ドラフト会議結果速報【2018年】ドラフト指名選手一覧

2018年のドラフト会議が、10月25日に行われました。

2018年のドラフト会議は高校生に有力選手が集まりました。

 

史上最強世代の大阪桐蔭からは最大4選手の指名され、夏の甲子園を沸かせた吉田輝星投手や小園海斗選手らもドラフト1位候補です。

そんな2018年ドラフト会議の結果速報がこちらです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  1. 2018年プロ野球ドラフト会議指名選手の結果速報
    1. 2018年東北楽天のドラフト会議指名選手一覧
    2. 2018年阪神タイガースのドラフト会議指名選手一覧
    3. 2018年千葉ロッテマリーンズのドラフト会議指名選手一覧
    4. 2018年中日ドラゴンズのドラフト会議指名選手一覧
    5. 2018年オリックスバファローズのドラフト会議指名選手一覧
    6. 2018年横浜DeNAベイスターズのドラフト会議指名選手一覧
    7. 2018年北海道日本ハムファイターズのドラフト会議指名選手一覧
    8. 2018年巨人のドラフト会議指名選手一覧
    9. 2018年ソフトバンクホークスのドラフト会議指名選手一覧
    10. 2018年ヤクルトスワローズのドラフト会議指名選手一覧
    11. 2018年埼玉西武ライオンズのドラフト会議指名選手一覧
    12. 2018年広島カープのドラフト会議指名選手一覧
  2. 2018年のドラフト会議注目選手の指名球団は?
    1. 3球団指名の藤原恭大選手は千葉ロッテマリーンズが交渉権を獲得!
    2. 4球団指名の根尾昴選手は中日ドラゴンズが交渉権を獲得!
    3. 4球団指名の小園海斗選手は広島カープが交渉権を獲得!
    4. 外れ1位で4球団競合の辰巳涼介選手は東北楽天が交渉権を獲得
    5. 吉田輝星投手は外れ1位で日本ハムが交渉権を獲得
    6. ”史上最強世代”大阪桐蔭から4選手がドラフト指名!
  3. ドラフト指名漏れした有力候補選手一覧
  4. 2018年ドラフト会議の結果で評価の高い球団は?

2018年プロ野球ドラフト会議指名選手の結果速報

こちらが2018年ドラフト会議で指名された各球団の指名選手一覧です。

球団ごとに紹介します。

 

2018年東北楽天のドラフト会議指名選手一覧

ドラフト1位指名 藤原恭大外野手(大阪桐蔭)→抽選外れ

外れ1位 辰巳涼介外野手(立命館大)→抽選の結果交渉権獲得

ドラフト2位指名 太田光捕手(大阪商大)

ドラフト3位指名 引地秀一郎投手(倉敷商高)

ドラフト4位指名 弓削隼人投手(SUBARU)

ドラフト5位指名 佐藤智輝投手(山形中央高)

ドラフト6位指名 渡辺佳明内野手(明大)

ドラフト7位指名 小郷裕哉外野手(立正大)

ドラフト8位指名 鈴木翔天投手(富士大)

育成ドラフト1位指名 清宮虎多朗投手(八千代松陰高)

育成ドラフト2位指名 則本佳樹投手(山岸ロジスターズ)

 

2018年阪神タイガースのドラフト会議指名選手一覧

ドラフト1位指名 藤原恭大外野手(大阪桐蔭)→抽選外れ

外れ1位 辰巳涼介外野手(立命館大)→抽選外れ

外れの外れ1位 近本光司外野手(大阪ガス)→交渉権獲得

ドラフト2位指名 小幡竜平内野手(延岡学園高)

ドラフト3位指名 木浪聖也内野手(ホンダ)

ドラフト4位指名 齋藤友貴哉投手(ホンダ)

ドラフト5位指名 川原陸投手(創成館高)

ドラフト6位指名 湯浅京己投手(BC富山)

育成ドラフト1位指名 片山雄哉捕手(BC福井)

 

2018年千葉ロッテマリーンズのドラフト会議指名選手一覧

ドラフト1位指名 藤原恭大外野手(大阪桐蔭)→抽選の結果交渉権獲得

ドラフト2位指名 東妻勇輔投手(日体大)

ドラフト3位指名 小島和哉投手(早稲田大)

ドラフト4位指名 山口航輝投手(明桜高)

