大谷翔平選手、右肘内側側副靭帯損傷の怪我でDL入り|手術はある?

野球の投手

 大谷翔平選手が右肘の怪我で故障者リスト(DL)入りという衝撃のニュースが入ってきました。

大谷翔平選手は2018年からメジャーリーグに渡り、二刀流で日本時代と同じような活躍を見せていました。

オープン戦で酷評していた評論家がお詫び記事を掲載するほどの活躍でしたが、右ひじの怪我で故障者リスト入りとなってしまいました。

 

大谷翔平選手はエンゼルスの入団時のメディカルチェックでも右ひじの靭帯に微細な損傷があって注射による治療を受けていたと発表されています。

 

その靭帯の損傷のようですが、その時よも重症度の高い怪我のようです。

場合によってはトミージョン手術で1年ほど離脱する可能性もある部位の怪我ですので、心配なニュースです。

 

スポンサーリンク

大谷翔平選手は右肘内側側副靭帯損傷の怪我で故障者リスト入り

大谷翔平選手が自身初の故障者リスト入りすることはが、6月8日に所属のエンゼルスから発表されました。

大谷翔平選手は6日のロイヤルズ戦に先発登板しました。

この登板では、右手中指のマメが悪化して4回1失点で降板となっていました。

 

降板理由はマメのようでしたが、降板後に肘が張ってきたようです。

 

エンゼルスのエプラー・ゼネラルマネジャー(GM)は「まめができて降板し、アドレナリンが収まったら肘が張ってきたと大谷が言ってきた」と説明。

 

朝日新聞デジタルより抜粋

 

こう見るとそこまで重症の怪我には感じられませんが、大谷翔平選手が怪我をした部位はメジャーリーグに渡った日本人投手としては鬼門の怪我と言えます。

 

大谷翔平選手が怪我をしたのは、右肘の内側側副靭帯です。

肘にはいくつか靭帯がありますが、その中で大きな靭帯がこの内側側副靭帯です。

 

内側側副靭帯の怪我は、一昔前では投手生命にかかわる怪我でした。

肘の内側側副靭帯が断裂した場合は、投手生命はほぼ絶望的でしたがトミージョン手術という再建手術のおかげで復帰できる投手が増えました。

 

大谷翔平選手の怪我は内側側副靭帯の損傷で断裂ではありません。

そのため、即手術で復帰まで1年かかるという怪我ではありません。

ただ、経過によっては手術を選択する可能性がゼロとは言えません。

 

大谷翔平選手の怪我は靭帯損傷のⅡ度という3段階中2番目の重症度です。

3段階中最も重いⅢ度損傷であれば手術が選択されますが、Ⅱ度損傷の場合は手術を受けるかは微妙です。

 

大谷翔平選手は右肘内側側副靭帯損傷の怪我で手術?

野球の投手

大谷翔平選手の肘の怪我に関しては、現時点で手術の予定はなさそうです。

発表によると、PRP注射と呼ばれる注射治療が行われたようです。

 

7日にはロサンゼルスで、右肘に自身から採取した血小板を使って組織の修復や再生を図る「PRP注射」と呼ばれる治療を受けた。(共同)

 

朝日新聞デジタルより抜粋

 

このPRP注射は、トミージョン手術にかわる治療方法として期待されています。

ヤンキースの田中将大投手も右肘の内側側副靭帯を損傷しましたが、トミージョン手術はせずにPRP注射で復帰して今も投げています。

 

大谷翔平選手もエンゼルス入団時のメディカルチェック後にこのPRP注射を受けています。

 

ただ、大谷翔平選手はこのPRP注射を打って終わりという予定ではなくPRP注射を打って様子を見るということのようです。

つまり、PRP注射を打っても経過が悪い場合はトミージョン手術の可能性もあります。

 

そうなれば、野手での出場も含めて今季絶望となりそうです。

 

トミージョン手術とは?

肘の内側側副靭帯を損傷した投手が受けるトミージョン手術は、メジャーリーグに移籍した日本人投手がかなり高い確率で受けることになっている手術です。

 

最近ではダルビッシュ有投手が受けましたし、その前には藤川球児投手や和田毅投手なども受けています。

2018年に中日ドラゴンズに移籍して復活した松坂大輔投手ですが、ソフトバンクホークス時代に活躍できなかったのはこのトミージョン手術後に痛めた肩が原因のようです。

このように、トミージョン手術後に他の部位を痛めたり再度内側側副靭帯損傷ということもあります。

 

トミージョン手術を複数回受ける投手もいます。

 

トミージョン手術の解説

 

トミージョン手術を受けた日本人投手一覧

 

トミージョン手術を初期の頃に受けた日本人で有名なのが、村田兆治投手です。

そう考えればトミージョン手術の歴史はある程度あります。

完全復活した投手もいれば、復活出来ていない投手もいます。

 

トミージョン手術後に球速が早くなる投手もいれば、過去のパフォーマンスが戻らない投手もいます。

昔は投手生命が終わるくらいの怪我と考えればかなりいいですが、それでも大きな怪我には変わりありません。

 

スポンサーリンク

大谷翔平選手の復帰時期は?手術なら1年以上の長期離脱

大谷翔平選手の復帰時期は現時点では分かりません。

トミージョン手術となれば、全治は1年以上の場合が多く、来シーズンのオールスター明けくらいの復帰になります。

 

PRP注射ですぐに復帰する可能性もありますが、あまり楽観視できる怪我ではないと思います。

 

大谷翔平選手は打者で出場という可能性もありますので、復帰時期は先に野手での出場となるはずです。

ただ、手術となれば今シーズンは野手でも出場は厳しいのではないかと思います。

 

ひとまずは3週間は治療期間のようですが、その後は経過次第のようです。

 

ここまで二刀流として日本と変わらない活躍を見せてくれた大谷翔平選手ですので、早期復帰が待たれます。

スポンサーリンク