バレー・柳田将洋選手右膝の怪我で途中交代!膝内側側副靭帯損傷か?

リオ五輪出場をかけた世界最終予選を戦う男子バレー日本代表。

4試合を終えて1勝3敗。

アジア最上位という出場枠もある中で、同じアジアの中国・イランに敗れている現状を考えるとリオ五輪出場は非常に厳しい状況と言えます。

 

そんな中、さらに心配なニュースが入ってきました。

石川祐希選手と人気を二分する柳田将洋選手が、右膝を痛めて途中交代となりました。

 

痛め止めを打って要所で途中出場していましたが、怪我の状態によっては世界最終予選の残り試合の出場が危ぶまれます。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

柳田将洋選手の右膝の怪我の状態は?

柳田将洋選手が怪我をしたのは、イラン戦の第1セット。

ネットを超えてきた相手選手の接触した際に右膝を痛めたようです。

 

相手選手と接触した影響でひねるような形で着地し、その結果右膝を痛めました。

着地の仕方としては「外側に膝が折れた状態で着地した」とのことです。

 

映像が見つからなかったので詳細が不明ですが、外側に折れた状態とはおそらく専門的に言えば「内反」という状態です。

ただ外側に力が加わると痛いとのコメントもありましたので、そう考えると逆の「外反」かもしれません。

 

内反の状態で痛めたとなると、一番可能性として高いのは内側側副靭帯損傷の怪我です。

 

柳田将洋選手の怪我は内側側副靭帯損傷であっても、その後に出場していたことを考えれば重症度は低いと思います。

恐らく残りの世界最終予選に強行出場は可能なレベルです。

テーピングでしっかり固定しておけば強行出場出来ると思います。

ただ、強行出場には変わりないので、大事を取れば欠場した方がいいです。

 

内側側副靭帯損傷の怪我はもっと大きな怪我の引き金になる?

膝には大きく4つの靭帯があります。

内側側副靭帯はその中でも一番損傷しやすい靭帯ですが、一番軽症で済む靭帯とも言えます。

 

もちろん靭帯断裂となれば大怪我ですが、軽い損傷であれば先程のように強行出場可能です。

 

ただ問題はこの内側側副靭帯損傷が他の靭帯損傷の怪我に繋がる点です。

前十字靭帯損傷となると、実戦復帰まで8か月はかかるなど選手生命に関わる大怪我です。

そう考えるとあまり無理はすべきではないですが、無理する試合と言えば無理する試合です。

 

リオ五輪出場をかけた残り試合。柳田将洋選手は多少無理してでも出場すべきか?

サッカー日本代表の本田圭佑選手が左膝裏を痛めて、キリンカップのブルガリア戦を欠場するというニュースがありました。

おそらく本田圭佑選手の怪我は軽症ですので出ようと思えば出られると思います。

 

ただこれは、ただの親善試合です。

無理して出る試合ではないので、大事を取ったようです。

本田圭佑選手自身も「心配されるような怪我じゃない」とコメントしています。

 

ただ、柳田将洋選手が戦っているのはリオ五輪出場を賭けた世界最終予選です。

23歳の柳田将洋選手は次の東京五輪も、その次の五輪もあるかもしれません。

 

それでも4年に1度の五輪ですので、無理してでも出るべき試合と言えるかもしれません。

リオ五輪出場権の獲得が厳しいとはいえ、まだ可能性はあります。

 

もしリオ五輪出場が完全に消滅したら、残り試合は全て欠場した方がいいと思います。

ただまだ可能性があって出場可能な状態で、本人が出たいと言えばおそらく出てくると思います。

 

ピンチサーバー的な役割か、それとも交代を繰り返しながらかはわかりませんが、どうにか出場してくるのではないでしょうか?

大きな怪我に繋がらないことを祈るばかりですが、ピンチサーバーなどで流れを変える活躍に期待しましょう!

 

6月2日追記

残念ながら日本代表はリオ五輪出場権を逃してしまいました。

柳田将洋選手もやはり要所で途中交代という起用法でした。

 

そんな中、オーストラリア戦で柳田将洋選手と人気を二分する石川祐希選手まで右足首を怪我をしてしまいました。

 

6/4追記

柳田将洋選手は石川祐希選手と共に、世界最終予選の残り試合カナダ戦・フランス戦は怪我で欠場の可能性が高いようです。

無理せず休んで欲しいですね!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポーツ情報
シェアする
パーソナルトレーナー中谷圭太郎をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
東中野・落合のパーソナルトレーナー中谷圭太郎公式ブログ

コメント

  1. 窪田奈々江 より:

    石川、柳田両選手にはまだチャンスがありますので頑張ってほしい気持ちもあります。でも、正直怪我を治す方が先決かと思います。無理をして選手生命に影響を与えるとしたらそれは世界と戦うチャンスを棒にふるという事になるので、先の事を考えると今は怪我の治癒を最優先にした方が間違いじゃないような気がします。あくまでも私の持論ですが…

    • パーソナルトレーナー中谷圭太郎 keitarononaka より:

      窪田奈々江様

       コメントありがとうございます。
      仰る通りで、私ももう残り試合は全て欠場すべきだと思います。

      世界と戦うのは今後も多々ありますし、何より他の大きな怪我に繋がってしまうのが怖いです。

      まずは石川祐希選手も柳田将洋選手も怪我をしっかり治して欲しいと思います!

      パーソナルトレーナー 野中