ドラフト5位指名 中村稔弥投手(亜大)

ドラフト6位指名 古谷拓郎投手(習志野高)

ドラフト7位指名 松田進内野手(ホンダ)

ドラフト8位指名 土居豪人投手(松山聖陵高)

育成ドラフト1位指名 鎌田光津希投手(四国IL徳島)

 

2018年中日ドラゴンズのドラフト会議指名選手一覧

ドラフト1位指名 根尾昴選手(大阪桐蔭)→抽選の結果交渉権獲得

ドラフト2位指名 梅津晃大投手(東洋大)

ドラフト3位指名 勝野昌慶投手(三菱重工名古屋)

ドラフト4位指名 石橋康太捕手(関大一高)

ドラフト5位指名 垣越建伸投手(山梨学院高)

ドラフト6位指名 滝野要外野手(大阪商大)

 

2018年オリックスバファローズのドラフト会議指名選手一覧

ドラフト1位指名 小園海斗選手(報徳学園)→抽選外れ

外れ1位 太田椋選手(天理)→交渉権獲得

ドラフト2位指名 頓宮裕真捕手(亜大)

ドラフト3位指名 荒西祐大投手(ホンダ熊本)

ドラフト4位指名 富山凌雅投手(トヨタ自動車)

ドラフト5位指名 宜保翔投手(未来沖縄高)

ドラフト6位指名 左沢優投手(JX-ENEOS)

ドラフト7位指名 中川圭太内野手(東洋大)

育成ドラフト1位指名 漆原大晟投手(新潟医療福祉大)

 

2018年横浜DeNAベイスターズのドラフト会議指名選手一覧

ドラフト1位指名 小園海斗選手(報徳学園)→抽選外れ

外れ1位 上茶屋大河投手(東洋大)→交渉権獲得

ドラフト2位指名 伊藤裕季也内野手(立教大)

ドラフト3位指名 大貫晋一投手(新日鐵住金鹿島)

ドラフト4位指名 勝又温史投手(日大鶴ケ丘高)

ドラフト5位指名 益子京右捕手(青藍泰斗高)

ドラフト6位指名 知野直人内野手(BC新潟)

育成ドラフト1位指名 宮城滝太投手(滋賀学園高)

 

2018年北海道日本ハムファイターズのドラフト会議指名選手一覧

ドラフト1位指名 根尾昴選手(大阪桐蔭)→抽選外れ

外れ1位 吉田輝星投手(金足農)→交渉権獲得

ドラフト2位指名 野村佑希外野手(花咲徳栄)

ドラフト3位指名 生田目翼投手(日本通運)

ドラフト4位指名 万波中正外野手(横浜高)

ドラフト5位指名 柿木蓮投手(大阪桐蔭高)

ドラフト6位指名 田宮裕涼捕手(成田高)

ドラフト7位指名 福田俊投手(星槎道都大)

育成ドラフト1位指名 海老原一佳外野手(BC富山)

 

2018年巨人のドラフト会議指名選手一覧

ドラフト1位指名 根尾昴選手(大阪桐蔭)→抽選外れ

外れ1位 辰巳涼介選手(立命館大)→抽選外れ

外れの外れ1位 高橋優貴投手(八戸学院大)→交渉権獲得

ドラフト2位指名 増田陸内野手(明秀日立高)

ドラフト3位指名 直江大輔投手(松商学園高)

ドラフト4位指名 横川凱投手(大阪桐蔭高)

ドラフト5位指名 松井義弥内野手(折尾愛真高)

ドラフト6位指名 戸郷翔征投手(聖心ウルスラ高)

育成ドラフト1位指名 山下航汰外野手(健大高崎高)

育成ドラフト2位指名 平井快青投手(岐阜第一高)

育成ドラフト3位指名 沼田翔平投手(旭川大高)

育成ドラフト4位指名 黒田響生内野手(敦賀気比高)

 

2018年ソフトバンクホークスのドラフト会議指名選手一覧

ドラフト1位指名 小園海斗選手(報徳学園)→抽選外れ

外れ1位 辰巳涼介選手(立命館大)→抽選外れ

外れの外れ1位 甲斐野央投手(東洋大)→交渉権獲得

ドラフト2位指名 杉山一樹投手(三菱重工広島)

