酒井宏樹選手が怪我で離脱!左膝内側側副靭帯損傷でW杯は間に合う?

酒井宏樹選手が怪我で離脱!左膝内側側副靭帯損傷の怪我でワールドカップに間に合う?

サッカー

 

 サッカー日本代表で不動の右サイドバックの酒井宏樹選手が、所属のマルセイユの試合で左膝を負傷して途中交代となりました。

まだ怪我の詳細は分かっていませんが、酒井宏樹選手の怪我は左膝内側側副靭帯損傷の怪我と予想されています。

怪我の程度によってはワールドカップ出場すら危ぶまれるタイミングですので、日本代表にとっては厳しい離脱となりました。

サッカー日本代表にとって酒井宏樹選手は代えの効かない選手と言えますので、代役ではなくシステム変更すら検討されるかもしれません。

そんな酒井宏樹選手の怪我の状態や全治、復帰時期からロシアワールドカップに間に合うのかを調べました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

酒井宏樹選手が左膝の怪我で戦線離脱

膝の怪我

サッカー日本代表の酒井宏樹選手が、所属するフランスのマルセイユでの試合中に左膝を負傷して途中交代となりました。

 

酒井宏樹選手は4月21日のフランスリーグ、リール戦にスタメン出場しました。

しかし、前半22分に左ひざを負傷して途中交代となりました。

 

試合後には松葉杖をついて引き上げるなど、重症の可能性もあります。

酒井宏樹選手は、試合後このようにコメントしています。

 

「倒れたときに相手の体重もかかった。とりあえず(22日予定の)検査を受けてみないと。そんなに(全治まで)長くないことを祈りながら」と言うしかなかった。

 

Yahooニュースより抜粋

 

検査結果次第と言えますが、数日で治るような軽症である可能性は低そうです。

酒井宏樹選手の怪我は、転倒して起こりました。

相手選手に上から乗られるように転倒して、左膝を捻ってしまったようです。

相手選手の体重もそれなりにかかっていたようですので、捻り方も強くなってのではないかと思います。

自分で転倒して捻るだけでも膝の靭帯損傷や半月板損傷に繋がる可能性があります。

上から乗られて体重がかかっていたとなると、膝へのストレスはかなり強かったのではないかと思います。

仮に前十字靭帯損傷や半月板損傷であれば、ロシアワールドカップ出場がかなり厳しくなるところです。

 

酒井宏樹選手の怪我の状態は?

病院の医者の説明

酒井宏樹選手が負傷したのは左膝です。

怪我の程度はまだ検査結果が発表されていませんので詳しくは分かりませんが、内側側副靭帯損傷と報じられています。

 

前十字靭帯の損傷や半月板損傷ではなさそうということですので、最悪の事態は避けられたと思います。

前十字靭帯損傷の場合は、全治が半年以上はかかりますので2018年6月のロシアワールドカップ出場は絶望的になります。

 

ただ、内側側副靭帯損傷であればロシアワールドカップ出場は重症度次第ということになります。

 

酒井宏樹選手の怪我は膝内側側副靭帯損傷

サッカーの怪我

酒井宏樹選手の怪我は、左膝の内側側副靭帯損傷のようです。

膝の内側側副靭帯損傷は、膝の靭帯損傷の中では比較的軽症な部類に入ります。

それでも、膝の怪我自体が大きな怪我ですので、数日で治るような怪我はないと思います。

 

膝内側側副靭帯損傷の全治は、重症度で大きく変わります。

最も軽症な場合は、数週間で復帰が可能です。

テーピングでしっかり固定しての強行出場であれば、1週間以内に可能な場合もあります。

しかし、重症度が高ければ全治は2か月以上かかる場合があります。

さらにひどい場合は全治が半年ほどかかり手術となることもありますが、これは稀なケースです。

 

酒井宏樹選手の怪我の全治は、数週間~2か月程度の範囲に収まるのではないかと思います。

ただ、この時期の怪我で心配なのはロシアワールドカップに間に合うのかです。

全治2か月以上となるとロシアワールドカップ出場が黄色信号です。

 

酒井宏樹選手はロシアワールドカップに間に合う?

