

2018年箱根駅伝の区間賞がこちらになります。

区間賞とはその区間でもっとも早かった選手です。

 

1区区間賞 西山和弥選手(東洋大学)

2区区間賞 森田歩希選手(青山学院大学)、ドミニク・ニャイロ選手(山梨学院大学)

3区区間賞 山本修二選手(東洋大学)

4区区間賞 大塚倭選手(神奈川大学)

5区区間賞 青木涼真選手(法政大学)

 

2018年箱根駅伝の復路・総合結果速報&区間賞一覧はこちら

箱根駅伝2018年第94回復路結果速報&区間賞発表|青学4連覇!
箱根駅伝2018年は、優勝候補の青山学院大学・神奈川大学・東海大学が3強と見られました。 しかし、往路は1区から東洋大学が1位を走り続けて優勝となりました。 青山学院大学は36秒差で2位と、復路で逆転優勝を狙います。 ...

 

コメント