ドラフト3位指名 野村大樹捕手(早稲田実業高)

ドラフト4位指名 板東湧梧投手(JR東日本)

ドラフト5位指名 水谷瞬外野手(石見智翠館高)

ドラフト6位指名 泉圭輔投手(金沢星稜大)

ドラフト7位指名 奥村政稔投手(三菱日立PS横浜)

育成ドラフト1位指名 渡辺陸捕手(神村学園高)

育成ドラフト2位指名 岡本直也投手(東農大北海道オホーツク)

育成ドラフト3位指名 重田倫明投手(国士舘大)

育成ドラフト4位指名 中村宜聖外野手(西日本短大付高)

 

2018年ヤクルトスワローズのドラフト会議指名選手一覧

ドラフト1位指名 根尾昴選手(大阪桐蔭)→抽選外れ

外れ1位 上茶屋大河投手(東洋大)→抽選外れ

外れの外れ1位 清水昇投手(国学院大)→交渉権獲得

ドラフト2位指名 中山翔太内野手(法政大)

ドラフト3位指名 市川悠太投手(明徳義塾高)

ドラフト4位指名 濱田太貴外野手(明豊高)

ドラフト5位指名 坂本光士郎投手(新日鐵住金広畑)

ドラフト6位指名 鈴木裕太投手(日本文理高)

ドラフト7位指名 久保拓真投手(九州共立大)

ドラフト8位指名 吉田大成内野手(明治安田生命)

育成ドラフト1位指名 内山太嗣捕手(BC栃木)

育成ドラフト2位指名 松本友内野手(BC福井)

 

2018年埼玉西武ライオンズのドラフト会議指名選手一覧

ドラフト1位指名 松本航投手(日体大)→一本釣りで交渉権獲得

ドラフト2位指名 渡邉勇太朗投手(浦和学院高)

ドラフト3位指名 山野辺翔内野手(三菱自動車岡崎)

ドラフト4位指名 粟津凱士投手(東日本国際大)

ドラフト5位指名 牧野翔矢捕手(遊学館高)

ドラフト6位指名 森脇亮介投手(セガサミー)

ドラフト7位指名 佐藤龍世内野手(富士大)

育成ドラフト1位指名 東野葵投手(日本経大)

育成ドラフト2位指名 大窪士夢投手(北海高)

育成ドラフト3位指名 中熊大智捕手(徳山大)

 

2018年広島カープのドラフト会議指名選手一覧

ドラフト1位指名 小園海斗選手(大阪桐蔭)→抽選の結果、交渉権獲得

ドラフト2位指名 島内颯太郎投手(九州共立大)

ドラフト3位指名 林晃汰内野手(智弁和歌山高)

ドラフト4位指名 中神拓都内野手(市岐阜商高)

ドラフト5位指名 田中法彦投手(菰野高)

ドラフト6位指名 正随優弥外野手(亜大)

ドラフト7位指名 羽月隆太郎内野手(神村学園高)

育成ドラフト1位指名 大盛穂外野手(静岡産大)

 

2018年のドラフト会議注目選手の指名球団は?

2018年ドラフト会議では、やはり予想通り高校生の指名が重複しました。

大阪桐蔭の藤原恭大選手、大阪桐蔭の根尾昴選手、報徳学園の小園海斗選手が指名で重複しました。

藤原恭大選手が3球団から1位指名、根尾昴選手が4球団から1位指名、小園海斗選手が4球団から1位指名を受けました。

12球団中11球団がこの3選手を指名しました。

 

埼玉西武ライオンズは競合を避けて日体大の松本航投手を指名し、見事大学ナンバーワン投手の一本釣りに成功しました。

 

3球団指名の藤原恭大選手は千葉ロッテマリーンズが交渉権を獲得!

藤原恭大選手は抽選の結果、千葉ロッテマリーンズが交渉権を獲得しました。

藤原恭大選手は指名順の1番目から3番目までの東北楽天・阪神タイガース・千葉ロッテマリーンズの3球団が指名しました。

 

ドラフト会議前から指名を公表していた千葉ロッテマリーンズが、抽選の結果交渉権を獲得しました。

藤原恭大選手は将来的にトリプルスリーを達成できる選手との評価を受けています。

チームの補強方針などもあり、内野手が必要な選手は根尾昴選手と小園海斗選手を指名しましたが、間違いなく獲得できるなら獲得したい選手です。

ソフトバンクホークスの柳田選手のような選手になることを期待される選手です!