日本代表

酒井宏樹選手の怪我で最も心配されるのが、ロシアワールドカップに間に合うのか?だと思います。

 

実際のところ、酒井宏樹選手がロシアワールドカップに出場できるかは怪我の重症度次第です。

ただ、「微妙」という状況になると思います。

前十字靭帯損傷であれば、もうワールドカップ出場は絶望的ですがその可能性は低そうです。

軽症で数日のうちに復帰できる可能性も低いと思いますので、全治が数週間~2ヶ月くらいとなる可能性が高そうです。

 

そうなると、一応プレーできるけどコンディションに不安という状態でワールドカップを迎える可能性が高いです。

前回のブラジルワールドカップでも、同じ右サイドバックの内田篤人選手が同じような怪我からの復帰具合で強行出場しました。

ブラジルワールドカップでの内田篤人選手のプレーは良かったですが、その後怪我で苦しんでいることを考えると無理は禁物です。

 

また、怪我から復帰が出来てもリハビリ途中や復帰直後に再び負傷する可能性もあります。

最初はどうしても怪我をした左膝を無意識にかばう動作が入ってしまいますので他の部位にも過度な負担がかかります。

同じ怪我からの回復がワールドカップに間に合うと言っても、ギリギリ試合に出場できるレベルなのか、それとも復帰後に試合を重ねて万全の状態で出場できるレベルなのかで大きく意味は変わります。

 

現時点で酒井宏樹選手がロシアワールドカップメンバーから落選する可能性は極めて低いと思います。

しかし、フル出場が出来ない可能性やコンディションが整わずスタメン落ちする可能性も考えなくてはならないです。

 

酒井宏樹選手の怪我は全治3週間と発表4/24追記

サッカースタジアム

酒井宏樹選手の怪我の全治が3週間と発表されました。

怪我の検査結果に関して、詳細が発表されたことになります。

膝内側側副靭帯損傷で全治が3週間となると、比較的軽症で済んだと言えます。

まだ所属のフランスリーグではまだリーグ戦も残っていて、ELも残っています。

このリーグ戦やELへの出場も酒井宏樹選手は出場に意欲を見せています。

 

酒井宏樹選手は怪我の詳細の発表後、Twitterでこのように投稿しています。

 

どんなに気をつけていてもケガはつきものです。ただ今回は自分の身体が本当に頑張って耐えてくれました。ELもリーグもまだ諦めてません。またすぐこのシャツを着れるようリハビリ頑張ります

公式Twitterより抜粋

 

本当によく耐えたという怪我だと思います。

下手な捻り方をすれば半月板損傷や前十字靭帯損傷の可能性もあり得ましたので、どうにかロシアワールドカップ出場へ繋がる程度の怪我で済んだと思います。

しかし、これで100%酒井宏樹選手がロシアワールドカップに出場できると決まった訳ではありません。リハビリ過程で再度怪我をすることもありますし、復帰後にパフォーマンスが上がる保証もありません。

サッカー日本代表監督に急遽就任した西野朗監督も「コンディション」という話をしきりにしていますので、そのコンディションが整えられるかはまだ分かりません。

 

酒井宏樹選手の代役は?システム変更の可能性も

日本代表

酒井宏樹選手の怪我がワールドカップ絶望という怪我ではなかったので一安心です。

ただ、酒井宏樹選手がロシアワールドカップに万全のコンディションで挑めるかは不透明です。

そうなると酒井宏樹選手の代役を考えなくてはなりません。

しかし、日本代表のサイドバック事情は厳しいです。

 

2018年サッカー日本代表ロシアワールドカップメンバー予想はこちら

 

サイドバックは4人となる可能性が高そうですが、酒井宏樹選手・酒井高徳選手・長友佑都選手の3人はメンバー入りがほぼ当確だと思います。

残る1人をテストしましたが、川崎フロンターレの車屋選手、浦和レッズの宇賀神友弥選手などはアピールに失敗したと言えます。

 

監督がハリルホジッチ監督から西野監督に代わったとは言え時間がありませんので大幅なメンバー変更がDF陣にあるとは考えにくいです。

現状、酒井宏樹選手がスタメン落ちとなれば、酒井高徳選手と長友佑都選手の2人がスタメンとなる可能性が高いです。

どちらが右サイドに回るかは分かりませんが、恐らくは酒井高徳選手が右サイドバックとなると思います。

 

4人目のサイドバックには、車屋紳太郎選手・内田篤人選手・室屋成選手などの名前が挙がっています。

酒井宏樹選手が万全でないとなると、怪我を抱える内田篤人選手の選出が難しくなるかもしれません。

 

そうなると、いっそ3バックへ変更も考えられます。

リベロに長谷部誠選手を置き、吉田麻也選手・槙野智章選手か昌子源選手の3バックです。

そうなるとサイドの選手も起用にバリエーションが出せます。

 

しかし、どのようなフォーメーションでもやはり酒井宏樹選手がいるに越したことはありませんので、酒井宏樹選手の一日も早い復帰が待たれます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポーツ情報
シェアする
keitarononakaをフォローする
東中野・落合のパーソナルトレーナー中谷圭太郎公式ブログ

コメント