 

4球団指名の根尾昴選手は中日ドラゴンズが交渉権を獲得!

根尾昴選手は抽選の結果、中日ドラゴンズが交渉権を獲得。

根尾昴選手は巨人、中日、ヤクルト、日本ハムの4球団がドラフト1位で競合しました。

 

二刀流で行くのか、ショート1本でいくのか注目されますが基本的にはショートでの評価が高い選手です。

大谷翔平選手がDHで二刀流を成功させましたが、ショートでの二刀流となるとさらにハードルが上がります。

リリーフなどでの二刀流があるのか、中日ドラゴンズでの起用方法に注目が集まります。

 

4球団指名の小園海斗選手は広島カープが交渉権を獲得!

小園海斗選手は抽選の結果、広島カープが交渉権を獲得となりました。

小園海斗選手には広島カープの他、指名を公表していたソフトバンクホークス、オリックスバファローズ、横浜DeNAベイスターズが競合しました。

根尾昴選手と並ぶショートでの評価が高い選手で、イメージとしては元・中日の立浪和義さんのような選手です。

立浪さんと同じく、高卒ルーキーながら即戦力候補です。

 

しかし、広島カープではショートの田中広輔選手、セカンドの菊池涼介選手の次の世代の主力選手としての指名だと思います。

二人を押しのけるくらいの活躍が期待されます。

 

外れ1位で4球団競合の辰巳涼介選手は東北楽天が交渉権を獲得

外れ1位の指名に8球団が挑みましたが、予想通りここでも競合が起こりました。

立命館大の大学ナンバーワン外野手の評価を受ける辰巳涼介選手に楽天・阪神・巨人・ソフトバンクが競合しました。

 

抽選の結果、辰巳涼介選手は楽天が交渉権を獲得しました。

石井一久GMの最初の大仕事となりました!

 

吉田輝星投手は外れ1位で日本ハムが交渉権を獲得

夏の甲子園で一躍ドラフト1位候補となった吉田輝星投手は最初の1位指名では指名がありませんでした。

しかし、外れ1位で北海道日本ハムファイターズが単独指名となり、吉田輝星投手の交渉権を獲得しました。

 

吉田輝星投手は即戦力というよりは将来性を期待されての指名だと思います。

育成に定評があり、地元からも近い北海道(2軍は鎌ケ谷で遠いですが)となり吉田輝星投手にとってもいい球団に指名されたのではないでしょうか。

 

日ハムはまだ東洋大の甲斐野投手や上茶屋投手が残る中で吉田輝星投手の指名に踏み切りましたので、かなり高い評価を吉田輝星投手にしているはずです。

 

吉田輝星投手は2018年の高校生投手唯一のドラフト1位となりましたので、(根尾昴選手は一応内野手になっています)今後の活躍に期待がかかります。

 

”史上最強世代”大阪桐蔭から4選手がドラフト指名!

春夏連覇を果たし、史上最強世代と呼ばれた大阪桐蔭高校。

その大阪桐蔭から4選手がプロ野球志望届を提出していました。

2018年ドラフトの目玉となった大阪桐蔭ですが、その4選手がすべてドラフト指名され、同一高校から4選手が同時にプロ野球選手が誕生となりました。

 

しかも2選手がドラフト1位で競合し、大阪桐蔭としては合計7球団からドラフト1位指名を受けたことになります。

 

根尾昴選手は中日・巨人・ヤクルト・日本ハムから1位指名を受けて、中日ドラゴンズが交渉権を獲得しました。

藤原恭大選手は楽天・阪神・ロッテから1位指名を受けて千葉ロッテマリーンズが交渉権を獲得しました。

 

横川凱投手は巨人からドラフト4位指名を受けました。

柿木蓮投手は日本ハムからドラフト5位指名を受けました。

柿木蓮投手はよくこの順位まで残っていたなという印象ですが、北海道日本ハムファイターズが指名しました。

 

日本ハムは、ドラフト1位で吉田輝星投手を指名し、ドラフト2位の野村佑希選手、ドラフト4位の万波中正選手と将来有望な高校生を多く獲得しています。

 

ドラフト指名漏れした有力候補選手一覧

毎年ドラフト候補に挙がりながら指名されない選手は必ずいます。

2018年もやはり有力候補選手の指名漏れがありました。

こちらが2018年ドラフト会議で指名漏れした有力選手です。

 

【高校生】

埼玉栄・米倉貫太投手

明秀学園日立・細川拓哉投手

藤嶺藤沢・矢沢宏太投手

下関国際・鶴田克樹投手

【大学生】

国際武道大・伊藤将司投手

明大・逢沢峻介外野手

法大・菅野秀哉投手

法大・向山基生外野手

日大・長沢吉貴外野手

中大・吉田叡生外野手

駒大・白銀滉大投手

東海大・平山快内野手

静岡産大・鈴木彩隼投手

名城大・栗林良吏投手

関大・山本隆広投手

立命大・山上大輔投手

奈良学園大・米満凪内野手

九産大・岩城駿也内野手

【社会人】

東芝・岡野祐一郎投手

東京ガス・臼井浩投手

東京ガス・笹川晃平外野手

ホンダ鈴鹿・平尾奎太投手

ホンダ鈴鹿・松本桃太郎内野手

日本生命・高橋拓巳投手

独立リーグ徳島・谷田成吾外野手

日刊スポーツ記事より抜粋

 

中でも注目は、慶應大学時代に由伸2世と呼ばれた谷田成吾外野手です。

慶應大学時代に指名漏れを経験し、その後進んだ社会人のJX-ENEOSでも指名漏れとなりました。

今年3月にJX-ENEOSを退社し、メジャーリーグのマイナーのトライアウトを受けましたが契約とはいかず、その後BCリーグの徳島へ移籍しました。

 

今回で3度目のドラフト会議となりましたが、またもプロ入りはなりませんでした。

谷田成吾選手はドラフト会議後に現役引退を表明しました。

 

また、高校生でも有力候補と見られていた下関国際・鶴田克樹投手も指名がありませんでした。

今後、大学進学や社会人として4年後や3年後のドラフト指名を目指すことになりそうです。

 

2018年ドラフト会議の結果で評価の高い球団は?

ドラフト会議が終わると、各球団のドラフトの結果の評価がされます。

しかし、実際に評価できるのは何年も経ってからです。

 

「この年のドラフト今見るとすごいな」

という感じなりますし、ドラフトで競合した選手が全員活躍できる訳でもありません。

 

ということを踏まえてですが、現時点で有力な選手を獲得できたという点での評価になります。

各球団で補強ポイントが違うので、評価も難しいところです。

 

2018年のドラフト会議で評価が高いのが、中日ドラゴンズです。

これは当たり前と言えば当たり前ですが、2018年最大の目玉選手と言える根尾昴選手を獲得できました。

根尾昴選手だけではなく、2位指名で東洋大の梅津晃大投手、3位指名で勝野昌慶投手と即戦力が期待できそうな投手を獲得できています。

 

中日以外では、やはりドラフト1位で抽選を当てた広島カープ、千葉ロッテマリーンズの評価が高いです。

広島カープは、抽選で4球団競合の小園海斗選手を獲得しました。

また、ドラフト3位で智弁和歌山の林晃汰選手も獲得し、現在のレギュラー野手の後釜候補をしっかり獲得できています。

 

千葉ロッテマリーンズも、抽選で3球団競合の藤原恭大選手を獲得しました。

さらに、ドラフト2位で東妻勇輔投手、ドラフト3位で小島和哉と即戦力の左右の投手を獲得できました。

 

また、唯一ドラフト1位で競合を避けて松本航投手の一本釣りに成功した西武ライオンズの評価も高いです。

 

西武ライオンズは山賊打線が猛威を振るってリーグ優勝を果たしましたが、一方で投手に課題が残りました。

有望な高校生野手に人気が集まる中、即戦力の大学ナンバーワン投手を一本釣りですので、チームとしての方向性がしっかり現れたドラフトです。

2位では高校生の渡邉勇太朗投手を獲得し、即戦力から将来性までいい投手を獲得できました。

やはりドラフト1位で希望通りの選手を獲得できたこの4球団の評価が、2018年ドラフト会議では評価が高いようです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポーツ情報
シェアする
パーソナルトレーナー中谷圭太郎をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
東中野・落合のパーソナルトレーナー中谷圭太郎公式ブログ

コメント